« <番外編>初台でフレンチ LaCasquette | トップページ | <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 »

<茨城編>那珂湊で回転寿司のはしご

ibaraki_top


茨城の大洗にある酒蔵へ取材に行くという友人に便乗しての日帰り旅です。ETC搭載車に限るのですが、高速道路に17:00~翌朝9:00までに乗って100キロ圏内で降りると、通行料が半額になるという太っ腹なサービスをご存知でしょうか。それを利用するため、早起きして行って来ました。

私はなーんの情報収集もせず、友人におまかせ状態でついて行ったのですが、彼女が「ランチは那珂湊ですよっ」と言うので、いそいそとお供しました。

ibaraki_sake港に面して広がる魚市場です。築地より規模はかなり小さいながら、太平洋を目の前にさまざまな魚屋さんが軒を連ねている様子は、なかなかのものです。ここには全国から魚が集まってきているようで、こーんなものもありました。
ちょっと不気味?鮭の半身にスジコがついてるものです。それにしても安いです。スジコの値段だけで鮭が半分ついてくる・・・チャンチャン焼きも5人分ぐらいできちゃいそうですね。

ランチは回転寿司へ。

ibaraki_simesaba最初は「ヤマサ」へ行きました。ネタが大きくてビックリです。TOPのマグロは普通の赤身で210円。でもすごーく美味しかったです。なんだか甘い感じがしました。トロのようにしつこくなくて、でも味はしっかりして、マグロの赤身ってこんなに美味しかったっけ?と目からウロコです。左はシメサバ、210円。脂ののったサバを上手にしめてあるので、もう2皿は行ける!と思うくらい美味しい!

ibaraki_maguro2軒目は「森田水産」へ。回転寿司のはしごなんて初めての経験です。
同じ港にあるお寿司屋さんなのに、こんなにネタが違うものかと驚きました。
こちらは先ほどの「ヤマサ」で開眼したマグロ赤身。気に入ると食べ続けるから(笑)。気持ち小ぶりですが、これで充分です。こっちのお店のほうがさっぱりした赤身でした。

ibaraki_ikaこちらはイカ、155円! イカの種類は忘れちゃいましたが、とろーんとしてて、甘くて、噛めば噛むほど口の中にイカの風味が広がります。水っぽさのまるでない、ねっとりした味が徐々に喉の奥に広がり・・・あー、もう少し口の中で味わっていたーいと思うのに、すんなり入っていっちゃいます。新鮮なイカならではの美味しさでした。28.Settembre

|

« <番外編>初台でフレンチ LaCasquette | トップページ | <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6188057

この記事へのトラックバック一覧です: <茨城編>那珂湊で回転寿司のはしご:

« <番外編>初台でフレンチ LaCasquette | トップページ | <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 »