« TAORMINAに着いた! | トップページ | 天空の町 »

町の食堂「da SARO」

19-top

タオルミナは観光地のためか、レストランの値段も全体的に高いです。そんななか、素朴な町の食堂風のトラットリア「da SARO」(たぶん「ダザーロ」とつなげて発音するはず)を見つけ、2日連続で通いました。最初の3日間はキッチン付きじゃないホテルに泊まっているため、自分で料理できないからです。TOPの写真は「エビのカクテル」。茹でた小エビをオーロラソースで和えたものです。ちゃんとエビの味がして美味しかったです。どこかで食べたものは、冷凍エビだったのか味が抜けて、オーロラソースの味しかしなかったのでリベンジオーダーでした。
19-pizzaこちらは「魚介のピザ」。このサイズのピザをひとり1枚食べるのが普通です。私もすっかり「1人1枚ピザ」に慣れ、日本に帰ってみんなでちゃんと分けることができるかちょっと不安…。釜で焼いているのでまわりは少し焦げてますが、ごはんのお焦げみたいでそれもまた良し。上に乗っているアサリとムール貝の火の通し具合も絶妙でした。
19-caponata
こちらはシンプルに「カポナータ」。メニューにはシチリア風って書いてあったけど、どこがそうなのか良く分かりません。にんにく、タマネギ、パプリカ、ナス、トマトを煮込んで、生のバジルがかけてあります。野菜の味がしっかりしてパンによく合います。日本でいえば「野菜の煮物」ですね。これはキッチン付きのアパートに移ったら自分で作るつもりです。
19-asari
こちらはずーっと食べたかった「アサリのスパゲッティ」。なかなか巡り合えませんでした。チンクエテッレやジェノヴァではなぜか生パスタが多く、乾めんタイプのパスタが少なかったです。でもここもパスタが太め。前日のパスタが茹ですぎだったので、今日は「アルデンテにして」ってお店のマンマに頼んだら、「おぉ〜イタリアンスタイル!」と言って、きっちりアルデンテにしてくれました。すごく美味しかったけど、ちょっと塩味がキツ目。次に行くときは「薄味にして」って頼みます。
ここのマンマから情報収集して、タオルミナのスーパーマーケットの場所を教えてもらいました。大きいほうと小さいほう。どちらも反対方向に町の外れにあります。大きいほうには洋服や食器類などもあるようです。ここのマンマは本当に親切でした。タオルミナに行って観光地の味に疲れた人はぜひ行ってみてください。メッシーナ門の手前を右に曲がる急坂の左側にあります。「Da SARO」Via Costantino Patricio 24。19.Giugno


|

« TAORMINAに着いた! | トップページ | 天空の町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4693987

この記事へのトラックバック一覧です: 町の食堂「da SARO」:

» イタリア旅行記 6月19日 グランブルーの世界 [おうし座にっき]
今日はいよいよ、映画「グランブルー」の舞台にもなったTaorminaの海でダイビングです。以前のblogにも書きましたが、お世話になるダイビングショップ、「Dive Sicily」のYukiさんに昨日の夜、お会いすることが出来て、Richieと私はさっそく潜ることにしました。Yumiさんは、..... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 18:12

« TAORMINAに着いた! | トップページ | 天空の町 »