« <番外編>最後の東京湾花火 | トップページ | <番外編>畑で収穫。そして秋野菜の仕込み »

Pasta al sugo di fegato calamaro イカ肝パスタ

27_top

友人が七里ガ浜の夏祭りでウクレレを演奏するというので見に行ったんですが、ウクレレも良かったけど、何より良かったのは終わった後に鵠沼海岸のGlassで食べた「イカ肝パスタ」! イタリア語で言うと「Pasta al sugo di fegato calamaro」かな。イカの肝ソースのパスタ。でも地方色豊かなイタリアの食の観点からすると、新鮮なイカは南のもので、生クリームはどちらかというと北のものなので、あまり見ないメニューかもしれません。

27_calsmari新鮮なイカがまるごと手に入ったので、作ってみたらすごく簡単でした。
材料はオリーブオイル、ニンニク1片、イカ1杯、生クリーム1パック(200mlぐらい)、パスタに塩のみ。こんな簡単な材料から、思いがけず複雑な味のパスタが出来上がります。イカって安いと1杯100円もしないし、生クリームも1パック150円ぐらいのでOKです。まずイカを解体して、胆、イカ墨、甲骨を取り出してきれいに洗います。面倒なので皮はむきませんでした。このパスタにはイカ墨は使いません。小さな墨袋を取り除いてください。写真には肝が2つありますが、1つ分で大丈夫です。
フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニクを入れて中火で香りを出します。ニンニクが色づいて香りが出たら弱火にして、皮から取り出した肝と生クリームを入れてよくかきまぜます。このとき、肝をヘラでつぶすようにしながらオイルや生クリームと混ぜるとソースが滑らかになります。自信のない方は1度火を消してからここまでの作業をしたほうがいいかも。
20_sugo混ざったら、胴の部分は輪切りに、エンペラの部分は適当に切ったイカを入れて煮込みます。あまり火を通し過ぎないように。イカが硬くなってしまうので。これぐらいでいいと思います。パスタの茹で汁をお玉1杯分ぐらい入れ、塩味の調整をします。塩が足りなければここで足してください。
表示時間より2分ぐらい早めにパスタをソースの入ったフライパンに移し、全体がよく絡むように混ぜて出来上がりです。盛り付けたあと、海苔をふっても美味しいです。七味唐辛子も合うかも。あと、パスタの種類も何でも良さそうです。お店では普通のスパッゲティだったんですが、ちょうどうちにはなかったのでペンネで作ったけど美味しかったです。フジッリでもソースが絡んで良さそうですね。20.Agosto

|

« <番外編>最後の東京湾花火 | トップページ | <番外編>畑で収穫。そして秋野菜の仕込み »

コメント

私の場合たぶん、いかをさばくところですでにつまずくに違いない…(;_;)

投稿: うに | 2005/08/31 19:40

簡単だよ~。
足をつかんで思いっきりひっぱれば大丈夫。
中身が全部出てきます。

投稿: yumi | 2005/09/01 15:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/5705027

この記事へのトラックバック一覧です: Pasta al sugo di fegato calamaro イカ肝パスタ:

« <番外編>最後の東京湾花火 | トップページ | <番外編>畑で収穫。そして秋野菜の仕込み »