« 美味しいものを食べに勝沼へ行こう。 | トップページ | お台場で中華。 »

ついに畑へ移ったレストラン。

1

前から通っていた野菜料理の美味しいレストラン「La毛利」が、ついに畑へ移動してしまいました。毛利シェフがもともと通っていた白石さんの運営する農園「風の学校」のとなりです。
この日は「東京近郊の大根」の取材で行ったので、白石さんにお願いしてとって置いてもらった、「練馬大根」のフルコースです。「練馬大根」はもともとたくあん漬け用の大根なので、こんなふうに料理に使うことはほとんどないんじゃないかな。ピュレにした大根にオリーブオイルと黒コショウをかけて。ふんわりやさしい味わいです。

2

スープは「バターナッツかぼちゃのポタージュ」。となりの細長いのが「バターナッツ」です。見た目のカタチと、バターのようにこっくり深い味だから、こんなネーミングなんでしょうね。人工的じゃない甘さがとても美味しかったです。

3

前菜の盛り合わせは、野菜たっぷりのひと皿。保谷駅にあったときからの紫キャベツのマリネも健在で、ちょっと懐かしい。上にふんわり乗っているのが「練馬大根」。たくあんにするぐらい繊維のしっかりした大根なので、こんなふうに繊維を断ち切らないようにたてに切ると、シャキシャキした歯ごたえを楽しめます。野菜を知り尽くした毛利シェフだからこそできるシゴトです。

4

鶏ひき肉と「練馬大根」のスパゲッティ。角切りにしてスープで煮た大根と葉が、滋味深い鶏の味とあいまって、体の芯から温まるパスタになってます。コンソメキューブを使えば家でもできそうだけど、やはり素材を吟味しないとこの味にはならないでしょう。

5_2

メインのお肉の上に乗っているのは、お肉を煮込んだスープで味付けした「練馬大根」。菜花を茹でたものが添えられて、さっぱりといただくことのできる肉料理になっていました。

6店内は木をたくさん使った居心地の良い空間になっています。この椅子もオリジナルで、白石さんや毛利さんが相談して、野菜をモチーフに作ったそうです。背もたれに葉っぱが彫りこまれていて、「野菜のレストラン」にふさわしいデザイン。
窓の外には「風の学校」の穏やかな畑の風景が広がります。テラスもあるので、夏場は外で食事をすることもできるそうです。一緒に取材に行ったライターと、「初夏の夕方、よく冷えたビールを片手に、畑で採れたばかりのまだ若い枝豆なんかをつまみに一杯やったら、どんなにステキだろうねぇ…」とシミジミ語り合いました。
La毛利
最近とても混んでるそうです。必ず予約を入れてから行ってくださいね。

|

« 美味しいものを食べに勝沼へ行こう。 | トップページ | お台場で中華。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/40429692

この記事へのトラックバック一覧です: ついに畑へ移ったレストラン。:

« 美味しいものを食べに勝沼へ行こう。 | トップページ | お台場で中華。 »