« 房総のメルカート。 | トップページ | 神田の路地裏、「周」。 »

房総の味。

Hotel1

お刺身のツマにも「エディブルフラワー」。春の房総は、お刺身ですら春色になっています。今回の房総の旅で思ったのは、なぜか房総のお刺身は切り身のひとつひとつが大きいってこと。これ、1人前なんですよ・・・これでお腹いっぱいになるほどです(汗)。

Hotel2

しかし、次から次へと出てくる出てくるコース料理。「伊勢エビの鬼がら焼き」。房総でも獲れるんですね。そういえば、房総ではフグも獲れますね。前に漁師民宿で、1泊2食1万円ちょっとだったのに、素晴らしいフグのフルコースをいただいたことがあります。豊かな海なんですね。

Hotel3

「里見豚の陶板焼き」。里見八犬伝の「里見」の銘柄豚だそうです。1度蒸してあるのかなぁ、とにかく柔らかい。脂身もさっぱりです。

Hotel4_2

泊まったホテルではフレンチか和食のコースを選ぶことができて、私は和食をお願いしたのだけれど、なぜかこんな魚料理も出てきました。普通に煮付けとかが食べたかったので残念だぁ(涙)。
これで不定期に続いた房総の旅の報告はおしまいです。もうすっかり「春」じゃなくて、「初夏」ですね。

|

« 房総のメルカート。 | トップページ | 神田の路地裏、「周」。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/41041327

この記事へのトラックバック一覧です: 房総の味。:

« 房総のメルカート。 | トップページ | 神田の路地裏、「周」。 »