« バラもおしまいです。 | トップページ | Isora pescatoriの夫婦 »

美味しい魚を食べるなら・・・。

7

先日Jさんが来たときGenovaへ行ったのですが、せっかく海へ行くなら美味しい魚が食べたい!ということで、スローフード協会から発行されている「OSTERIE D’ITALIA」(イタリアのオステリア)を見て、少し手前SavonaのAlbisolaMarinaにある「LaFamiliare」へ連れて行ってもらいました。このガイドブックは、イタリア各地にあるスローフード協会のメンバーが厳選して推薦したオステリアをさらに吟味して掲載したもので、毎年発行されています。イタリアで、美味しいちゃんとした郷土料理をリーズナブルに楽しみたい!と思う人はゼッタイにこのガイドを見て食事するところを選んだほうがいいです。私はこの中の2軒に行きましたがどれも良かったので、これから旅する場所にこのガイドに載っているお店があったらそこに行くつもり・・・というわけで私の持ってる本にはすでに付箋がいくつもつけてあります。7月にローマに行くT嬢!オススメオステリア教えてあげるからね!
7Braには、というかピエモンテ州には海がありません。なので魚と言えば塩漬けのタラかアンチョビぐらい・・・もっとも今では魚屋さんへ行けばもっとたくさんの種類がありますが、どれも日本人からすると新鮮じゃないうえに高い!最初はものめずらしさから海老とかしらす干しとか買っちゃってましたが、Bra主婦価格が身に付いてからは、魚は塩漬けタラとアンチョビしか買っていません。美味しいものは現地へ行って食べる!これに尽きますね。写真はAlbisolaMarinaの浜辺。すでにヴァカンスモード入ってます。

TOPの写真はFritto misti di pesce。まぁ、うちのお父さんにも分かるように言えば、「魚のフライ盛り合わせ」です。イカ、あじ、いわし、海老など、本当にシンプルに揚げてあって塩とレモンで食べるのですが、これが何とも軽くて美味しいのです。小麦粉がものすごく細かく挽いてあるので、油をそんなに吸わないんですね。それにオリーブオイルで揚げてるし。でも今、写真を見て気づきましたが、魚の種類によって衣が違うみたい・・・うーん、さすが「OSTERIE D’ITALIA」に載ってる店ですね。

7こちらはAntipastimisuti、前菜の盛り合わせです。いわしを酢とオイルでしめたもの、軟らかく煮たタコをジャガイモ、人参、ズッキーニとマリネしたもの、真ん中はドライトマトをオイルで戻したものです。そして左側のは、海老や白身魚のすり身を野菜と一緒にふんわりまとめたもの。どれも薄味で、素材が新鮮だから勝負してみました!という雰囲気の漂う繊細な味わいです。

7こちらはお店のオススメ、Pappardelle alla pescatrice、漁師風パスタです。パッパルデッレとはこのように平たく伸ばして太めに切ったパスタのことです。タコやいかに白身の魚も加えてトマトと一緒にさっと煮て、パスタと合わせてありました。魚のだしが良く出ていて、生麺がそのスープを吸って、すごーく美味しかったです。

イタリアに来て、初めてこんなに美味しい魚料理を食べました(涙)。やれば出来るじゃんって感じ。もっとも、北しか知らない私はまだ南の料理を食べていないわけで、シチリア辺りの新鮮な魚貝で作る一皿はどんなんだろう?と、今から興味津々です。7.Giugno

|

« バラもおしまいです。 | トップページ | Isora pescatoriの夫婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4454306

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しい魚を食べるなら・・・。:

« バラもおしまいです。 | トップページ | Isora pescatoriの夫婦 »