« 日常に戻りました。 | トップページ | イタリアのテレビ 2 »

イタリアのテレビ 1

10

知っている人は知っている、私はテレビ大好き人間です。寝る時間を削ってでも見ます。週末の楽しみの1つは、録画した1週間分のドラマチェックでした。今クールは「負け犬系」が多いそうですね。連ドラ仲間、胡麻胡椒さんからのメールでイタリアにいながらにして把握している私です。帰国してからの楽しみは、友人の温かい配慮で録画保存してあるクドカンのドラマ「タイガー&ドラゴン」(でしたっけ?)を見ること。気になりつつあきらめたのは「離婚弁護士」。Part1面白かったし。「義経」も見ていて、NHK国際放送で見られるかなぁと淡い期待をいだきつつチェックしましたが、なぜかうちのテレビは見せてくれない。ニュースは見られるけど、その他のものはなぜかダメなんですよね。最初の1分ぐらいで電波が途絶えるのです。「トリビアの泉」や「あいのり」までやってますけど全て最初の1分。昨日の「あいのり」なんて、「今日は衝撃の展開ですから、見たくない人はチャンネル変えてください!」とオープニングでさんざん盛り上げといて、見たいのに放送が止められてしまう私・・・虚しいです(涙)。あの気の弱い男の子、どうなったんだろう・・・。

と言うわけでイタリアでもかなりのテレビっ子です。
もちろんイタリア放送のテレビもたくさん見てます。1ヶ月も経つとお気に入りの番組もできました。CANALE5で日曜のお昼ごろやってる2時間番組「DomenicaViaggio」、RAI1で月~金ベルト11:35~13:00放送の「La prova del cuocco」。
「DomenicaViaggio」は、毎週イタリア国内の1ヵ所から生中継する地元情報番組です。町の成り立ちから場所の説明、観光名所、特産品の紹介から、ワイン、料理まで、家にいながらにしてその土地の全てが分かるという、まさに日曜のお昼にふさわしい旅番組。こないだの日曜日はサルディーニャ島のマッダレーナ諸島(コルシカ島との境界あたり)だったのですが、海が本当にきれいだった!赤いサンゴが特産品らしいです。見たことのないような、美しく大きなものもありました。魚のアンコウも食べるようです。「Zuppa di rospo」(アンコウのスープ)って「アンコウ鍋」じゃん?なんて思いながら作り方を見ていたら、いや~、やっぱりイタリアンでした。オリーブオイルでニンニクを炒め、そこへ食べやすい大きさに切ったセロリ、人参、ズッキーニ、トマト、アンコウを入れ、さっと炒めたら水を入れて煮込むというもの。最後に塩で味を調えて出来上がり。スープにパンをひたして食べるそうです。

お気に入りというか、だいたい21:00ごろから23:00過ぎまで映画やテレビドラマをやるので、この時間はたいていテレビの前ですね。「だいたい」と書いたのは、番組表には21:00~と書いてあっても、その時間に始まったことはほとんどないからです。20分近く押してます。どうやら前に放送してる生番組が延びると、そのまま自動的に延長しちゃってるみたいなんですよね。日本でもプロ野球放送などそうですけど、それでも一応なんとなくの目安ってものがあるじゃないですか。それが、ない(笑)。まぁ、私はヒマですからいいけど、文句言う人いないのかなぁ。あと、CMスポンサーは大丈夫なんでしょうかねぇ、それで。日本と同じように番組スポンサーとスポットCMとがあるようです。CMフィルムにはたいていどこかに「Pubblicita」と小さく入ってます。でも入ってないものもある。最初のうちは、スポットと番組スポンサーの違いかな?と思ってたけど、どうやら入れてたり入れてなかったりだけみたい・・・さすがイタリア、この辺もアバウトです。日本だったら、入ってなかったらCM素材差し替えろとか、放送事故扱いになっちゃうだろうなぁ。10写真はいつも延びるイタリア版「クイズミリオネラ」。この人、みのもんたにどことなく似てるんです。っていうか、みのもんたが真似してるのか、彼が真似してるのか・・・ミリオネラの司会はかく在るべきなのでしょうか。
そしてトップはこないだの日曜にやった「WASABI」です。広末涼子も元気にイタリア語しゃべってました。こちらの映画はほとんど全て吹き替えられています。
10アニメは日本のもので半分以上占められているような気がする・・・ってぐらい多いです。「月光仮面」から「ドクタースランプ」「みつばちハッチ」「ぴかチュー」(ってタイトルじゃないですね)、あとはもう私の知らない世代のアニメまで、日本アニメの花盛りです。こちらでは「ルパン3世」が根強い人気で、Numero5もDVD持ってました。「峰フジ子」はイタリアオトコの永遠の憧れらしいです。キャラクター商品なんかもけっこう見かけます。10.Maggio

|

« 日常に戻りました。 | トップページ | イタリアのテレビ 2 »

コメント

番組が最初の1分しか見られないってどういうこと?
妨害電波でも入るのかねぇ?
ところで俺、ひょんなことからシナリオの勉強をはじめたんすよー。
そんなわけで、4月からのドラマはほとんど全部見まくってます!
でも、最後までみたいなと思わせるものは、
ダントツが「タイガー&ドラゴン」でその次が「離婚弁護士2」かなあ?
負け犬系は、2時間なんかで単発で見る分にはいいなと思いますけど、
ちょっと食傷気味です。エンターテイメントって感じがしないんです。
「義経」は、男ながら、タッキーの美しさにほれぼれしてます。
画面に映るだけでエンターテイメントって感じがするなあ。
「新撰組」には全然興味が湧かなかったのに、「義経」はカミさんと二人で
テレビにかじりついて見てるっていうのがちょっと異様なんだけど・・・
ところで、米倉涼子主演の「黒皮の手帳」ってみてましたか?
今、シナリオ学校で米倉涼子主演の
次回作の原作本を探せっていう課題をやっています。
「黒皮の手帳」とか、「白い巨塔」とかドラマのバックグラウンドが
骨太な原作がいいらしいんですが、なんかいいのないですかねぇ?
俺、こういう系統の小説って全然読まないからピンとこないんです。

投稿: おばた | 2005/05/11 18:31

ええ〜っ?すごい!びっくり!
なんだか意外な方向だけど、ぜひ読んでみたい!
タイガー&ドラゴンの録画を申しつかっているのは私です。
私はまったくドラマみないタイプなんだけど、何気なく見たらすっかり気に入って、ひたすらとりだめてます。
てゆーか、DVD、イタリアにもって行かないといけないのかしら〜。

投稿: うにまち | 2005/05/11 21:37

ええ〜っ?すごい!びっくり!
なんだか意外な方向だけど、ぜひ読んでみたい!
タイガー&ドラゴンの録画を申しつかっているのは私です。
私はまったくドラマみないタイプなんだけど、何気なく見たらすっかり気に入って、ひたすらとりだめてます。
てゆーか、DVD、イタリアにもって行かないといけないのかしら〜。

投稿: うにまち | 2005/05/11 21:37

こんにちは、初めまして。
このブログたまたま見つけて、一気に読み上げてしまいました。

イタリア生活いかがでしょうか?
ウチもイタリアで生活したい!!
でも、ウチには家族がいます。
夫・子供2人です。
夫もイタリアでの生活を夢見ているのですが
子供がいるとなると、現実はそう甘くないですよね・・・
イタリア料理店で働いていた頃は、その夢を
追いつづけ伊語も勉強していたのですが(^^ゞ
すみません、私事をダラダラとしてしまって。

そんな訳で、仕事を辞めイタリアへ渡り一人で生活していることを知り、尊敬と憧れとウチの夢を重ね合わせてこのブログ楽しみに待っています。
日本に居ながらにしてイタリアを満喫?!

ウチもココログしています。
リンクさせて頂いてよろしいでしょうか?

投稿: maamin | 2005/05/12 18:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4082231

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのテレビ 1:

« 日常に戻りました。 | トップページ | イタリアのテレビ 2 »