« 週に1度のSerataGiapponese。 | トップページ | イタリア式の床掃除。 »

洗濯日和。

625lavare1

ただいま一時帰国中。あいかわらずの梅雨空で、洗濯物が乾かなくて大変ですね。シチリアの太陽を分けてあげたいです。はっきり言って暑過ぎ、強過ぎ(汗)。このくっきりした影を見てください!

625lavare2

ちなみにこれは、イタリアでよくみかける洗濯物干し。黄色いポールは2本を重ね合わせるように閉じ、左右の羽を内側に折りたたんだら、すべてをポールに重ねて1枚の板のようにして収納することができます。ぜひ日本に持って帰りたい逸品。あ、IKEAに売ってるかなぁ。

625lavare3屋上にも洗濯物。海から吹く風が、山の木々の間を抜けるように通り過ぎていきます。こんなふうに風のある日だったら、ゆうに2時間はかかる洗濯機が2回目の仕事を終えるころには、厚手のタオルもキッチリ乾きます。そう、イタリアの洗濯機はなぜか異常に時間がかかるのです。日本だけが早いのかと思い、リトアニアから来てる女の子に聞いてみたら、「うちのは40分で終わるわよ」とのこと。やっぱりイタリアだけかしら。こちらは洗濯するときの水温にこだわるから温度調節に時間がかかるのかなぁ…なんだか電気消費量も多そう。イタリアの洗濯機の詳しいことはコチラをどうぞ。3年前のピエモンテ州Braでの生活の様子です。

625lavare4

さらに洗濯物の干し方にもイタリア的なこだわりが…。長いものを干すとき、日本だったらたいていの人が、洗濯物のまん中が物干しにくるようにして折りますよね。イタリアではこんなふうにどちらか一方の端をピョコッと小さく折り曲げ、洗濯物をひっかけるようにして干します。なるべく太陽がまんべんなく、たくさん当たるように。たしかに理にかなってる気がします。洗濯物が乾きにくい日本こそ、この方法で干したほうが乾きが早いかもしれませんね。

|

« 週に1度のSerataGiapponese。 | トップページ | イタリア式の床掃除。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/41623464

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯日和。:

« 週に1度のSerataGiapponese。 | トップページ | イタリア式の床掃除。 »