« トラットリア Il Gabbiano da Toni、再び。 | トップページ | ジャルディーニ・ナクソスのエノテカ、A Putia。 »

イタリアのバスルーム・・・ビデの使い方。

20_bagno_top

↓ローマ最新情報はこちらからどうぞ↓

https://www.facebook.com/yumitomo.roma

イタリアの普通の家のバスルームを見る機会なんて、住んでみない限りないに等しいですよね。なのでちょっと紹介します。そして、みなさんから本当にたくさん質問される「ビデ」使い方についても。上の写真は、クリスティーナと1週間だけ住んだ家のもの。今思えばこのバスルームがいちばん広かった!洗濯機もついていたし。奥がシャワーブース、トイレ、ビデ、洗面台、洗濯機。ここは「白」で統一されていて、清潔感あふれる空間になっていました。

20_bagno_maria

こちらは2週間ホームステイしたMariaの家のバスルーム。タイルの使い方などがかわいいと好評でした。奥がシャワーブース。ここは引き戸じゃなくて、カーテンでしたね。ちょっと狭かったけど、ま、女性のひとり暮らしなら充分なスペース。いつもピカピカに掃除されていて、気持ちが良かったです。

20_bagno_naxos

そしていちばん長く住んでいるFino di Naxosの家。ここは白に黄色がアクセントの、すっきりしながらもビビッドな空間。右端がシャワーブースで、トイレ、ビデです。

で、ビデの使い方。
1.手動ウォッシュレットとして・・・ま、詳しくは言いませんが、トイレのあと、ペーパーである程度拭いてから使います。この「程度」は人によるでしょう。ちなみにお湯はそんなに勢いよく出てくるわけではありません。蛇口の下の中央の穴から、ジョボジョボ出てきます。
2.寒い日のバスタブ代わりとして・・・寒い日に温かいお湯を溜めて、お尻や足をつける。足は分かるけど、お尻って・・・(笑)。私が読んだ本の著者によると、お尻をつけた瞬間、「ホッ」とするそうです。日本人にとっての、お風呂に足先を入れる瞬間と同じ感覚か?
3.シャワーの代わりとして・・・シャワーを浴びることができないときに、足を洗ったりビデとして使ったりします。
と言うわけで、どうにでもご自由にお使いください。そしてもちろん女性だけでなく男性も使うものなのです。決して「トイレ」として使わないでください!

シチリア旅行をお考えの方、ぜひこちらもご覧ください。
『シチリアを旅するなら。。。』
http://ameblo.jp/siciliano/
タオルミーナ在住のTOMOKOと2人でプチ旅行会社を始めました♪

↓ローマ最新情報はこちらからどうぞ↓

https://www.facebook.com/yumitomo.roma

|

« トラットリア Il Gabbiano da Toni、再び。 | トップページ | ジャルディーニ・ナクソスのエノテカ、A Putia。 »

コメント

チャオ〜ゆみーな!!(笑)
もうすぐ帰国やねー。充実してまっか?
さて、ビデ。(ヒデじゃないよ?)
私も長い間謎だったんだよねー。なんつーか使う意図はわかるんだけど、
どうやってアレに関わっていいかがわかんねーんだよね(笑)。
またがるのか?でもどうやって?とか思っていたんだよね。
でも、今日の説明でお尻をつける…とあったので、なんとな〜く
予想してみました。多分、これで合っているんだろうと思いまふ(笑)。

投稿: ゆこP | 2006/09/20 22:16

お久しぶりです!
バスタブないんですか??なんか北海道の社員旅行のホテル思い出します。バスタブと別にシャワーブースがあって。。
ビデがない家ってないんですかね。
文章読まずに写真だけすんごい見入っちゃいました。
トイレが二つあるのかと。
イタリア人は並んで入るのか~?って。(笑

投稿: 胡麻胡椒 | 2006/09/21 13:12

CiaoゆこP!
たぶんあなたの想像で合ってます。
またがる感じかねぇ、どっちが前かは定かじゃないんだけど。
人によって違うみたいです。

Ciao胡麻胡椒ちゃん!
バスタブがない家はあっても、ビデがない家はないとみた。
それぐらいイタリア人にとっては欠かせないものらしい。
でも人によっては全く使わなかったりもするようなんだけどね。

投稿: yumi | 2006/09/25 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/11895290

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアのバスルーム・・・ビデの使い方。:

« トラットリア Il Gabbiano da Toni、再び。 | トップページ | ジャルディーニ・ナクソスのエノテカ、A Putia。 »