« <沖縄編>あこがれの三笠食堂 | トップページ | <沖縄編>沖縄のMercato、牧志公設市場 »

<沖縄編>「すば」と「じゅうしぃ」

suba_top

沖縄で「すば」(そば)と言えば、そば粉で作る日本蕎麦ではなく、この、うどんのようでもあり、きしめんのようでもある「沖縄そば」のことです。お店によって違うようですが基本的に小麦粉に塩とかん水だけを入れて打ったものなので、かなり歯ごたえがあります。それをあっさりとしたスープでいただきますが、これもお店によってさまざま。かつおや昆布の海系ベースのみもあれば、とんこつスープを使ったり、混ぜてみたりと、本当に色々あるようです。でもなぜか温かいものしかありません。コシが強いから、冷やすと硬くなって食べにくいのかもしれないですね。
上にのっているのはカマボコに青ネギ、そしてソーキの煮付けです。ソーキは豚のスペアリブをかつお出汁やおしょう油で煮込んだもので、中には泡盛で煮込むものもあり、骨がハラリと簡単に外れて、箸でちぎれるほど柔らかくしてあります。「ソーキそば」と言えばこのソーキの煮付けがのった沖縄そば、「三枚肉そば」と言えば豚の三枚肉の煮付けがのった沖縄そばのことで、上に乗るものによって呼び名が変わりますが、何が乗るかはお店によって色々。沖縄は本当に、一定の同じものがあんまりないですね。

suba_jusciこちらは「じゅうしぃ」です。いわゆる炊き込みごはんで沖縄ではよく食べられています。こちらのじゅうしぃには、シイタケ、ごぼう、ニンジンが入っていましたが、他にもお肉や油揚げの入っているものなどさまざまなバリエーションがあるようです。スーパーには「じゅうしぃの素」も売っていて、ごはんを炊くときに混ぜるだけで簡単に作ることもできます。

suba_ristorante今回の訪問では残念ながら1回しか沖縄そばを食べられませんでした。お邪魔したお店はこちら、「琉球茶房すーる」です。わりとディープな沖縄案内に出ていたので、三笠食堂みたいなお店を想像していたのですが、意外にも小ジャレていて気が抜けました(笑)。一軒家を改装してお店にしたような雰囲気です。他には「ゆし豆腐」がオススメのようです。

suba_caffeこちらのお店では、ランチタイムにコーヒーと小さなお菓子がサービスされます。この日はアイスコーヒーに、サーターアンタギーの小さいのがついてきました。サーターアンダギーは沖縄のお菓子で小麦粉に卵やサラダオイル、ラード、砂糖、黒砂糖などを混ぜて揚げたものです。こちらもスーパーで「サーターアンダギーの素」が売られています。もちろんオバァは自分好みの材料と配合で作るのでしょうけど。素朴で美味しいお菓子です。9.Ottobre

|

« <沖縄編>あこがれの三笠食堂 | トップページ | <沖縄編>沖縄のMercato、牧志公設市場 »

コメント

久々にコメントします。ご無沙汰です。
沖縄に行かれたんですね!いいないいな。
あたしも沖縄そば大好きです。東京でも沖縄料理の店に行って食べることよくありますが、
やっぱ地元のにはかなわんですよね。
あたしは、沖縄行くとちんすこうを食べずには
いられません。
あと沖縄の魅力は人!だと思います~

投稿: I | 2005/10/12 23:08

わーい、I ちゃん、久しぶり!
そういえば、あなた、シゴトが忙しくて沖縄に逃げたことありましたね(笑)。

そうですねぇ、沖縄料理はやっぱり沖縄に行って食べた方が美味しい!私もそう思う!
沖縄のヒト=オバァも面白かったわ~。

投稿: yumi | 2005/10/14 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6365947

この記事へのトラックバック一覧です: <沖縄編>「すば」と「じゅうしぃ」:

« <沖縄編>あこがれの三笠食堂 | トップページ | <沖縄編>沖縄のMercato、牧志公設市場 »