« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

チャバッタを作りました。Ho preparato “Ciabatta”.

29_pane_top

Ancora ho andato al scuola di pane, e sta volta finarmente ho preparato il pane italiano “Ciabatta”. E’ molto semplice. Pero’ lo non possono guardare in Giappone.
前回は初回と言うことでロールパンしか作れなかったのですが、今回はいよいよ当初からの目的であるイタリアのパンに挑戦しました。この日はチャバッタ、日本ではあまり見かけません。

29_pane_2_tateIn Sicilia l’ho mangiato tantissimo, cioe’ nella trattoria, e nella casa...il manuale e’ molto facile, si usano soltanti falina e acqua e sale. Quindi nel ristrante non potuto mangiarlo.
バターやオリーブオイルを使わない、粉と水、塩だけのシンプルなパンで、手間もそんなにかかりません。何よりも成形がラク!伸ばした生地を、折って切るだけなんです。このチャバッタ、シチリアの家庭やトラットリアなんかで日常的に食べられています。リストランテだと、また違うものが出てくるんですけどね。バターを使っていたり、ドライトマトやオリーブが練りこまれていたり。


29_pane_3

Affettano la ciabatta cosi. In Giappone quando mangiano gli spaghetti oppure il risotto, normarmente non mangiano il pane. Perche si sembrano troppo pesanto per il nostro stomaco...
こんなふうに切って出します。スパゲッティやリゾットがあっても必ずパンは出てきます。イタリアの食事に、パンとワインは必須アイテム。そしてシンプルなパンは、お皿に残ったオリーブオイルやソースをつけて食べるのに、ピッタリなんです。

29_pane_4

In Italia quando fanno il pranzo e il cena bisogno il pane e il vino sulla tavola. Questo e’ molto importante. Come e’ cosi !!
イタリアにいるときは特に意識しなかったのだけど、写真を探してみたらありました! GiardiniNaxosのはずれにあるお気に入りのトラットリアのパンもこのチャバッタでしたね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

タオルミーナのBISTRO。BISTRO si trova vicino dalla nostra scuola.

23_bistro_top

Satomi ha participato una escursione che si beve i vini siciliani a BISTRO dove si trova vicino dalla nostra scuola.
まだタオルミーナで学校に通っているSatomiちゃんが、学校のワークショップでシチリアのワインを飲む会に参加したと、写真を送ってくれました。

23_bistro_formaggio

Lei ha bevuto bene Zibibbo per digestivo. Lo conosci ? Anche poteva mangiare un formaggio del pecorino fresco con pistacchio. Ho sentito che era buono ! Ma non possiamo comprarlo a supermercato... che peccato...
これは彼女が気に入った「PecorinoFresco(ペコリーノ・フレスコ)」。熟成させていないフレッシュなペコリーノ、羊の乳で作ったチーズです。ピスタッキオと一緒に食べたそうだけど、どんな味がしたのかな。スーパーマーケットで買うことはできない珍しいもののようです。あと、「Zibibbo(ジビッボ)」という食後酒も試したそうです。食後酒と言えば私はレモンチェッロ(レモンのお酒)、カンネッラ(シナモンのお酒)が好きで、あともうひとつ、Francescoの家でよくご馳走になってた・・・あぁ名前忘れちゃった(涙)、シチリア特産のハーブの食後酒。イタリア語では食後酒をDigestivo、消化剤と呼びます。たくさん食べた後に、これらのお酒を飲むと消化が促進されて次の日、胃にもたれません・・・不思議なんだけど、本当にそうなんです。

23_bistro_pizza

Questo e’ una pizza che ho mangiato a BISTRO. Era buonissima, mi piace BISTRO!!
この試飲&試食会は、学校のすぐ近くにある今年出来たばかりの「BISTRO(ビストロ)」というBarでやったみたい。いつも学校の帰りにピザを食べてたBarだ!と思い出し、写真を探してみたら出てきました。これがBISTROのピザです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

新鮮ハーブを使って・・・Il manzo e la saltimbocca.

16_vitello

Questo piatto ha preparato il manzo e le patate e le olive verude. Il contorno e’ i pomodori freschi con le erbe aromatiche “Taragon”. Lo profuma dolcissimo, mi sembra che si usano la salsa della insalata.
どうと言うこともない在り合わせ料理(汗)。でも盛り付けがかわいくできたので。牛肉をニンニクとオリーブオイルでマリネしたあと、ポテトとグリーンオリーブと一緒に塩とコショウで炒めました。トマトの上に乗ってるハーブはタラゴン。フレンチによく使われるハーブだそうで、甘い香りが特徴。

16_saltimbocca

La saltimbocca e’ molto famoso. La e’ il piatto tipico romano. Infatti si usano il vitello e il prosciutto crudo e “Salivia”. “Salvia” e’ le erbe salute, come medicina. Tanti anni fa romani utirizanno tanti perche la carne di solito non era fresca, quindi bisogno cosi come medicina.
「サルティンボッカ」。名前だけは聞いたことある人、多いと思います。子牛肉をたたいて薄くしてサルヴィア(セージ)を乗せ、さらに生ハムを乗せて焼いたものです。イタリア語で「Sal」ってつく言葉には「健康」とか「守る」というニュアンスを含むものが多いです。「Salvia」(サルヴィア)も「毒消し」効果からそんな名前がついたのでしょう。冷蔵庫のなかった時代、少し古くなった肉を安全に食べるための知恵が、この料理を作ったのですね。ローマの名物料理です。
左下は「牛肉のインボルティーニ」です。生ハムとイタリアンパセリとニンニクが入ってます。北では肉を、南では魚を使って、こんなふうに中に何かを巻き込んで食べることが多いです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

新鮮ハーブを使って・・・La frittata e gli spaghetti.

15_frittata

Questo piatto e’ la frittata del patate con il prezzemoro. Quando ho abitato in Italia, ho mangiato e anche ho cucinato moltissimo.
ポテトとイタリアンパセリを入れたオムレツです。イタリアでは北から南まで、このオムレツをよく食べます。両面しっかり焼いてあって、厚みはけっこう薄いですね。ピエモンテでは前菜の盛り合わせには、ほぼ確実にポテトだけのオムレツが入っていたような気がします。これにサルサヴェルデ(イタリアンパセリとアンチョビ、オイルがベースのソース)が添えられて出てくることが多かったです。

15_linguine

Le linguine della bietra e il pomodoro secco e il prosciutto. La ricetta di questo piatto e’ il mio originalio. Era buonissimoooo!!
ビエートラと生ハム、ドライトマトのリングイネ。イタリアの市場でもよく見かける巨大な葉っぱ。白い茎の部分はけっこうしっかりしていて、まるで白菜の軸のようなんですが、日本のものはもっと小ぶりでふわふわと優しい感じでした。リングイネはちょっと平べったいパスタです。普通のスパゲッティに比べると表面積が広いので、ソースの味を染み込ませるように料理すると上手に仕上がって美味しいです。

Presento il secondo a domani...
肉料理は明日・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新鮮ハーブをたっぷり使って。Si usano le erbe aromatiche fresche.

Questa fine settimana ho fatto i piatti. Quindi ho usato tante erbe aromatiche che ho raccoglito la settimana scorsa.
この週末は料理教室の試作と練習を兼ねて、ニイクラファームで仕入れてきたハーブや野菜を使ってたくさん料理をしました。いま、私の血液はほとんどハーブで出来ているに違いない・・・デトックス効果か、何となく肌の色つやもいいような気がします。

14_carpaccio

Questo e’ “Carpaccio pesci freschi alla pistachio”. Ma e’ un po’ particolare. Penso che assoltamente gli giapponesi piace questo piatto.
ルッコラをたっぷり使ったCarpaccio(カルパッチョ)、ま、お刺身サラダです。上にかかっているのはシチリア名産Pistachio(ピスタキオ)。ソースには、オリーブオイルにケーパーやオリーブなどを入れてみました。ルッコラをお刺身と一緒にバリバリほうばると、口の中から鼻にかけて強いゴマの香りがぷーんとただよいます。新倉さんのハーブは本当に元気です。

14_polpo

Questo e’ “Insalata di polpo”. Siusano prezzemoro e polpo e olio di oliva e limone...e’ molto semplice.
タコのサラダ。イタリアンパセリを刻んでタコと合わせ、オイルとレモンをかけただけ。新鮮な素材「命」の料理です。

Continuo a domani!!
続きは明日!!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

ハーブ農家に行きました。Il campo delle erbe aromatiche.

Erve_top

La settimana scorsa sono andata al campo delle erbe aromatiche. C’e’ a Tokyo...cosi il campo c’e’ a Tokyo, e’ meraviglioso!! Questa terra era buon profumo e bellissimaaaa!! Questo e’ “AnanasSalvia”. Il profumo e’ come un ananas.
先週、私のお気に入りスポットのひとつ、ニイクラファームに行って来ました。渡伊直前にお邪魔して以来、約1年半ぶりでしたが、新倉さんのハーブに対する知識が増えていてビックリ。日々、勉強されているご様子で、本当に頭が下がります。上の写真はパイナップルセージ。パイナップルの香りがするんです!花はサルビアみたいな、きれいな赤。そう言えばイタリアではセージのことをSalvia(サルヴィア)と言います。

Erbe_2

Questo e’ “Maggiorana”. Anche era buon profumo e dolcissimo.
スィートマジョラム。香水にしたいくらい、甘い良い香りがします。肉の臭み消しとしてハンバーグやソーセージに使うのが一般的ですが、サラダに混ぜてもいいようです。

Erbe_3

Questo si chiamano “PiantaCurry”. Il profumo e’ come curry! Che strano!!
。見た目はローズマリーのような針葉ですが、その名の通り香りは「カレー」なんです!本当に不思議なんだけど、しっかりカレーの匂いがします。ホワイトソースにカレーの風味を付けたいときなどソースの色はそのままに、香りだけをカレーにすることが出来て便利。カレー粉入れると何でも黄色くなっちゃいますからね。

Erbe_4

Mi piace questa verdura. E’ “CavoloNero”. Lo sai? Penso che possa comprare in Italia di piu’ facile.
私の今のところイチ押しは、イタリア野菜CavoloNero(カーヴォロネッロ)、黒キャベツです。強い味のする野菜で、私は小松菜を連想しましたが、これはケール(青汁にする野菜ね)のようなキャベツの原種だそうです。キャベツなのに、丸く結球していないでしょう? 私たちが食べているキャベツは品種改良されたものなんだそうです。

Erbe_5

Ho fatto un piatto. Gli spaghetti del cavolo nero e il pomodoro secco. Era buonissimo!!
さっそくこのCavoloNeroとシチリアから買ってきたドライトマトを使ってパスタにしてみました。ニンニクとオリーブオイルで炒めただけのシンプルパスタですが、野菜の濃い味わいに、帰国して以来初めて「あ!イタリアで食べていたのと同じだ!」と思える味になりました。イタリア料理はやっぱり素材が重要なんだなぁと改めて実感!

Erbe_6_400Questo e’ “Te’ erbe aromatiche”. Queste erbe sono “LemonGrass”. Il profumo e’ come limone.食後はレモングラスのハーブティでホッとひと息。5センチぐらいにカットして熱湯を注ぎフタをして蒸らすと、香りが充分に抽出された上出来のハーブティになりました。
ところで、このたびイタリアで勉強してきたことを生かし、自宅で料理教室をすることにしました! 普通の料理教室とはひと味違う、イタリアン・ラティーナの空気を感じられる場にしたいと思っているので、どうぞお楽しみに! ホームページは近々オープン予定です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

秋の花。Il fiore del’autunno Giapponese.

6_autunno_top

Questi fiori mi sono regarato da una mia amica. Lei e’ una insegnante di “Kado”, “Kado” e’ una forma tradizionale giapponese per decorare al fiore. Anche lei insegna a gli stranieri in inglese. Era una cose bellissima, anche tu pensi,no? Se hai interesse, guarda il suo web-site.
先日、お華の先生をしている友人が持ってきてくれた秋のアレンジメント。ススキとリンドウに黄色い菊、いえ、ガーベラかな?そしてこのツボミ状のものは何なのでしょう・・・飾るとたちまち、部屋の中に「秋」が忍び込んだようです。彼女は英語でも華道を教えているんです。私たち、国文科専攻だったのに、今ごろ英語だ、イタリア語だと言ってるなんて完璧に選択を間違えてますね(汗)。彼女のホームページはコチラです。

6_autunnoQuesto piatto e' il hamburghe alla noce di ginco. Lo sai ? In Giappone mangiano la noce di ginco nel’autunno...di solito noi sembramo al’autunno per la noce di ginco.
風情のある彼女と違い、私の秋は食い気で勝負。いつもの豆腐ハンバーグに銀杏を入れてみました。ね、ぐっと秋らしくなるでしょう?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

これからは、パンも作る。Ho fatto il pane.

Pane_1

Un giorno ho fatto il pane al scuola di pane con mia sorellina. Mia sorellina aveva fatto il pane tanti vorte, pero’ per me questo era prima volta...
妹が通っているパン教室に飛び入り参加しました。蒲田にある「Ble(ブレ)」。私はパンを作るのはこの日が生まれて初めてだったので、初心者用メニュー「テーブルロール」に挑戦。妹は普段からよくパンやお菓子を作っているし、この教室にも何回か通っているので、上級者向けの「セーブル・ノア」(写真手前)を。

Pane_2

Guarda! Impasto la pasta di pane...ma sembra che come giocare, no?
どう見てもパンを作っているようには見えない「こね」作業中の私。先生が「生地を手のひらで、台に思いっきりこすり付けるようにしてこねてください」とおっしゃるので、やっているんだけれど、なぜか子どもの粘土遊びのようになってしまう。奥でリズミカルに美しくこね作業をしているのは先生。本当はあんなふうにならないといけないらしい(汗)。

Pane_3

Pero’ quando ho fatto tutto il lavoro, finarmente cosi la pasta bella!!
でも先生の指導通りに順を追っていくと、約1時間後には、ついにこの状態まで行き着くことができました。2度目の発酵が終わって、あとは成形するだけの状態です。卵液を薄く刷毛で塗って、3つにはアーモンドスライスを、あとの3つはハサミで切れ目を入れ粉砂糖をトッピングしました。

Pane_4

La maestra far ha cotto al forno fra circa dieci minuti.
180℃のオーブンで10分焼いて出来上がり! 教室ではガスのオーブンを使っています。電気に比べると早いし、ふっくらと焼き上がるようです。一般家庭にはなかなかないけど、海岸501にはあるのですよ! これからはピザだけじゃなく、パンも焼いてみようっと。

Pane_5

Mia sorellina impasta la pasta di pane insieme le noci. Mi sembra piu’ difficile.
妹の作った「セーブル・ノア」はクルミ入りライ麦パンです。80%ほどこね上がった生地にクルミを入れて、こんなふうに混ぜ込みながら残り20%のこねを完成させます。柔らかい生地に固形物を練り込むのって、なんだか難しそう~。

Pane_6

Questo e’ “Il pane di Segale Noce” che ha fatto mia sorellina.
芳ばしいクルミの香りが漂ってきたら焼き上がり。先生曰く「セーブル・ノアにはクリームチーズが合うのよ~」。あぁ、そうでしょうとも。これにチーズをたっぷりつけたら、さぞかし赤ワインがすすむでしょうねぇ。

Pane_7

Questo e’ “Il pane di burro” che ho fatto io. Il gusto e' come la brioche.
私の作った「テーブルロール」。バターの風味がけっこう強くして、ブリオッシュみたいな感じでした。シチリアではジェラートを挟んだり、グラニタにつけて食べたりしたなぁ。

Pane_8

Granita con brioche!! Ricordate tutti?!
こんなふうにね! 先日Satominaが送ってくれた写真を借用させてもらいました。さすがに11月に入ったし、もうお店にも置いてないよね?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »