« <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 | トップページ | <番外編>吾妻橋の樽生ビール »

<番外編>向島百花園 萩のトンネル

haghi_top

向島百花園に行ってきました。ここは現代に唯一残る江戸時代の植物園です。骨董商を営む佐原某氏が江戸の文人・墨客に協力してもらい作ったもので、詩経や万葉集に出てくる花を集め、四季を通じて楽しめるようになっています。文化・文政期、1804年から1830年にかけてのことなので、かれこれ200年経つんですね。うちから歩いて小1時間の場所なのに、初めて来ました。

haghi秋だというのに園内は花、花、花! 中でも今の時期の見所は「萩のトンネル」です。ピンクと白の萩を竹の柵に沿わせて栽培しトンネルにしています。でもこのトンネルの萩の見ごろはもう終わりかな。
園内の随所に見られる萩のほうがきれいに咲いていました。萩は小さな花で地味な印象を受けますが、ひとつひとつをよく見ると複雑なつくりで、まるでランのような感じです。それが枝にポツポツと咲き風にゆれるさまは、風情があって良いものです。

haghi_higan彼岸花は今がピークです。曼珠沙華とも言いますね。この花の根っこには毒が含まれているそうです。園内には大きな木のある鬱蒼とした場所もあるのですが、その下の草むらのところどころに赤い花が咲いています。そこに木漏れ日がまっすぐ射し込み輝くように照らされる様子は、まるで美しい絵を見ているようでした。

haghi_noazamiアザミもところどころに咲いています。イタリアでよく食べていたCarciofo (カルチョーフォ)は野生のアザミのつぼみの部分だそうですが、日本のアザミとは大きさも形も全く違いますね。でも棘があるところと花の付き方は似てます。あと、Carciofoも花が咲くと紫色だそうで、もしかしたらこのアザミが巨大化したようなものなのかもしれませんね。

haghi_pecserossoこの日は10月だというのに気温は25℃を超えたのかな、とにかく良いお天気でした。水鉢に浮かんだ睡蓮の葉が涼しげで、ところどころに見える金魚もいい雰囲気を出しています。ミズゴケでも食べていたのかな。水面まで上がってきて口をプクプクしてました。1.Ottobre

|

« <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 | トップページ | <番外編>吾妻橋の樽生ビール »

コメント

この一番上の写真キレイだねーー。
日本?って言いたくなるくらい。
こんなイイ場所があったんだねー。
今度行ってみたいわん。

投稿: ゆこぴー | 2005/10/03 16:57

このお庭、野草っぽいのが多いし、きっちり花壇みたく区切られてないので、ある意味イギリスっぽいかも。
平日にふらりと行ったほうが人も少ないだろうし、風情があっていいんじゃないかな。

投稿: yumi | 2005/10/03 19:06

暫くだね。伊から帰国後も色々行ってるね。
前に七里ヶ浜の町内会お祭りに行った記事があったけれど 僕の友人があそこで大活躍していて先日 鎌倉で会ったときも 今年の盛会さを自慢していたぜ。
鎌倉といえば紀ノ国屋の裏に 旧横山隆一邸がありそこにスタバができて プールサイドで
お茶できるということで人気らしいよ。
いつか自慢のパスタをご馳走してください。

投稿: 島田喜信 | 2005/10/18 19:34

島田さん!ご無沙汰してまーす。
七里ガ浜のお祭り、確かに本当に大盛会でした。
大人から子供まで楽しんでましたよ。
来年はぜひ一緒に行きましょ~。

パスタは、今度材料を持ってお邪魔しますね!

投稿: yumi | 2005/10/21 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/6214783

この記事へのトラックバック一覧です: <番外編>向島百花園 萩のトンネル:

« <茨城編>潮風の酒蔵「月の井」 | トップページ | <番外編>吾妻橋の樽生ビール »