« BraのAgnellotti | トップページ | Numero5の男 »

トマトソースの作り方

11

今日は先日来たびたび登場しているトマトソース、Sugo di pomodoroの作り方を紹介します。Braとはあんまり関係ありません。雨で外出してないから、取材ネタが切れました(汗)。

11まずはよく熟した新鮮なトマトを用意します。サンマルツァーノタイプのような細長いもののほうが過熱に適しているそうです。でも日本じゃなかなか無いですよね。なので、缶詰を利用します。量は適当なんですよね。今日はこれくらい…ここのキッチンには計りがありません。そういえば計量カップもないので、ミネラルウォーターのボトルを再利用してます!

11このトマトをこんなふうに角切りにします。私は2~3センチ角ぐらいに切ります。これくらいのサイズが煮込んだとき、ちょうど煮崩れていい感じになります。缶詰なら切る必要はありません。そのまま使います。最近はカットトマト缶も売っているけど、トマトソースのときはホール缶のほうがいいと思います。好みの問題ですが、なんか味が濃いような気がする…。
鍋にオリーブオイル大さじ3とニンニクのみじん切り小さじ1ぐらいを入れてから、中火で香りを出します。ニンニクがうっすら色づき良い香りがしてきたら、トマトを投入。強火にして、塩大さじ1ぐらい入れて全体を混ぜ合わせます。トップの写真ぐらい煮崩れてきたら味見をして、ちょっと塩が足りないかなぁってぐらいに塩味を調整します。そしてバジルを手でちぎって入れて、更に煮込みます。このときトマトの水分が少なかったら中火から弱火にします。

11これぐらい煮詰めたら出来上がりです。最初にトマトを投入してからここまで約25分でした。そうそう、最後にもう1度塩味を見て、足りないようなら足して調整してください。このトマトソースは基本なので、塩味を少なめに作っておいたほうがいいと思います。というのも、あとでツナ缶を入れたりお肉を入れたりすると、そのとき更に塩分が入るので塩辛くなってしまうからです。アレンジ用に薄味にしておきましょう。あと、敢えて玉ねぎも入れません。あくまでも「トマト味」を追求してます(笑)。私は縦に薄く切ったナスの両面を焼いて、トマトソース、ツナ缶と一緒に煮込んだソースが好きです。イタリアに来てからまだ作ってないので、今度チャレンジしなきゃ!

そういえば、昨日ご紹介した「Agnellotti」。綴りの正解は「Agnolotti」でした。発音どおりだったんだぁ。これもBra方言なのね。聞き取りがかなり上達してきたらしい…まずい傾向じゃない?11.Aprile

|

« BraのAgnellotti | トップページ | Numero5の男 »

コメント

この時間にここに来るのは酷だわぁ。お腹が減って…
トマトソース大好きなんですけど、ホール缶でもなんか違う気がしてたんです。
日本ではどこの缶詰使ってました?
最近は私、瓶詰めのトマトソース派になってしまってます。だって、安いんですもの(*^ ^*)

投稿: makiko | 2005/04/12 22:43

秋のイタリア渡航目標にNHKイタリア語会話のテキスト買い込んでTVの前でスタンバってる今日この頃。。覚えが悪くなりました。

トマトソースも生パスタも美味そう!写真もとてもきれい!

みずみずしく、甘酸っぱいトマトの香りが鼻っ先を軽やかにくすぐっている・・画面みているだけで香りが伝わってくるようです。

味は・・・食べたい!

投稿: Mi chiamo ojatan | 2005/04/13 00:30

はじめまして!イタリア在住のりくまうです。

プロフィールを読ませていただきました。

なぜか唐突に「ここに住む!」と思って、10数年に及ぶ広告代理店人生にピリオドを打ち、2005年4月からイタリアでの新生活をスタート。・・・・

すごい!!勇気のある決断ですね☆私はイタリア人と結婚したので、しょうがなく?イタリアに来ましたが、なにかに動かされるようにイタリアに移住される方もいるんですね。更新楽しみにしています。

投稿: りくまう | 2005/04/13 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/3672984

この記事へのトラックバック一覧です: トマトソースの作り方:

« BraのAgnellotti | トップページ | Numero5の男 »