« レモンのハンバーグ。 | トップページ | タオルミーナのPizzeriaピッツェリア。 »

謎の日本人、ケミ・サキコ。

725_saki_parazzo

うちからMadonna della roccaマドンナ・デラ・ロッカへ行く途中にある大きな古びたお屋敷。時代がかった雰囲気のすてきな建物で、刻印を見ると1933年に建てられたもののようです。眺めの良さそうなテラスには海に向かって女神の彫刻が4つあり、これまたステキ…。そしてよーく見てみると、左上に日の丸が!

725_sakiさらにお屋敷のプレートには「VILLA SAKIKO CHEMIヴィッラ・サキコ・ケミ」と書かれています。計見早紀子?毛見咲子? 1933年にタオルミーナに住んでいた日本女性がいたのかしら?それもこんなすてきなお屋敷に…お金持ちのシチリアーノに見染められて、このお屋敷をプレゼントされたのかしら…誰からもそんな日本人がいるなんて聞いたことないけど…まだご健在だから日の丸が飾ってあるの?日本を思いながらどんな暮らしをしてるんだろう…。 思いっきり妄想がふくらんだあと、トモコ&ニーノに聞いてみたら…。

725_saki_chiemi

タオルミーナのコルソ・ウンヴェルトにあるお菓子屋さん夫婦が、昔、日本に旅したとき連れて帰って来た子供の名前であること、そしてその子に日本風に「サキコ」と名づけたこと、でも彼女はいまはローマに住んでいることなどを聞きました。それでもじゅうぶんドラマティックな人生だけど、ちょっと気が抜けちゃったのも事実(汗)。誰もが立ち止まって見る、そのお菓子屋さんのショーウィンドウ。たしかに「CHEMIケミ」って書いてある~。今まで気づかなかったなぁ。

|

« レモンのハンバーグ。 | トップページ | タオルミーナのPizzeriaピッツェリア。 »

コメント

謎の日本女性がそこに住んでいたら楽しかったのに残念ですね。
でも日本から子供を連れ帰ってくるってすごいなー。
いつの時代かわからないけど、そう簡単ではなさそう。
お菓子屋さん、外観かわいいですねー。
ああ、ピスタチオ系ドルチェが食べたい。

投稿: リコ | 2008/07/27 21:06

Ciao リコさん!
でしょ?密かに住んでいたら本当にステキだったと思うのよ~。
このお菓子屋さん、夏場の稼ぎ時には深夜2時近くまで営業してる日もあります。ぜひどうぞ~。

投稿: yumi | 2008/07/27 22:21

Chiao!ゆみさん
このお菓子屋さんみましたよ.
ついでにあのお屋敷も見覚えが!!!
ドラマですねぇ・・・

投稿: あきこ | 2008/08/27 11:01

Ciao あきこさん☆
そう、ドラマみたいなお話です。
実はこっちのお菓子屋さんは親戚で、もうひとつ先の角にあるのが彼女のところでした(汗)。

投稿: yumi | 2008/08/27 17:31

おおっと,Ciao のスペルまちがってましたね・・・bearing
スミマセン

ありゃ,お店,ちがってたんですかぁ・・・
でもたぶん,そっちのお店もみたとは思うのですが私も.
ただショーウィンドウの中しか写真とってないので,
篭盛りのアーモンド菓子(えっと,名前が出てこない・・・)だけで,
店構えの証拠写真はとってなかったんですけどね・・・
あ,どうでもいいですね・・・coldsweats01

ほんと,Taorminaいいですよねぇup

投稿: あきこ | 2008/08/28 16:58

Ciao あきこさん☆
アーモンド菓子、Pasta di mandorlaかなぁ。
そのお菓子屋さんは1963年創業でタオルミーナでいちばん古いそうです。

投稿: yumi | 2008/08/29 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/41963051

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の日本人、ケミ・サキコ。:

« レモンのハンバーグ。 | トップページ | タオルミーナのPizzeriaピッツェリア。 »