« 小麦とパスタ | トップページ | RoeroArneis(バローロの白ワイン)と魚料理 »

<番外編>浅草のほおずき市

10_top1

1度行ってみたいと思いながら、なぜかこれまで1度も行ったことがなかった、浅草のほおずき市に行ってきました。羽子板市、朝顔市、酉の市など東京にはさまざまな市が立ちますね。Braは朝市だけでしたけど、ちょっとそんな雰囲気も味わいたいなぁと思って出かけました。
10_top2_2が、すっごい人でビックリ!混むとは予想していたけれど、あそこまでとは・・・。あんなにたくさんの人を見たのは久しぶり。元来、人ごみは嫌いなので「日曜は部屋にいる派」の私ですが、もう仕事で疲れることはないのだと思うと、混雑した場所への外出も楽しい。そんなものです。
かんじんのほおずきは、父親から「置く場所ないから買ってきちゃダメ」と言われたので眺めるだけ。鉢植えと、実のついた枝だけの2種が売られていました。鉢植えには風鈴がついているのもあって、あんなのを窓辺にぶるさげたら一気に夏気分だろうなぁと思いますが、居候の身としては我慢です。TOPの写真が鉢植え、左は枝売りです。売り子さん(あぁ古い言い方だ)の格好も何だかいなせで、久しぶりに日本の情緒を感じることができました。
10_carneランチは裏道にあったパリのビストロっぽい店に入りました。名前をすっかり忘れた(汗)。前菜またはデザートに、メイン、パン、飲み物(ワインもOK)で1,400円です。左は私が頼んだメイン「ローストポークの香草パン粉焼き」。フィレのかたまりをローストして2センチぐらいの厚さに切ったものに、マスタードと香草パン粉をのせてグリルでさっと焼いてありました。赤身の肉に柔らかく火が通してあって、マスタードの酸味と香草パン粉の香ばしさがなかなか良いバランスで美味しかったです。
10_pesceこちらは妹がオーダーしたメイン「スズキのポワレ・レモンバターソース」。お魚のほうがさっぱり食べやすいんじゃないかと頼んだのですが、ソースが濃厚で魚自体も大きかったしボリューム感がありました。私好みです。皮目がパリッと焼いてあって、身はふっくら。やっぱりこの店は火の使い方が上手だと思います。
フランス人がオーナーだそうで、帰り際、いそいそ出て来て扉を開けて「メルシー、オーボヮール」。思わず「Grazie.Buongiorno!」と返しそうになり、あわてて「オーボヮール」と言いました。10.Luglio

|

« 小麦とパスタ | トップページ | RoeroArneis(バローロの白ワイン)と魚料理 »

コメント

ほおずき市、今年は行かれませんでした。
入谷の朝顔市も・・・

さて、ランチを召し上がったお店は「オーヴィユ・パリ」さんではないでしょうか?
http://www.au-vieux-paris.com/index.html

投稿: ojatan | 2005/07/13 01:58

>ojatanさん
ほおずき市、浅草の主(!)ojatanさんならいらしてるかと思いました!
そうそう、ランチのお店は「オヴィユ・パリ」さんでした。
ありがとうございます!
2度と行けないんじゃないかと思ってました…。

投稿: yumi | 2005/07/13 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/4915131

この記事へのトラックバック一覧です: <番外編>浅草のほおずき市:

« 小麦とパスタ | トップページ | RoeroArneis(バローロの白ワイン)と魚料理 »