« GiardiniNaxosのFesta。 | トップページ | 久しぶりにエトナ。 »

さよなら、BABILONIA。

Finito_top

3月15日から今日9月15日まで、ぴったり半年間通った学校ともお別れです。来たときはろくにしゃべれなかったのに、ま、今でもペラペラというわけではないけれど、何とか自分の言いたいことを言い、相手の気持ちを理解することができるぐらいになりました。何となく選んだ語学学校「BABILONIA」だったけれど、私はここに来て本当に良かったと思っています。左から2番目、緑のタンクトップが先生のジュージィ。私の後ろがギリシャ人だけどバルセロナに住んでるナタリー、その左隣がスペイン人でマドリッドに住んでるアルムデナ。この2人とはずっと連絡を取り合うと思うな。

Finito_rosemary_400先生がみんな若くて元気。友だちのように何でも言うことが出来て、冗談も言ったりして、日本の学校のイメージとは程遠いのだけれど私には合っていたようです。何でも自分から動かなくては前へ進まない。分からないことは分からないとはっきり言う。興味を持ったことがあれば自分から聞く。日本で受けていた受身の授業とは全く違います。私立の語学学校だからでしょうが、この姿勢は本当に勉強になりました。写真はイギリス人のローズマリー。前向きな人。なかなかしゃべれなくて落ち込んでたとき、よく慰められました。私はロンドンに行ったら必ず彼女のところへ行かなきゃいけません。

Finito_ole_tate1クラスは最大で10人。さすがに10人いると多すぎるけど、それはパスクワと7月8月だけで、あとは5~7人程度でした。これぐらいがちょうどいいかな。3月に来たばかりのときは3人なんて週が続いたけど、何しろ最初だったので決め細やかな心配りが助かりました。写真はデンマーク人のオーレ。生まれて初めて見たデンマークの人です、きっと(笑)。だって日本じゃ、なかなかいないでしょう?彼とは家族ぐるみで仲良くしてもらって、車で毎朝学校に送ってもらったり、家に招待されたり、まだ友だちがそんなに出来ていなかったころなので心強かったです。実は彼が学校を去る日、私は教室でみんなの前で泣きました・・・知らず知らずのうちに涙が出てきたので自分でもびっくりしたんだけれど。

Finito_anna_400私はこんな歳になると言うのに「Bambolina(お人形さん)」とか「Dolce(甘い)」とか「Tesoro(宝物)」とか呼ばれて、自分人生最大に可愛がられたような気がします。日本ではどちらかと言うと人の上に立って面倒を見るタイプでしたから。写真は最初、あまりの美しさにびびってたスウェーデン人のアンナ。態度も背もでかいけど、実は優しい人でした。いつも「YumiはDolceよね」と言っていろいろ面倒を見てくれました。彼女とも本当にたくさんの話をしたっけ・・・将来は東京に洋服の店を出したいと言ってます。

Finito_terrazza

この学校にはヨーロッパ中から生徒が集まって来ています。語学を学ぶためにだけに来た学校だったけれど、こんなふうにヨーロッパ中に友だちが出来たことは嬉しい誤算です。みんな未知の国「ニッポン」、世界の情報発信地「トーキョー」にすごく興味を持っています。彼らとよく笑い合って話していたのは、「Yumi、私がトーキョーに行ったら案内してね。でもそのとき私たちは英語じゃなくてイタリア語で話すんだね」。英語じゃなくてイタリア語でコミュニケーションをとる日本人とイタリア以外の外国人・・・確かにヘンですよね。

|

« GiardiniNaxosのFesta。 | トップページ | 久しぶりにエトナ。 »

コメント

ユミさん、こんにちは。
素晴らしく素敵な半年間を過ごせたようですね。
なんだか、いつも指をくわえてブログ拝見してたので、私までつられて寂しくなってきました。
tokyo戻ったらバリバリ復活ですか?
再会できる日を楽しみにしてます☆

投稿: tamura | 2006/09/16 01:10

Ciao TAMURA cian!
帰ったらホームパーティしようねぇ。
バリバリ復活できるかなぁ・・・お昼休み3時間ないとダメな体質になっちゃったし!

投稿: yumi | 2006/09/19 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/11870787

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、BABILONIA。:

« GiardiniNaxosのFesta。 | トップページ | 久しぶりにエトナ。 »