« セレブな学びの空間、「森羅塾」。 | トップページ | なつかしの「つばめグリル」。 »

畑仕事のあとに…。

Top

土に戯れて働いたあとはゴハンが美味しい。しかも、こんなに野菜の豊富な美しい料理の数々。これらはすべて千葉にある農家「みやもと山」さんが、援農に訪れた人たちのために用意したものです。

Campo1Campo2

この日は取材でお邪魔したんだけど、広い畑の大豆、すべてを収穫しなければならないということでお手伝い。かなり一所懸命やってます。気づかぬうちにカメラマンに撮られていた(汗)。抜いた大豆は腕で抱えられるぐらいの量を、黒いビニールひもで束にします。それを重ねて保管し、さらに1か月ぐらい乾燥させて脱穀したものをお豆腐やお味噌に加工するのだそうです。

Mame1Mame2

最初は「なんでこんな枯れた畑に?」と思ったけれど、これぐらい枯れて乾いてないと、張った根を土から引き抜くことはできないでしょう。真上じゃなくて、少し斜めに引くのがコツ。

EngawaEngawa2

畑仕事が終わると、こんなふうに縁側に並べられた料理を好きなようにいただくことができます。すべて手作り。そしてどれもが、かなり美味しい。


Mio1Mio2

ここでは「マイ箸マイ食器」が奨励されているので、みなさん思い思いの容器に料理を並べていきます。どの器もステキでしょう?

Anatra

唯一の肉類は、田んぼで飼われていた合鴨の炭火焼き。夏のあいだ田んぼの虫や草を食べたこのお肉は、しっかり噛みごたえがあって、ジビエの野性的な味がするんです。3、4枚も食べればもう満足。本来お肉とは、こういうものなんですよね。

MociMoci2

こちらは「みやもと山」の斎藤さんご夫婦。息のあったもちつきに、周囲からは喝采が…。玄米のおもちなので、ほんのり茶色いです。

Miso

手作りのお味噌。お土産に買って帰りました。このお味噌で作ったお味噌汁は甘くて、具にした野菜の美味しさが引き立つような気がします。

Fine

夕方、風も冷たくなったころお開きとなりました。この収穫体験イベントは、NPO「トージバ」さんの「大豆オーナー制度」の一環。詳しくはこちらのページをどうぞ。
2008年度のオーナー募集は、4月19日「アースデイ」から始めるそうです。

|

« セレブな学びの空間、「森羅塾」。 | トップページ | なつかしの「つばめグリル」。 »

コメント

ご無沙汰してます。
すごいですねえ〜奇麗だし美味しそうだし!羨ましい〜。
私も今,近所の農園に畑作りを習いに行っているのですが、午前中3時間だけなのでおやつ頂いてます。
農家では、どこでもこうして働いた人にふるまうんですね。
楽しく働いて食べて...というの、生きてる感じがします。

あら、ココはお酒まで(笑)


投稿: 木元 | 2008/03/27 14:31

画面見てるだけで深呼吸できますよ~

いいなぁぁhappy02
自然に触れたいぃwobbly

投稿: sabo | 2008/03/27 19:58

Ciao 木元センセ!
畑仕事して、みんなで食べる…きれいな循環ですよね。
畑ではどんなものを作っているのかしら。1年続けると、大地とのかかわり方が分かってますます面白くなるんでしょうね。

投稿: yumi | 2008/03/28 13:27

Ciao saboちゃん!
ごぶさた~。
この畑に来てた人達も、土に触れて自分を取り戻すって言ってたわ。東京で仕事してると、本当に土にさわることってないものね。
PCやらケータイやらで溜まった電磁波を、たまには土に触れてアースしたほうが体調もいいかもね!

投稿: yumi | 2008/03/28 13:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/40617518

この記事へのトラックバック一覧です: 畑仕事のあとに…。:

» まずはご覧になって判断してください!画質もアングルもバッチリです。事務所内で安心しきっている彼女たちの表情までバッチリです! [業界騒然・・女子アナ流出画像]
フリーアナ所属事務所セイン○フォース。大活躍中の彼女たちの宣材写真撮影時の着替え [続きを読む]

受信: 2008/03/30 11:56

« セレブな学びの空間、「森羅塾」。 | トップページ | なつかしの「つばめグリル」。 »