« 房総、春の海の味。 | トップページ | アースデイ東京2008。 »

房州ラーメン。

Bongole

「房州まるごとラーメン」と言います。1日限定30食。ハマグリがたっぷり入ってます。そしてスープが、普通のラーメンじゃないのです。鶏がらベースに、千倉で獲れた伊勢海老、アジ、こんぶ、カニ、そして房総の野菜をたっぷり入れて、アルカリイオン水で仕込んでいるそうです。さっぱりしてるけど味が濃い、クセはないけど個性的な、1つのスープに対極のほめ言葉が似合う、そんな味です。ふだんはラーメンのスープなんて絶対に飲まないけど、これはすべていただきました。

Maiale

こちらはユースケが入るなり、「ネギチャーシューって、チャーシュー厚切りにできますか?」とお店の人に確認し作ってもらったもの。しょうゆベースです。先のしっかりしたスープを使っているせいか、こちらはけっこう塩気を感じる濃い味になってます。漁の後、たっぷり労働した漁師さんが食べるにはピッタリな感じです。

Bousyu

お店の名前も「房州ラーメン」。 道路をはさんで反対側には田植え前の、なみなみと水を張られた水田が広がります。

|

« 房総、春の海の味。 | トップページ | アースデイ東京2008。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/40898234

この記事へのトラックバック一覧です: 房州ラーメン。:

« 房総、春の海の味。 | トップページ | アースデイ東京2008。 »