« イタリアの靴。 | トップページ | GiardiniNaxos(ジャルディーニ・ナクソス)のトラットリア。 »

いい匂いのする街。

Hana_limone

ヨーロッパを旅するなら春がいいと言うけれど、本当にそうだと思います。去年Braにいたときもそうだったけれど、4月を過ぎると木々はいっせいに芽吹き、次々と新しい花を咲かせます。上はレモンの花。まだ実が残っている木にも咲いています。

Hana_arancia

オレンジの花。あ、この写真はまだつぼみですね。咲くとレモンの花とよく似ています。どちらも甘い香り。とくに夜、窓を開けると、少し湿った夜の空気に濃厚な花の香りが一緒になって部屋の中に流れ込んできます。思わず深呼吸してしまいます。

Hana_gelsomina

ジャスミンの花。これもすごくいい香り。つぼみを摘んで水に挿しておくと、こんなふうに花が開きます。

Hana_bugen

シチリアはさすがに南なので、1年中ブーゲンビリアが咲いています。葉っぱは落ちてしまって花だけが冬を越したのかな。青い空に濃いピンクのコントラストがとてもきれい。

Hana_fuji

藤の花。日本の花というイメージがあるけれど、Braにもあったし、イタリア全土にあるのかな。海をバックに咲く藤も野趣があって、なかなかいいものです。香りもけっこう強いです。ひんやりとした優雅な香り。

Hana_mimoza

ミモザの花。子どものころから、物語に出てくるアカシアとミモザの花って、どんな花なのか気になって仕方ありませんでした。アカシアは数年前、札幌で見ることができて、ミモザが実際に咲いているのは、ここシチリアで初めて見ました。小さな黄色のポンポンがいっぱいぶら下がっていて、葉や木の様子は柳によく似ています。特に香りはありません。こちらでは4月9日の「女性の日」に女性に渡すのが習慣になっています。

Hana_banana

バナナの花。OLE(オーレ)の借りていた家の庭に咲いてました。初めて見たかも。上のほうにはバナナも生っています。これを見ていると、花びらの間にある小さな指みたいのが成長してバナナになるのかなぁと思うんですけど、どうなんでしょう。

このほかにも道端にはたくさんの草花が咲いています。黄色、ピンク、赤、オレンジ、紫、青・・・とにかく今のシチリアは、花でいっぱいです。

|

« イタリアの靴。 | トップページ | GiardiniNaxos(ジャルディーニ・ナクソス)のトラットリア。 »

コメント

こ、この写真を見てしまうと今すぐにでも
飛んでいきたくなります!!

スゴくいいお天気で散歩したくなります。今日は少し散歩しましたが雨が降ってきてすぐ帰ってしまいました。。

シチリアで散歩。なんて贅沢なんでしょう~って変な人。。

投稿: mao | 2006/04/23 23:49

Ciao Mao!
うんうん。ここにいると本当に散歩が楽しいです。
学校から家まで、1時間半歩いて帰ることもあるんですよ!

投稿: yumi | 2006/04/24 20:49

ひゃっひゃ。(笑)
去年の6月行った時に駅周辺やアレックスのお店の周りでもバナナの花はいっぱい咲いてたよ~。
うーん私の美しい顔に見とれていたのね。
ってことで指が実になります。
フィリピンや台湾ものは日本に入ってくるけど
イタリアものは来てくれないな。
アレックスの店の前のお店で吊るして売っていたから
今度食べてみてね。
大きさは島バナナに似ていたなぁ。

9月エジプトは行けないよ、マウイ行くけん。
何かよからぬ爆破事件が起きててちょっと危なそうだ。

再見!

投稿: koz | 2006/04/26 17:35

Ciao Koz!
あ、咲いてたんだ…ぜんぜん気がつかなかった。
そう、エジプト!
こっちでは「KAMIKAZE」とか報道されてて、何?竜巻でもあったの?って思ってたんだけど、爆破事件だったんだぁ。

投稿: yumi | 2006/04/27 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/9696601

この記事へのトラックバック一覧です: いい匂いのする街。:

» 花リレーバックナンバー(4/2掲載分) [いいものあるかな?]
ご無沙汰していました。ようやくGWの旅行から帰ってきました。 今回の旅行では1,500枚くらい写真を撮ったので、整理次第ご紹介していきます。 まずは「花リレー」の写真を更新しましたので、前回の写真をブログに掲載します。 これは我が家の庭の「ミモザ」です。 毎年..... [続きを読む]

受信: 2006/05/07 14:01

« イタリアの靴。 | トップページ | GiardiniNaxos(ジャルディーニ・ナクソス)のトラットリア。 »