« <沖縄編>沖縄で食べる沖縄料理 | トップページ | <沖縄編>美味しいお店は辺鄙な場所に. »

<沖縄編>暑い1日、中城を歩く

nakagusuku_top

沖縄には世界遺産が多いですね。代表的なのは首里城ですが、今回はあまり知られていない「中城」(なかぐすく)にどうしても行ってみたいと思い、那覇から路線バスに乗り、暑いなか約2キロの田舎道を登っていきました。

TOPの写真は中城(なかぐすく)城跡です。14世紀後半には築城が始まったと言われる石造りのお城で、世界遺産に登録されています。沖縄本島のちょうど一番細いところにあるので、お城の東からは太平洋を、西からは東シナ海を見渡すことが出来ます。友人が「ここはなんだかシチリアのギリシャ劇場に似てるなぁ」と言ったのですが、まさにそんな感じでした。日陰に入ると涼しい風を感じるけれど、直射日光の下では光と影のコントラストがあまりに強くて、その差に軽いめまいをおぼえます。石が音を吸い込むのでしょうか、シーンと静かなたたずまい。そして眼下に広がる青い海・・・そこにいるだけで気持ちが晴れ晴れとするような、不思議なところです。戦いとは関係なく建てられた昔の建物は、「気」の良い場所にあることが多いそうですが、この中城もそんな場所でした。

nakagusuku_scisa中城城跡から歩いて10分ぐらいのところに国指定重文の「中村家住宅」があります。昔の建物が好きなのでこちらにも行ってみました。地上戦が行われた沖縄には戦前の建物はほとんど残っていませんが、ここは奇跡的にも戦火を免れました。約280年前、まだ琉球王朝があったころに建てられたものです。でもこんなふうにシーサーが屋根の上に乗せられるようになったのは明治以降ということなので、いくらかの増改築はされているようです。

nakagusuku_nakamuraこの住宅には、室町時代の日本建築と中国の建築様式が取り入れられています。正面の石壁はまさに中国の風水の影響です。敷地に入る正門をくぐるとすぐにこの石壁があり、建物内に入るには少し左にずらして作ってある内門を利用します。悪霊はまっすぐにしか進めないということで、正門から入った悪霊はこの石壁に跳ね返されて、建物の中に入ってくることが出来ないのです。

nakagusuku_nureenこんなふうに、畳の部屋が濡れ縁の廊下に囲まれている様子は日本家屋そのものです。家のいちばん中央に仏間があって、寝室は家の裏側、離れは客間として使うなど、夏に山形で見た住宅とほとんど同じような間取りでした。家の中は開け放たれたふすまに風が通って、外の暑さがウソのように涼しいです。ジリジリと容赦なく太陽が照りつける午後、ひんやりとした畳の上でくつろぐのは本当に気持ちの良いものでした。

nakagusuku_idoこのあと、また2.5キロぐらい歩いてバス通りに出ました。今度は下りです。途中、ところどころに井泉がありました。こちらは大城(おおぐすく)の「東井戸」(あがりぬかー。あがり=東、ぬ=接続詞「の」、かー=井戸、で、東の井戸の意)。戦後に上水道が整備されるまで、この集落の大半の住民がこの井泉を利用したそうです。今でも美しい水がこんこんと湧き出ていました。

nakagusuku_imaこちらは現代の家。でも屋根の上にちょこんとシーサーが乗っています。こんなふうに今でもほとんどの家の屋根や玄関口にシーサーがいました。昔の井泉がそのまま残っていたり、巨大な亀甲墓があったり、この中城周辺には昔の沖縄の様子が色濃く残っています。車で行くと見過ごしてしまうようなところを発見できたし、とにかく暑かったんだけれど歩いてみてよかったです。のんびり旅行の醍醐味ですね。

nakagusuku_kooriあまりに暑くて、10月だというのにこの日のおやつは「うっちん茶」と「かき氷」。「うっちん茶」はうこんのお茶です。少し苦味のあるさわやかな風味で、口の中がさっぱりとします。ベンダーで普通に売ってます。
この日、面白かったのは路線バスの運転手さん。中城城跡への登り口が分かりにくいだろうと、バス停じゃないのにそこまで乗せていってくれました! いいのか、路線バスなのに・・・でも本当に助かりました!7.Ottobre

|

« <沖縄編>沖縄で食べる沖縄料理 | トップページ | <沖縄編>美味しいお店は辺鄙な場所に. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6457165

この記事へのトラックバック一覧です: <沖縄編>暑い1日、中城を歩く:

« <沖縄編>沖縄で食べる沖縄料理 | トップページ | <沖縄編>美味しいお店は辺鄙な場所に. »