« Barolo村 | トップページ | CINQUE TERRE »

ASTIからMONTEROSSOへ

top

Baroloからリグーリア州のMonterossoへ移動したかったのですが、すごく時間がかかるため中継地点としてAstiに1泊しました。AstiはBraから40分ぐらい、でも色々な方面へ鉄道が走っていて「都会」って感じです。昨日、月曜日はタクシーでAlbaへ行き、そこからバスでAstiへ行きました。電車で移動するつもりが、この時間はバスに振り替えられていたので、電車の切符でバスに乗るという不思議なことになりました。こちらではよくあります。電車を走らせるには乗客が少ないんですかねぇ。
今日、火曜日はAstiからGenovaPiazzaPlincipe、電車を乗り換えてMonterossoへ。9時に出て、着いたのが13時過ぎ。まぁ順調に行ったのではないかと思います。TOPの写真はMonterosso al Mareの海です。久々の海。ここに着くころ降っていた雨もホテルについて荷物を降ろすころには上がり、散歩に出るにはいい感じになりました。
Monterosso al MareはCinquetelleというエリアの中にあります。Genovaから南に広がる地域で、海沿いに小さな町がいくつも点在し、そのひとつひとつを船で回ったりトレッキングしたりするのが観光スタイルのようです。日本人観光客は日帰りツアーとして訪れるらしく、日本人はいないし日本語表記もまったくありません。でも観光地のせいか英語が通じます。あとここはドイツ人が多いみたい。レストランのメニューもイタリア語、英語、ドイツ語表記でした。
hana
花がBraとは少し違います。空気もしっとり暖かく、やっぱり海洋性気候なのかブーゲンビリア、サボテンなど南系の花が目立ちます。こちらはブーゲンビリアの絡まる家。蔦やバラの絡まる家はあるけれど、ブーゲンビリアがこんなふうになっているのを始めて見ました。花の色が鮮やかで、ブルーの窓とのコントラストがとにかくきれいです。
メニューも海っぽくなってきました。ピエモンテではPesce(魚)のコーナーがないぐらいなのに、こちらではまずPesce、そのあとにCarne(肉)が2、3種並んでる程度です。
insalata
夕食は海の前のレストラン。まだヴァカンスシーズン前なのでどこも空いています。写真はInsalata di Polpo(タコのサラダ)。やわらかく茹でたタコとポテト、オリーブ、人参とたまねぎのせん切りをオリーブオイルに塩コショウで和えたものです。さっぱりしていて美味しかったです。
spaghettiこちらは念願のSpaghetti al Frutti di Mare(海の幸のスパゲッティ)です。貝の入ったパスタをずーっと食べたかったんです。ムール貝とアサリにトマトが少し入っています。ちょっとパスタが茹ですぎ…やっぱり観光地です(涙)。これでアルデンテだったら言うことないのに。
sushiそういえばAstiのデパートに不思議なコーナーがありました。お寿司を作るためのものを色々と揃えたようで、醤油やワサビ、ノリなどの食材に、箸、小皿、巻きもの用のすだれまでありました。でもなぜかセイロや中華鍋まで置いてあります。イタリア人の日本イメージは、どうやら中華と混在してしまっているようです。14.Giugno

|

« Barolo村 | トップページ | CINQUE TERRE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4560391

この記事へのトラックバック一覧です: ASTIからMONTEROSSOへ:

» イタリア旅行記 6月14日 ピエモンテ州からリグーリア州へ [おうし座にっき]
今日はいよいよピエモンテ州とはお別れ。リグーリア州へ入ります。Asti(アスティ)からGenova(ジェノヴァ)のPiazza Principe駅(ピアッツァ・プリンチペ)へ。乗り換えて、世界遺産に登録されているCinqueTerre(チンクエテッレ:5つの土地の意)の中の村のひとつであるM..... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 18:05

« Barolo村 | トップページ | CINQUE TERRE »