« La Suite del Teatro | トップページ | Carciofo »

甘いもの・・・

22top

このブログではとにかくBraで見つけたもの、体験したことを何もかも(あ、さすがにここには書けないことも中にはあります!)を紹介してるわけですが、とりわけ反響が多いのは「甘いもの」ですね。私自身、甘いものにはあんまり興味がなかったのですが、ここへ来て開眼。そんなにたくさんはいただきませんが、太ることもなく、何となくすっきりした気がします。エンディから「お義姉さん、痩せるには背筋を鍛えた方がいいらしいです」と言われたので、水泳やダンベルを何気にやってますし、Braに来たときから体重も少しだけど減りました。と言うわけで、美味しいものを食べながら痩せるダイエットの秘訣は次回以降に持ち越すとして、今日はどっぷり甘いものに浸ってください。
TOPの写真はいつものパン屋さんの、リンゴのタルトとクッキーです。タルトといっても生地はしっとりしてます。卵の黄身がたくさん入ったパンのような食感のスポンジです。60×40センチぐらいの長方形のバットにこの生地を流し込んで、その上に皮をむいて薄い半月切りにしたリンゴを並べて、ゼリーをぬって焼いてあります。これを好みの分量だけ量り売りしてくれます。ちなみにこれで約200グラム。ピザやフォッカッチャなどもこんなふうに作って売られています。手前は柔らかいクッキー生地にジャムを挟んで、グラニュー糖をたっぷりまぶして焼いたもの。ジャムは甘すぎてもはや何のジャムか、私には分かりません(笑)。左奥は固い甘食(懐かしい!)を焼いて、後から杏ジャムを挟んで上下にグラニュー糖をつけたものです。どれもコーヒーによく合います。
22budinoこちらは先日スーパーマーケットでおばあちゃんからオススメされたパンナコッタの、チョコレートバージョンです。卵が入ってないので、チョコレートプリンではありません。でも「Budino al Cioccolato」(チョコレートプディング)って書いてあるなぁ。生チョコレートをそのままプディングにしたような、濃いチョコレート味がしました。そしてやっぱり保存料は入ってません。こちらの加工食品はほとんど保存料や着色料が使われていません。ヨーグルト、缶詰の類いも私が購入したものはどれも「Senza conservanti ne’ coloranti」。選んでいるわけではないので、保存料や着色料を使わないことがスタンダードなんでしょうね。そういえば、野菜や果物も腐りやすいような気がします。冷蔵庫に入れておいても、例えば皮をむいたグレープフルーツは3日でカビが生えました。冷蔵庫に入れ忘れたイチゴは、まぁ少し痛んではいましたけど、1つだけですが一晩でカビが生えました。こんなに乾燥しているのに。熟したものを収穫して出荷するからなのか、育つ過程で与えられるものが違うのか、もしかしたら種そのものが違うのかもしれない・・・この辺は一概に論じることができない難しい問題ですね。でも食べる側としては、思わず考えてしまいます。日本に帰ったら農家の人に聞いてみたいと思います。
22_doricremこちらは普通にスーパーマーケットで買った1euroもしないクッキー「Doricrem」のカカオ味。甘いものが食べたくなって、唐突に買ってしまったもの。カカオの香ばしい匂いのするクッキーにチョコレートクリームが挟んであって、後をひく美味しさです。でもこんなに小さいのにこれ1つで、1本じゃありませんよ、1つで49.3キロカロリーもする!と思うと、やっぱり食べるの控えちゃいますね。22.Maggio
22※この写真はBraの美味しいオステリア「Boccondivino」の厨房です。スローフード協会の中にあります。Braに来たら絶対に行くべきオステリア(レストランよりカジュアルな伝統料理とワインを出す店)です。

|

« La Suite del Teatro | トップページ | Carciofo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4241866

この記事へのトラックバック一覧です: 甘いもの・・・:

« La Suite del Teatro | トップページ | Carciofo »