« <番外編>歓迎の餃子 | トップページ | <番外編>家族でフレンチ クイーンアリスH2O »

<番外編>久しぶりにフレンチ Pas a pas

pas_a_pas_top

Pas a pas(パザパ。仏語で一歩一歩とか少しずつの意)は四ツ谷3丁目にあるビストロ。一番最初に勤めた代理店のデスクの人に連れて行ってもらって以来ずーっと通ってるから、もう15年ぐらいになります。今でこそなんてコトのないレストランでも採用されてるプリフィクススタイルですが、パリのビストロで一般的だったこのシステムを日本で初めて試みたのが、この「Pas a pas」なんだそうです。

前菜のリストから1皿、メインのリストから1皿、デザートのリストから1皿の計3皿で、2,500円! この値段は15年前から変わってないから驚きです。ま、これに食前酒やらワインやら頼んでしまうので、結局いつも5,000円ぐらいにはなってしまいますが・・・(汗)。

TOPの写真はメインでオーダーした「鴨胸肉のクランベリーソース」です。このお肉のボリュームはすごいです。ワインが進みます。ちょっとパサパサした感じがしましたが、ベリーソースの甘酸っぱいこってり味とよく合って美味しかったです。

pas_a_pas_antipastoこちらは前菜の「田舎風テリーヌ」。常時8種類ぐらいある前菜リストから自分でチョイスするのですが、いつも悩みつつ、結局このテリーヌを頼んでしまいます。時期によって硬さや中身がビミョーに違う気もしますが、いつもと変わらぬ食べ応えです。添えてあるピクルスも美味しい。食前酒のキールとも、なかなかの好相性でした。

pas_a_pas_dolceデザートは「クレムブリュレ」。カスタードプリンの表面にグラニュー糖をふって、バーナーで溶かしてキャラメル状にしたデザートです。お店によって中のカスタードの硬さが違いますが、ここのはかなり柔らかめです。よく冷やしてあって、濃厚なクリームと卵の味がする、シンプルだけど好きなデザートです。

pas_a_pas_vinoワインは「TERRE FEU」。ボルドーのメドックで2000年です。ミディアムボディ。軽めでした。一応オーガニックワインのようです。「Terre Feu」とは「炎の大地」という意味で、その名のとおり畑の中でも特に日当たりの良い場所で育ったぶどうで作られたワインだそうです。16.Settembre

|

« <番外編>歓迎の餃子 | トップページ | <番外編>家族でフレンチ クイーンアリスH2O »

コメント

待ってました!Pas a pas

といいつつ、自分のblogの更新がとどこおりぎみであります

投稿: ojatan | 2005/09/26 00:22

オレも「Pas a pas」大好きっす!
あれこれ食べたいと思うんだけど、
いつも決まって、ボリュームたっぷりのグリーンサラダと、
仔牛の赤ワイン煮になってしまいます。
食べてみたいものは、
連れに注文させて一口食べてみたりと、
姑息な手段でいろいろ試してますが、
やっぱりサラダと赤ワイン煮かなあ。
また、行きたくなってきました!

投稿: おばた | 2005/09/26 16:00

ojatanさん
予告通り行ってきたわ。
ブログ更新楽しみにしてまっす。

おばたさん
おっ!ご存知でしたか、さすが!
やっぱりメニューの選び方に似たような傾向が・・・みんなそうなのかな。
Mも行きそびれたし、今度一緒に行きましょ~。

投稿: yumi | 2005/09/28 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6109939

この記事へのトラックバック一覧です: <番外編>久しぶりにフレンチ Pas a pas:

« <番外編>歓迎の餃子 | トップページ | <番外編>家族でフレンチ クイーンアリスH2O »