« シチリアのオレンジ。 | トップページ | 日本はますます近い? »

滞在許可証。

permesso

イタリアに来て、6日目の木曜日、いよいよ最後の難関、滞在許可証の申請に行ってきました。

普通のツーリストだったら、ホテルなどにパスポートを提示すればわざわざ出向く必要はないのですが、今回の私のようにビザなしで認められている3ヶ月以上滞在する場合、これは必須なのです。3ヶ月以内でも外国人がイタリア国内に入った時点で、申告の義務が発生するそうです。もし怠って、警察に証明書の提示を求められて持ってなかったりすると、即刻国外退去、イタリアに再入国できなくなるそうです。シチリアで、過去に日本人がひとり退去させられたことがあると聞きました。こわい!

届けを出すのは、自分が住んでる場所にある「クエストゥーラ」という警察です。イタリアには警察が2種類あるのですが、まぁ、この件についてはいつか詳しく説明します。とにかく入国後8日以内に「クエストゥーラ」に行って申請するのです。そして必要書類もたくさんあって、本当にめんどくさいです。ビザ申請のときに用意したものとほとんど同じなので、もし必要な人は日本であらかじめ5枚ぐらいずつコピーしていくことをオススメします。

私が必要だったのは…
パスポートサイズの写真6枚。
パスポートと、そのコピー2枚。
パスポートのビザの部分のコピー2枚。
大使館でサインされて戻ってきた入学許可証と、そのコピー2枚。
大使館でサインされて戻ってきた保険の保証書と、そのコピー2枚。
大使館でサインされて戻ってきた銀行の残高証明と、そのコピー2枚。
そして「マルカ・ダ・ボッロ」という印紙です。

malco_di_bollo学校から色々事前に教えてもらったにも関わらず、違うことがいっぱいあって、すごい疲れた。5枚と言われてた写真は6枚。 10.44ユーロと言われていた印紙(左の写真)は、14.62ユーロ。しかも指定された「タバッキ」(キオスクみたいなお店)には売っていず…。クエストゥーラでは、予想外の事もいろいろ聞かれてあたふたしました。両親の名前とか、大学出たのかとか、私の本籍は鹿児島なんだけど、なんで東京で生まれたのに東京じゃないのかとか…。 こちらではどこで生まれたかってことが重要らしいです。鹿児島は父親が生まれたところだと言ったら納得してもらえました。指紋も指だけじゃなく、手のひらまで取られて、びっくり。

そしてようやくもらったのが、TOPの写真の書類です。私はこれって仮証明なのかと思っていたのだけど、どうやら本物のようです。「2ヵ月後」に、この書類を持って再び出頭するように言われたと思ってたのですが、期限が切れる「2ヶ月前」に再申請のために出頭するようにってことだったのかなぁ。今となってはナゾ・・・。フィレンツェやミラノなど人が多いところでは、まずこの滞在許可証を申請するための順番を数ヶ月待ち、さらに申請後は発行までに数ヶ月近くかかることも・・・と聞いていたので、まさか当日にもらえるなんて思ってもいませんでした。

|

« シチリアのオレンジ。 | トップページ | 日本はますます近い? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/9150803

この記事へのトラックバック一覧です: 滞在許可証。:

« シチリアのオレンジ。 | トップページ | 日本はますます近い? »