« Sedanoの使いみち | トップページ | FarfallreとPiselliのクリームソース »

初夏の食卓

18

私は5月生まれなんですが、やっぱり今ぐらいのシーズンがいちばん好きです。前に2月生まれの人が、「セーターを着るような寒いシーズンがいちばん好き。汗ばむ季節が近づくとぞっとする」と言っていたので、生まれた季節と好きな季節には相対性があるのかもしれません。
TOPの写真はまさに初夏から夏にかけて食べたい、トマトの冷たいパスタです。もっとも私は大好きなので1年中作ってますが・・・。うちのホームパーティでもよく作っていたので、食べたことのある人は多いでしょう。
まず、プチトマトを4つにくし切りにします。ちょっと面倒ですが、こうやって切るのがいちばん美味しいです。そしてたっぷりのオリーブオイルに、切ったトマト、ニンニクのみじん切り、バジルをちぎったもの、塩、コショウを入れて、そのまま冷蔵庫でマリネします。たとえば、朝作って冷蔵庫に入れておき、夜食べるなんていうことができる便利なパスタ料理です。もし時間がなくても大丈夫。1時間ぐらいでも充分美味しいです。そしてパスタは絶対にCappellini(カッペリーニ。伊語で髪の毛の意味)です。1ミリ以下の太さで、茹で時間が3分ぐらいのものです。このパスタを表示時間通りに茹でて、お蕎麦のように冷水でしめてよく水を切ってから、マリネしておいたトマトと和えます。ガラスの器に盛ったりするとグッと夏気分が増すし、さっぱりした味とニンニクの風味で食欲のないときでも案外食べられたりするので、ぜひ試してみてください。
18こちらはCiliegie(さくらんぼ)です。日本のものとはずいぶん違いますね。日本ではアメリカンチェリーとして売られているタイプと同じものです。ここ2、3週間で出てきました。そういえば町の桜の木にも小さなさくらんぼが生り始めてます。これは鳥が食べるんでしょうね。でもさくらんぼは、やっぱり日本のものが美味しいです。山形のさくらんぼ。今年もシーズンですよね。弟のお嫁さんの実家が山形なので、毎年さくらんぼを送ってくれるんです。今年は食べられな~い(涙)。
18あともうひとつ、初夏と言えば「グリーンピース」。こちらではPiselli(ピゼッリ)と言います。こんなふうにサヤごと売られています。ヒマだから、サヤからお豆を取る作業も楽しい・・・そんなものですよね。子供のころうちのManmaがよくピースごはんを作っていたけど、その時はあんまり好きじゃありませんでした。色つやが悪くなるからと言って、グリーンピースだけで茹でて、ごはんが炊き上がって蒸らすときに初めて合わせていたような気がします。私も1人暮らしを始めてから作りだしましたが、もちろん冷凍豆を最初からドバッと入れて一緒に炊いちゃいます。こちらにいるうちに、うちのManmaのレシピでピースごはんを作ってみようかなぁ。18.Maggio

|

« Sedanoの使いみち | トップページ | FarfallreとPiselliのクリームソース »

コメント

パスタおいしそう!最近同居人(こう書くとAさんみたいだ)の弁当を毎朝作っているのですが、朝弱い私は、焦がした卵焼きや、ウインナーを平気で食わせてます。
文句一つ言いません。でも弁当作るの好き。こんどこのパスタやってみようかな。

投稿: taka | 2005/05/19 18:38

私も今日つくってみたんですよ。このパスタ。
でも、ニンニク入れるの忘れてたのと、普通のパスタで作ったので、いまいちでしたわ。
私はポン酢を入れてみました。でも、トマトが酸っぱいんですよー。やっぱりBraのトマトおいしかったなーと思ってしまいました。
それにしても、写真ほんとプロ並みですよね。すっごくおいしそう!!

投稿: I | 2005/05/21 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4189451

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の食卓:

« Sedanoの使いみち | トップページ | FarfallreとPiselliのクリームソース »