« タオルミーナで、ホームステイ。 | トップページ | Francescoの料理。 »

ワインとオリーブオイルのワークショップ。

4_vino_top

福岡から1ヶ月だけ来ていたShiomiは、イタリア語の授業以外に、学校の企画しているワインのコースをとっていました。この時期、生徒が彼女だけだったせいか、最後の2回はYumiも一緒に!と言うわけで、2日間お邪魔しました。カターニャ門をコルソ・ウンベルト通りから少し入ったところにあるオステリア、Nero d’Avola(ネロ・ダーボラ)が会場です。

4_vino_olio1_400こちらがNero d’Avolaのオーナーで今回のコースの先生・・・名前を忘れてしまった(汗)。初日はオリーブオイルがテーマで、どのように作るのか説明したあと、4種類のオイルを試しました。東京にいたときスローフード協会のワークショップで似たようなことを体験済みだったので、イタリア語の説明でも理解できて面白かったです。オリーブの実はまだ若いうちに摘み、24時間以内に加工。4段階に分けて絞り4つのクオリティのオイルにします。まず最初は、洗った実を上から石で押さえつけただけで出てくるジュースのようなもの、次はその搾りかすを何枚かのフエルトに分けて載せ重ねて置き、その重みだけで滴るジュースを集めたもの、3番目になって初めて機械的な圧力をかけ、そのフエルトを上から押さえつけて絞ったもの、最後の4番目はまさに最後の一滴まで搾り取ったもの。

4_vino_olio2_400もちろん一番絞りがExtra vergine(エキストラバージン)、以降順番にOlio di Oliva(オリオディオリバ)、L’Olio di Sansa(オリオディザンザ)、Olio lampante(オリオランパダ)。3番目ぐらいまでは口に入れるものに使いますが、最後のものは機械用にするそうです。オリーブオイルの沸点は200度以上。ここまで熱を加えてもカラダに悪いものに変化しない唯一の油だそうで、オリーブオイルは心臓に良いのだよ・・・と先生は言ってました。

4_vino_olio3_400オイルのデグスタジーネ(試飲)は、まず最初に香りを、次に味を見て、最後に色を見るそうで、それは色による地域性の先入観・・・例えばトスカーナなど中央イタリアのオイルは黄色で、プーリアやシチリアなど南のものは緑がかっている・・・に惑わされないようにするためだとか。面白かったのは、次のオイルに移るときはリンゴを食べて口の中をきれいにすること。初めて聞きました。

4_vino_vinobianco_1

2日目はワインがテーマで、赤白1種ずつ勉強したあと、CasaGrugno(カーサ・グルーニョ)というタオルミーナで唯一の星付きリストランテで開催されている、スローフード協会絡みのシチリアワイン試飲会に連れて行ってもらいました。
この白ワインはCOSというワイナリーのRamiです。COSはラグーサにあり、Murgo(ムルゴ。シチリアで一番有名なワイナリー)の先代からワイン作りを教えてもらったとかで、まだ若いワイナリーながらも、これからスーパートスカーナ並みに人気が出てくるだろう・・・と先生は言ってました。Insoliaというギリシャのぶどうを使っています。黄色が濃い美しい色合いで、軽さが身上って感じ。でも口を刺す苦味や硬さのようなものは全くありません。とにかくフルーティ。

4_vino_vinorosso

赤はTerre di Luigiというワイナリーの、Gallo dei BardiのEtnaRosso。2003年のものを試飲したのですが、かなり熟成感があり将来が楽しみな感じ。栗の花の香りがして、グラスにはアルコールの強さをうかがわせるラインが残ります。飲む1時間前には抜栓しておかないと本来の味を引き出せないそうです。

このあとカーサグルーニョに行ったのだけど、なんとこの日はランチからフェスタでワインを飲んでいて、ワインのコースが始まったのが18時、カーサグルーニョには20時過ぎと、5時間ぐらい飲みっぱなし・・・はっきり言ってカーサグルーニョでは何をどう飲んだのか覚えてませーん。そのあとお腹が空いたので、Barでアンティパストを摘まみつつまたワインを、最後には仕事が終わったシェフたちと合流して3時ぐらいまで飲んでしまったから、12時間ぐらい飲み続けてしまったことに・・・さすがに疲れました。でも、ずっと一緒だったShiomiは変わらず元気だったなぁ。良い体験をさせてくれてありがとう! 日本に帰ったら、今度は福岡で飲みましょうね!

|

« タオルミーナで、ホームステイ。 | トップページ | Francescoの料理。 »

コメント

こんにちわ。
最近、オイルに興味あります。
友達が手に入れた、geraciというシチリアのオリーブオイルを使って、ガスパチョを作りました。
知ってますか?

投稿: kaorinne | 2006/06/18 06:48

Ciao kaorinneさん!
Geraci・・・残念ながら知りません(涙)。
南イタリアはオイルが本当に美味しいですよね。
Kaorinneさんはまだフランスにいらっしゃるんでしたっけ?
チーズ道、極めてますか?

投稿: yumi | 2006/06/21 16:10

yuminaさん
はじめまして!
この度はアタシのblogにお越しいただきありがとうございました。
アタシはGWにタオルミーナに6日間いたのですが、このNero d’Avolaにも行きましたよ。よかったです。
シチリアは大好き。情報を集めにまた遊びにきますね~。

投稿: 中上 | 2006/11/09 01:44

Ciao 中上さん☆.。.:*・°
そうですか!ココにもいらしたんですか。
キャンドルが灯って、袋小路に置かれた外のテーブル席も、とてもステキなところですよね。

投稿: yumina | 2006/11/09 11:26

アタシたちは夕食後に行きました。
友人が喫煙者だったので、外のテーブル席でした。
そうそう、Nero d’Avolaのジャムって、ご存知ですか?
買いだめしてきたので、週末記事にアップします。
よろしかったらまたきてくださいね~。

投稿: 中上 | 2006/11/10 01:22

え?ジャム?知らなかったです。
ってか、オリジナル・プロダクツがあることすら知りませんでした。
週末お邪魔します・・・あ、お宅じゃなくてブログに(笑)。

投稿: yumina | 2006/11/10 08:55

こんばんは~。
あ゛っ、説明不足ですみません。。。
あのワインバーのオリジナル・プロダクツではなく、
Nero d’Avolaというシチリアワインの地ブドウを使ったジャムなんです。
記事アップしましたので、よろしかったら是非来てくださいね~。

投稿: 中上 | 2006/11/13 01:32

Marmellata uva!それは珍しいですね・・・さっそくお邪魔しなくては。

投稿: yumina | 2006/11/13 14:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/10421589

この記事へのトラックバック一覧です: ワインとオリーブオイルのワークショップ。:

» gambe addominali glutei [gambe addominali glutei]
ワインとオリーブオイルのワークショップ。 [続きを読む]

受信: 2007/05/08 05:10

« タオルミーナで、ホームステイ。 | トップページ | Francescoの料理。 »