« 最近のお弁当。 | トップページ | 麻布黒美水温泉「竹の湯」で、お肌ツルツル。 »

ボローニャから来るシェフに教わるボロニェーゼ。

Tagliatelle_ragu_blog

イタリア北部の食通の町と言えば、パルマ、ボローニャですね。そしてボローニャと言えば、ボロニェーゼ! ミートソースです。私が子供のころは、パスタと言えば「ナポリタン」か「ミートソース」しかなかった(!)けど、私は断然ミートソース派でした。子供のころから大好きだった、そのボロニェーゼを本場のシェフから教えてもらえる機会に恵まれるとは、あ~、生きてて良かったって感じです。

Abettini教えてくれるシェフは、ボローニャ郊外にある「アメリーゴ」というトラットリアの、アルベルト・ベッティーニ氏。ミシュラン星付きです。もちろんスローフード協会の発行する「Osterie d’Italia」にも載ってます。トリュフ料理で有名なお店だそうですが、今回私たち、スローフード協会で企画したのは「ボロニェーゼと手打ちタリアテッレ」の料理教室です。ボロニェーゼに使うのは、岩手の素敵なお肉「日本短角種」。赤身のしっかりした、イタリアの肉に近い味がする肉を選びました。日本で美味しいとされる脂のさしの入った肉は、イタリアではほとんど見かけませんね。
このお料理教室は4月15日(火)に実施されます。興味のある方はコチラをご覧になって応募してくださいね。

|

« 最近のお弁当。 | トップページ | 麻布黒美水温泉「竹の湯」で、お肌ツルツル。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/40567149

この記事へのトラックバック一覧です: ボローニャから来るシェフに教わるボロニェーゼ。:

« 最近のお弁当。 | トップページ | 麻布黒美水温泉「竹の湯」で、お肌ツルツル。 »