« タオルミーナのトラットリア、Da Saro(ダザーロ)。 | トップページ | 世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)2。 »

世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)1。

Romana_mosaico_1

学校の週末遠足で、シチリアの中央部PiazzaArmerina(ピアッツァ・アルメリーナ)にある世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)に行ってきました。最初、どんなところに行くのかよく分かっていなかったのですが、集合時間が8:30と遅く、参加費も30ユーロとお手ごろだったので申し込んだのです。行ったことのある人に聞いてみると、「モザイクがステキなのよ~。」とのことだったので、中近東あたりのブルーのモスクをイメージしてたらぜんぜん違いました。

Romana_mosaico_2

学校の先生、Peppe(ペペ)の引率です。彼はシチリアの芸術文化にとても詳しく、とうとうと流れるように解説してくれます、もちろんイタリア語で・・・。さすがに1ヶ月過ぎたので解説の内容も何となく理解できます。「地球の歩き方」には載っていない、色んなことが分かって面白かったです。

Romana_mosaico_3

3~4世紀にかけて建てられた、このVilla Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ、カザーレ荘)は貴族の別荘として使われたそうです。40もの部屋から構成されています。特筆すべきは床一面に描かれた、さまざまな模様や人物、動物などの細かいモザイクです。このモザイクの石はアフリカから運ばれ、職人もアフリカから来たそうで、下絵となるようなものは一切なく、すべてがディレクターの頭の中にあって、職人に指示を出して作業させて作っていったそうです。

Romana_mosaico_4

だからシチリアには存在しない動物がたくさん描かれています。Topの写真は「ライオン」です。モザイクを水で洗うと、鮮やかな色がよみがえりました。次は「象」。その次は「ダチョウ」。上のは「チーター」です。チーターがヤクを捕らえたところ。噛んだところから血が流れているのが見えますか?けっこうリアル。

Romana_disegnio_1

こんな細かな文様がたくさんありました。

Romana_disegnio_2

デザイン画もないのに、こんな模様が描けるって、いったいどんな頭の中なんだろう・・・。

Romana_disegnio_3

こちらはシチリアで収穫される果物をモチーフにしたもの。スイカ、ぶどう、いちじく、りんご・・・当時から豊かな実りがあったんですね。

|

« タオルミーナのトラットリア、Da Saro(ダザーロ)。 | トップページ | 世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)2。 »

コメント

ご無沙汰してます!Iです~
去年のGWはお世話になりました。楽しかったなあと振り返り
つつ、今年は都内で過ごしてます・・・
やっぱりイタリアは食べ物がおいしそうですね。
あのトマトの味はやっぱり日本にはありません(笑)

あーでもまたイタリア行きたくなってきた~

投稿: I | 2006/04/28 22:37

buona sera!!

モザイク綺麗ですよね~。カルタジローネとモンレアーレいうところで見たことあります。学校の遠足面白そうですね~
でも8:30は早いですよ!!

投稿: mao | 2006/04/28 23:59

Ciao I!
あぁ、もう1年経ったんだねぇ。
トマトのパスタも、公園のビールも美味しかったよね。
シチリアにもぜひ!

Ciao MAO!
カルタジローネもモンレアレも、まだ行ったことないの。
アルタジローネは、ザッタイ行くつもり。

投稿: yumi | 2006/05/02 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/9750277

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)1。:

» ハメ撮り満載 [女喰い列伝]
ちょっと縛って言葉責めしたら涙流しながらイッちまったぞ!! [続きを読む]

受信: 2006/05/04 19:12

« タオルミーナのトラットリア、Da Saro(ダザーロ)。 | トップページ | 世界遺産、Villa Romana del Casale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)2。 »