« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

全国から美味しいもの。

Asparaghi

仕事がら、オフィスには全国からいろんな方が打ち合わせにいらっしゃいます。そしてなんだかお気遣いいただきすみませんねぇってぐらい、みなさんいろいろお持ちくださいます。こちらは長野県飯山からのアスパラガス。わざわざ前日取りに行ってくれたんですって! 

Dolce

宮崎からマンゴー味のレアチーズケーキ。チョコやスタンダードもあります。しっとりねっとり美味しい!
小さな丸いのは、仙台の「白松がモナカ」。小粒でも味はそのまま。さすが老舗。

Daniel

神戸のダニエルという洋菓子屋さんの「うなぎの寝床」という焼き菓子。

Daniel2

切り口はこんな感じ。ぎっしり詰まったチョコレート生地。香りが良くて美味しかった~。

Komati

秋田こまちの半生パスタ「こまち麺」と、秋田のお母さん手作りの「完熟トマト桃太郎ケチャップ」。これでナポリタンを作ろうと思いつつ、まだです。今週末こそ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

みなと食堂。

200905121239000

みなと食堂と命名しました。とある桟橋の入口にある大衆食堂。ポテトサラダつけて750円。ミックスフライって自分じゃ作らないメニューだな。たまに無性に食べたくなるもののひとつ。子どものときは大嫌いだったのに。

200905121252000

私はいつもゴージャスなリストランテで食事してるわけじゃないんですよ。大食いなので、実はこんな食堂の丼ごはんが大好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TokyoBayピクニック。

Picnik2

ピクニックに行ってきました!城南島海浜公園。やっぱり素晴らしいロケーションでした。すぐ前が海岸なので、素足でパシャパシャしたあとは、砂浜で大の字になって昼寝。。。あ~、しあわせな週末でした。

Picnik_cibi4_2

スローフードピクニックだけあります。みなさん腕をふるってくださいました。この朝穫れルッコラの美味しかったこと!

Picnik_cibi3

中国生活の長かった方は、中国式のピンを。粉が力強い。これは主食としていただくものらしいです。おにぎりの代わりにピッタリ!

Picnik_cibi1

秋田の完熟トマトで作ったケチャップを味わうための、ピカタ(笑)。それぐらい、美味しいケチャップでした。

Picnik_cibi2

ズッキーニとナスのグリル、オイルマリネ。いーなー、グリルパン。この美味しい焦げ目は、やっぱりこれじゃないとね。欲しいな。たぶん買っちゃうな。

Picnik_cibi5

デザートのマンゴープリン! かなり飲んだ後なのか?写真がぶれちゃってる(涙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソトビールの日々。

200905121331000今年はお花見シーズンに友人と、「やっぱりビールはソトで飲むに限るよね」と盛り上がり、今年の夏は日本にいなくちゃだし、せめて日々の生活を楽しむべく、せっせとソトビール中です。ここは横浜のBankARTっていうところ。


200904221712000池袋の裏通りで。世界のビールが何でも500円だった!ヨーロッパセット、アメリカセットなんていう3本1,500円なんて楽しい仕組みもあり。ソトビールの基本はまだ明るいうちに・・・というのが、なんとなく自分の中にあるんだけど、なんでだろ。

818bar_topヨーロッパの夏は夕方が長いからかな。そしてオープンエアの空間がたくさんあるからかな。イタリアにいるときは、ソトビールではなく、ソト「プロセッコ」率が高くなります。乾燥した空気には、泡ものが合いますね。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

横浜の、小さな素敵な映画館とカフェ。

Cinema

京急の黄金町駅の近くに「ジャック&ベティ」という小さな名画座があります。先日スローフードの打ち合わせで行ったのですが、こじんまりして落ち着く空間に、ちょっと場末な雰囲気がなかなかよろしい。日比谷や銀座のババーンとしたところで観た映画と、こんな小さな素敵な映画館で観た映画と、どちらが心に残るのだろう。。。

Cinema2_2

打ち合わせのあとはもちろん映画鑑賞です。だってシートの感覚とかチェックしないとねbleah 『食客』という韓国映画を観たのだけど、料理シーンが満載で、笑いあり涙ありのなかなか面白い内容でした。これを観て韓国料理食べたくならなかったら、変だと思うわ。それぐらい、美味しそうな映画だったんです。こちらでは29日(金)までなので観たい方はお急ぎください。

Cinema_carry

映画のあとはカレーをいただく。。。このチキンカレーがまた忘れられない美味しさです。スパイス使いが絶妙なの。私好み。

Cinema_cafe

入ったカフェ「HappyGarage」の外観。「ジャック&ベティ」のオフィシャルカフェだそうで、チケットの半券を持っていくとちょっとしたサービスがあるそうです。休日にはこのキッチンカーが出動するそうです。そう、このカフェはこのキッチンカーのガレージというワケ。

Cinema_caffe1

キッチンカーから出てきたステキなエスプレッソ。この器、かなりかわいいですよねぇ。
久々に横浜って言うか、伊勢佐木町、黄金町エリアでのんびりしたけど、ふだんは夜しか行かないからねぇ。昼間はホノボノ健全で意外な発見でした。引っ越したい町、No.3ぐらいになりました。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

これなーんだ。。。Nduja

Nduja

これ、なんだと思いますか?
名前は「Nduja(ンドゥイヤ)」。って、名前を知っても分からないですよね。カラーブリア名物です。

Uduja2

豚肉と唐辛子、塩を混ぜて腸詰にして熟成させた「サラミ」なんです!ものすごく辛いです。ちょっと酸味があって辛くて肉の風味も少しだけします。テクスチャーはねっとり系。強いて言えば新潟の「かんずり」。アレです。塩、酸味、辛さはほぼ同じ感じ。肉の風味がこってりするところが違うぐらいです。
パンにぬったり、炒めものの隠し味にしたりして食べるそうです。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

ケーパーの花。

24cappero

ケーパーは、スモークサーモンにのっている、ちょっとクセのある酸っぱい緑色の小さい粒。イタリアではCapperiカッペリと言います。このきれいな花は、ケーパーの花です。オリーブのように地中海性気候に属した植物で、初夏から夏にかけてよく見かけます。海沿いの崖とか。つぼみの状態で収穫し、塩漬けにしたり酢漬けにしたりします。

24cappero1シチリアで売っているものは、ほとんどが塩漬けです。食べる前にお水にさらして塩抜きします。20分ぐらいはさらしておかないと塩辛くて食べられません。かと言って、あまり長い時間さらすと今度はカッペリの風味が消えちゃうし…なんとも悩ましい食材です。シチリアとイタリア本土の間のメッシーナ海峡にある、パンテレリア島のものが最高に良いものとされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Salone2007

Salone_zuppa
先日打ち合わせで、横浜にあるリストランテ「Salone2007(サローネ・ドゥエミッラセッテ)」に行ってきました。打ち合わせの前に、もちろんランチ・・・せっかくですからね。
まずは群馬の農家から取り寄せられた新玉ねぎのスープから。甘くて濃厚。空っぽの胃にやさしく沁みわたります。

Salone_antipastimisti
このお店の方々に会うのは実はこの日が2回目。というのも前身にあたるお店が銀座にあって、当時シチリアから帰国したばかりでヒマでプラプラしてた私は、ある不思議な看板を見つけたのです。
前菜は盛り合わせ。右上のグラスに入ったオレンジ色のは人参のムースです。タラゴンの風味が絶妙にマッチして、やっぱり樋口シェフの味覚センスってすごいなぁと感心。

Salone_primo
その不思議な看板に文字はいっさいなく、ただ、シチリアの島の全体図が書いてあるだけ。銀座の裏通りで、しかもビルにつけられた小さな袖看板のこのカタチを見て「シチリアだっ!」と分かる人が、いったい何人いたことでしょう。
プリモは兎のサルシッチャのタリアテッレ。秋田の野うさぎをさまざまなハーブと一緒に混ぜて、1週間ほど寝かせたサルシッチャを、トマトとラグーにしてあります。

Salone_secondo
看板に誘われ細い階段を2階に上がり、おそるおそる扉を開けたらあったのが、小さなリストランテ。お店の人に聞いたら、シチリア料理の専門店なんですよと言われ、その場で予約を入れたのが約3年前です。
さて、セコンドはお魚に。ケーパーやオレンジ風味のオリーブオイルが使ってあって、シチリアの風を感じます。

Salone_vino
その日、すべての料理を食べ終わったあと、私がシチリアから帰ったばかりと聞いたシェフが奥から出て来てくれました。PiazzaArmerina(ピアッツァ・アルメリーナ)で修行していたそうで、私もその夏ちょうど行ったばかりだったので、すごく盛り上がったのを覚えてます。
この日のワインは最近「ロゼ」にはまっているとお任せしたら、なんとネッビオーロというバローロになるブドウ品種で作られたものでした。「アルカディア」。。。味はロゼなのに、香りがバローロ!なんて贅沢!

Salone_pomo
お皿はまだまだ続きます。なんとこれらの料理の最後に、トマトソースのパスタを、自分の好みの分量のスパゲッティで作ってもらえます。オイルのたっぷり入ったシチリア仕込みのトマトソースが最高に美味しく、80グラムのスパゲッティもペロリといただけてしまうほど!このスタイル、銀座の時から変わりません。

Salone_dolce
そういえば、PiazzaArmerinaには、世界遺産のVillaRomanadeCasale(ヴィッラ・ロマーナ・デル・カザーレ)という、モザイクで有名な1700年ぐらい前の建物があります。お時間のある方はコチラの過去ログをどうぞ。自分でも久々に見たけど、すごいです。そしてこのPiazzaArmerinaで買った「100年前のレモン絞り」もぜひ。
さぁ、ランチコースもドルチェとカフェで終わりです。このランチ、ものすごいお値打ち価格です。夜は値段が上がるけれど、料理の世界感がまったく異なるとのこと。というわけで、今度は夜行きます。ゼッタイ。

Salone2007
www.salone2007.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーブ料理。

Erbe1

先日、西東京にあるハーブ園に行ってきました。ここは日本におけるハーブ栽培の、ほぼ草分け的存在だと思います。特筆すべきは、名だたる有名シェフたちがここのハーブを好んで使うこと。それぐらい、ヨーロッパで使っているハーブに近い風味があるのです。
「ナスタチウム」。花も葉っぱも食べられます。まるでわさびのような辛みがあります。

Rucola

「ルッコラ」です。花ももちろん食べられます。見事にゴマ風味がして本当に不思議。

Erbe2

「チャイブ」です。こんなに可憐な花が咲くなんて知りませんでした。でも食べるとやっぱりネギみたいな味がしました。

Erbe3

「ルリジサ」と言います。このハーブ、不思議なことに「牡蠣」の味がします。ミルクっぽい風味と口に広がる潮の香りはまさに「牡蠣」。

Erbe4

「バーネット」。かわいい葉っぱですよね。これはキュウリの味がします。

0429foccaccia_dopo

いただいたハーブでさっそく料理。こちらはローズマリーのフォカッチャ。

0429frittata

タイムを刻んでフリッタータに。やっぱり香りが良いと、ひと味違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »