« 海辺のホテルでまったり。 | トップページ | ついに畑へ移ったレストラン。 »

美味しいものを食べに勝沼へ行こう。

Sepage

勝沼ぶどう郷駅から歩いて5分ほど。甲府盆地を見渡す高台に、そのレストランはありました。町営のカンティーナもいいけど、やっぱり本格的な料理でワインを楽しみたい!と思い、丹念にリサーチして行ったのです。

Sepage1

私たちはプリフィクス・スタイルにして、ボードに書かれたリストの中からそれぞれ好みのものを選びシェアしました。たくさんのお皿を食べられて、お得な気分。まずは前菜から、「サバの白ワインマリネ」。しっかり肉厚のサバは、お酢できっちりしめられているので臭みがまったくありません。キリリと冷えたスプマンテにぴったりです。

Sepage2

「イタリア産生ハムのサラダ」。コッパですね。「ぶどうの丘」と同じく、葉物野菜が美味しい。大きなコッパが2枚、香りの良いオリーブオイルがかけられています。

Sepage3

「ノルウェー産サーモンのマリネ」。これはちょっと残念だったかな。生臭みが抜けてなくて。野菜の上に乗せずにサーモンだけを、レモンやケーパー、玉ねぎと一緒にシンプルにいただいたほうが良かったのかも。

Sepage4

いよいよメインです。どれも秀逸。お世辞抜きにもう1度行きたいと思う皿の数々でした。まずはお店イチ押しの「甲州信玄豚のシュークルート」。皮目はバリッとしてて香ばしく、中の肉はジューシーで、とにかく香りが良いのです。素材の良さもあるだろうけど、シュークルートとの組み合わせや盛り付けなど、非の打ちどころなし。

Sepage5

「牛ほほ肉の勝沼産赤ワイン煮」。濃厚なソースは味、香り、テクスチャーまで素晴らしく、添えられたマッシュポテトまで大事に味わいつくしたくなる、ブラーボなひと皿。お肉の美味しさはもちろん、周りに添えられているものとの相性がバツグンなのです。

Sepage6

「網走産ホタテの焦がしバターソース」。香ばしいパン粉とバターの風味が、ふっくら焼かれたホタテによく馴染んで、魚介なのに赤ワインとよく合いました。バターソースってこんなふうに焦がすと、一段と味に深みが増すんですね。

Sepage_vinoメインのワインは「山梨ワイン」というカンティーナの「カベルネ・ソーヴィニヨン」。そのまんまじゃん!と突っ込みを入れたくなりますが、まさにそうとしか言いようのないワインでした。ぶどうは手摘みしてて、なんと限定1756本。祝地区というところの七俵地畑で収穫されたぶどうだけを使っています。2007年の国産ワインコンクールで金賞を受賞したそうです。今回山梨で飲んだ数知れないワインで、いちばん美味しかったです。調べたけれど、すでに完売(涙)。まさに一期一会なワインでした。

Sepage7Sepage_cafe


セパージュ このあたりにしては珍しいのではないでしょうか…ラストオーダーは23:00。新宿から1時間と少しで行けるので、金曜の夜、仕事帰りに行って食事をして、温泉宿に泊まって朝ごはんを食べてもまだ土曜日の朝…そんな週末を過ごしたいなぁ。

|

« 海辺のホテルでまったり。 | トップページ | ついに畑へ移ったレストラン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/40350384

この記事へのトラックバック一覧です: 美味しいものを食べに勝沼へ行こう。:

» 砂時計 [砂時計]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008/03/22 05:08

» 楽天 ネックレス [楽天 ネックレス]
とうとう読み切っちゃったので、トラバさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2008/03/22 10:40

« 海辺のホテルでまったり。 | トップページ | ついに畑へ移ったレストラン。 »