« <沖縄編>地元の食材でイタリアン | トップページ | <沖縄編>暑い1日、中城を歩く »

<沖縄編>沖縄で食べる沖縄料理

tebici

ずいぶんポピュラーになった沖縄料理。東京にも色々なお店があるけれど、やっぱり本場の味を体験したい!ということで、カンを頼りに居酒屋さんへ入りました。
そして、まずはオリオンの生ビールで1杯。

インパクトあるTOPの写真は「足テビチ」。いわゆる豚足です。いったい何時間ぐらい茹でたんだろう・・・お箸でするっと骨が離れます。皮の部分には脂っこさは全くなく、ゼラチン質のプルプルとした食感のみ残っています。味付けは薄味のおでんみたいな感じです。

lafuteこちらは「ラフテー」です。豚ばら肉を泡盛で茹でて脂を落としたあと、カツオやコンブの出汁で煮付けたものです。テビチと同じように、よく茹でてから煮込んであるので、脂の部分がさっぱりと感じられます。このように、沖縄では豚の料理が多いです。しかも1頭を、頭からしっぽまで全て食べ尽くすのです。耳は「ミミガー」と言ってせん切りにして酢味噌で和えたり、内臓はそれこそ何回も茹でこぼして「中身汁」という内臓を具にしたスープにして食べたりするそうです。

sominこちらは「ソーメンチャンプルー」。茹でたそうめんを野菜と一緒に炒めたものです。「ゴーヤーチャンプルー」や「フーチャンプルー」と並ぶ沖縄の代表的な炒め物料理。こちらのお店では野菜のほかにツナを使っていましたが、ポークランチョンミートや豚肉を入れるところもあります。味付けは基本的に、塩とコショウのみです。自分で作るとどうしてもそうめんがくっついてしまって、なかなか上手く炒められない・・・と思っていたらお店でもそうなってました。「テーゲー」(だいたい。沖縄言葉)でいいようです。

yusciこの「ゆし豆腐」こそは沖縄でしか食べられないものではないでしょうか。島豆腐を固める前の状態のものです。ふんわりと柔らかくホロホロしています。このお店では出汁の中で温められて出てきました。私の憧れている「ゆし豆腐」の食べ方は、朝、お豆腐屋さんで出来たばかりのものを、まだ温かいうちにそのまますくって、塩かおしょう油をたらしていただくというもの。沖縄の元気なオバァは、毎朝この「ゆし豆腐」をどんぶり一杯食べると聞いたことがあって。1度試してみたいです。

icaそしてこちらは「クブシミ」です。ダイバーの友人が潜ったときに遭遇したことがあって、ガイドさんから「これは美味しいんだよ~」と聞いていたのでオーダーしてみました。コウイカです。茹でてありました。海中での写真はこちら。見るとぜんぜん美味しそうじゃないけど、噛むとスルメみたいに味が出てきてすごく美味しかったです。
今回は私は潜らずにシュノーケリングのみ。友人は1日だけ潜りました。その様子はこちらでご覧ください。沖縄の海は本当に美しいです。7.Ottobre

|

« <沖縄編>地元の食材でイタリアン | トップページ | <沖縄編>暑い1日、中城を歩く »

コメント

ご無沙汰しちゃっています。イタリアのケイコです。お返事すぐにいただいたのにそのままになっていました。すみません。こちらはかなり寒くなってきましたよー。夕方からうっすら霧も出てくるし。今年は特に冬の到来が早いみたいです。いやだなー。
沖縄にいらしたんですね。私の友達も、沖縄が好きでしばらく暮らしていて、今は奈良に雑貨屋兼カフェを開いているのがいます。http://www.nanka.net/index.html
彼女もおいしいもの大好きで、日記はおいしいもの日記になってます。よかったら除いてやってください。
それから、私もブログをはじめました。こちらもよろしかったら。。。私のこちらでの生活とかちょこちょこ書いてます。
では又!

投稿: cielo2 | 2005/10/18 05:04

南果さん、見てきました。
ステキなお店ですね~。
秋の奈良・・・いっそうステキでしょうね。
Cielo2さんのブログも、もちろんBellissima~!
更新楽しみに、さっそく「お気に入り」に入れました。

投稿: yumi | 2005/10/21 11:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6425243

この記事へのトラックバック一覧です: <沖縄編>沖縄で食べる沖縄料理:

« <沖縄編>地元の食材でイタリアン | トップページ | <沖縄編>暑い1日、中城を歩く »