« 6月のエトナ山。 | トップページ | イタリアのハート、Perugia(ペルージャ)2。 »

イタリアのハート、PERUGIA(ペルージャ)1。

Perugia_tate

Perugia(ペルージャ)から帰ってきました。予定外のことも色々あったけれど、楽しい旅行になりました。

カターニャ、ペルージャ間には直行バスが走っていて、それを利用するとダイレクトにペルージャに行くことが出来ます。イタリアのほぼ半分を12時間で走り、片道50ユーロ。わずらわしい乗り換えなしで行けるのが最大の魅力です。今回の旅は往復ともその高速バスを利用しようと思ったのですが…そうは上手くコトは運びませんでした。

カターニャのバスターミナルを19時に出て、ペルージャには翌朝8時ごろ到着、というのが当初の予定。早めにカターニャへ行き、美味しいお菓子屋さんでお土産も購入、バスターミナルには18時ごろ着いて準備万端。あとはバスに乗るだけだったのですが…乗れなかったのです(涙)。

乗り場の案内表示がなかったので聞いたら、1か2番で待ってろとの指示。しばらく待っていたら定刻にミラノ方面行きの表示が出ているバスが来ました。でも聞いていた話では大きく「ペルージャ行き」って書いてあるとのことだったし、バスはいつも遅れるので、どうせまたでしょ、と思ってそのバスをやり過ごし、1時間半待ち続けましたが一向に来る気配なし。おかしいなぁと思い再度確認したら「え?バスは19時4分に出ちゃったよ」だって。どうやら今回のバスにはペルージャ行きって表示が出ていなかったようです。いつもバスを利用していて、そんなことは日常茶飯事なのに、まさか長距離バスまでそんなことになっているとは思いもしませんでしたよ。

仕方が無いので急きょ電車に変更。ペルージャまでの片道切符44ユーロを買い、21時15分発のミラノ行きに乗りました。もちろん一番安い2等車です。思いっきり不安になりながら電車に乗り込むと、アフリカ人がひとりで6人用のコンパートメントにいたので、そこにお邪魔しました。彼の名前はアリー。アフリカから出稼ぎに来ていて、これからペルージャに行くところだというので、旅の道連れになりました。
Perugia_fune

図らずも、前から試してみたかった、メッシーナ海峡を電車で渡る、という経験をしました。この写真は船内に電車が入っていくところ。まず、先頭車両が船の中に入ったら、3両目あたりで切り離し残りの電車はバック。4両目だけど先頭になって残りの電車を引っ張りながら路線を変えて先頭車両の並びに入線していきます。そして再び7両目あたりで切り離し、バックして…と1編成の電車を4つに分けて船の中に収めて海を渡る、という方法でした。長年の謎が解けてうれしかったです。

Perugia_fune_tate

メッシーナ海峡を渡るとき、乗客は車内を出て船のデッキび出ることが出来ます。ちょうど夜中の12時ごろ、メッシーナ海峡をイタリア本島側のLeggioCarabria(レッジョカラブリア)へ渡りました。約1時間、思いがけない船の旅です。

|

« 6月のエトナ山。 | トップページ | イタリアのハート、Perugia(ペルージャ)2。 »

コメント

Ciao!Perugiaのyukoです。一緒にお食事のお話できて楽しかったです。シチリアのお菓子最高でした!!あのアーモンドのお菓子の名前なんでしたっけ?
10月待ってますよー!バローロや美味しい町への旅行楽しみにしてまーす。

投稿: yuko | 2006/07/07 08:01

Ciao Yuko!
今回は本当に色々お世話になりました!
どうもありがとねぇ。。。
あのお菓子は『マンドルレ』って言ってます。
今度はぜひお魚の美味しい『オペラ』に行きましょうね。

投稿: yumi | 2006/07/07 16:00

ciao yumiさん!

バスに乗れなかったなんて、しかも分かりにくいなんて
やっぱりイタリア、恐るべしです。。。

イタリアの中華はフィレンツェでしか食べたことないですが
、いまいちだった気がしました。。。イタリア人には向いて
いる味かな~。

投稿: mao | 2006/07/10 00:44

Ciao Mao!
ここの中華は美味しかったよ!
とくに海老チャーハンがオススメです。

投稿: yumi | 2006/07/14 16:20

はじめまして、ぼくはフランチェスコですよろしくおねがいします。メッシーナから来ますでも今はミラノに住んでいます、去年から自分で日本語をしていますけどまだ上手じゃありません。マドンアデッラレッテラ(Madonna della lettera) の写真をみてあなたのブロッグ読みに止まりました。この写真は良くできましたね。ぼくには日本語で読むことまだがむずかしいながら時々あなたのブロッグを読みにいくつもりだ。
ではまたさよおなら
フランチェスコ

投稿: Francesco | 2006/08/22 01:41

Ciao フランチェスコ!
はじめまして!
日本語が とても じょうず ですね。
メッシーナの しゅっしん なのに ミラノ に 住んでいるなんて、タイヘン ですね。
わたしは タオルミーナ に 9月 まで います。

投稿: Yumi | 2006/08/22 16:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/10811613

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのハート、PERUGIA(ペルージャ)1。:

« 6月のエトナ山。 | トップページ | イタリアのハート、Perugia(ペルージャ)2。 »