« Braの空と本の見本市 | トップページ | 甘いもの・・・ »

La Suite del Teatro

22top

今回私がBraで滞在しているのはLa Suite del TeatroというB&Bです。Bra駅のすぐ近くPiazzaCarloAlbertoに面した古くからあるTeatro(劇場)の裏にあります。Teatroとは別の建物かと思っていましたが、よくよく見てみると一体化していました。上の写真は建物の中庭のようなところ。右奥の鉄のステップのある部分がTeatroの裏で、絵が描いてある部分はなんと隣の家の壁です。私の部屋は劇場側なので、たまに昼間のリハーサルの音が聞こえてきたりします。ホテル名のSuiteを辞書で調べたらフランス語で「組曲」でした。これまでてっきりホテルのスイートルームの「スイート」かと思ってた!と言うわけで、まさに「劇場の組曲」ホテルなのでした。

1年半前に初めてBraに来たときに、スローフード協会のI氏に勧められて宿泊したのがウンのつき。まさか会社まで辞めてこのホテルに滞在することになろうとは、そのときは思いませんでした。Braの町も気に入りましたが、なんだかこのホテルと部屋からの眺めに、なぜか「また来る」と漠然と思ってしまったんですよね・・・前にも書きましたけど。
私の部屋は最上階の屋根裏部屋です。なので屋根の部分に空に向かって斜めに窓が取ってあって本当に明るいです。Camera da letto(寝室)、Cucina(キッチン)、Bagno(浴室)と、どの部屋にも窓がついています。雨が降るとタイヘンなんですけどね。雨粒が窓をたたく音で目が覚めるし、ひどいときは部屋の中で話す声も届きません。でも晴れた日にはふと見上げると部屋の中にいながらにして青空を眺めることができるし、流れる雲や飛行機でさえ見ることができます。
22docciaそしてこの部屋でいちばん気に入っているところは、浴室です。この写真はシャワーブース。シャワーを浴びるときは引き戸を閉めます。ヨーロッパのホテルは、浴室にこのシャワーブースだけのところも多いようですね。でもこのホテルには小さいけれどバスタブもあります。
22bagnoここに浸かってふーっと顔を斜め上にすると、ちょうど視線の先に窓があって、そこから空が見えるのです。晴れた日には青一色の中に飛行機が飛んでいくところ、曇りの日にはグレーの背景に微妙に色の違ういくつもの白い雲が流れていく様子、夕暮れ時には紫から紺色に変わっていく空や、きれいに暮れた夜には星空さえ眺めることができます。そんなのんびりした時間があること自体、東京での生活では考えられないことでしたけど。
いつかこの窓から、雪が降ってくる様子を眺めてみたいなぁと思っています。

BraのB&B「La Suite del Teatro」のURLです。www.lasuitedelteatro.it
こちらで他の部屋の様子も見ることができます。英語も少し通じますので、泊まってみたい方はぜひ連絡してみてください。今は一杯ですけど・・・何せ部屋数が少ないうえに、比較的短期で使われているのがNumero3、6、7、8の4部屋しかないので。ちなみに私の部屋はNumero8で6月11日には空きます(笑)。前回泊まった部屋は北向きでNumero6、1泊300euroの骨董品の部屋がNumero3です。Numero5もなかなか眺めが良いのですが空く気配なし。21.Maggio

|

« Braの空と本の見本市 | トップページ | 甘いもの・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4225231

この記事へのトラックバック一覧です: La Suite del Teatro:

« Braの空と本の見本市 | トップページ | 甘いもの・・・ »