« Siracusaのトラットリア、Encuentro(エンクエントロ)。 | トップページ | 花のじゅうたん。 »

イタリアの朝食と、コーヒー沸かしCaffettiera。

19_top

先日の土曜日で2週間のホームステイが終わりました。そしてウワサには聞いていたけど、この2週間、本当に毎朝、同じものが出てきました。これがイタリアの普通の朝ゴハンです。初日に聞かれて私は紅茶を希望したのですが、カフェラテを希望すればそれが用意されたのでしょう。左のパンはほんのり甘くてまるでお菓子です。これにバターとジャムをつけていただきます。思えば日本の朝ゴハンは素晴らしいですね。ご飯にお味噌汁、お漬物だけでも、この朝ゴハンに比べればはるかに栄養バランスがとれていると思います。強いて言えばイタリアの朝ゴハンは、ご飯に緑茶、梅干だけってところでしょうか。

19_2_400日本にいるときは使い方がよく分からなかった、コーヒー沸かしCaffettiera(カフェッティエラ)。下の部分に水を、中間の入れ物に挽いたコーヒー豆を入れ、全てをセットして弱火にかけます。すると、沸騰したお湯が中間の豆の部分を通りながら上に上がり、この中央の丸い円筒の先から出てきて上部の入れ物にたまる仕組み。火にかけるときは、もちろんフタを閉めておきます。

19_3_400そしてMariaの家ではこの円筒部にこのようなものをかぶせます。こうすると、先端の穴の部分がふさがれて、下の水が残らず上に上がって来られるのです。いつも下の部分に水が残って、何だかなぁって思ってたので、これは新しい発見です。雑貨屋さんで買えるらしいので、GiardiniNaxosに帰ったらさっそく探してみましょう。

19_4_400そしてひとつ重要なポイント! このCaffettieraはとても繊細なものなので、洗剤やスポンジを使わず、水だけで手洗いします。こうすると豆の風味が損なわれず、いつまでも美味しいコーヒーを入れることができるのです。痛みやすい取っ手や、クッションのゴムなどは交換できるので、ほぼ一生同じものを使い続けることも可能です。妙なところにこだわるイタリア人らしいコーヒー沸かしなのでした。

|

« Siracusaのトラットリア、Encuentro(エンクエントロ)。 | トップページ | 花のじゅうたん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/10550124

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの朝食と、コーヒー沸かしCaffettiera。:

« Siracusaのトラットリア、Encuentro(エンクエントロ)。 | トップページ | 花のじゅうたん。 »