« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

未来の食卓で、子供料理教室☆

Mirai_fogliaフランス映画『未来の食卓』。フランスのとある村の人々が、自分たちが子供たちにできること=良いものを食べさせること、ということで村の学校給食をすべてオーガニックなもので提供しようと奮闘するようすをドキュメンタリーで撮ったものです。8月8日から都内で一般公開されますが、それに合わせステキなイベントが開催されることになりました。

Mirai_keyaki

新宿御苑近くにある、庭付きイベントスペースで実施される「ケヤキ・ガーデンフェスティバル」です。

Mirai_curry

スローフードTokyoBayでは、この会場内で子供向けの料理教室と味覚教室を運営することになりました。人が舌に味を感じるための触覚のような役割を果たす味蕾(ミライ)。実はこのミライ細胞の数がピークに達するのが8歳ごろ。 そのため、遅くとも10歳ごろまでには 「甘」「塩」「酸」「苦」を感じるミライを開かせないと、 これらの味を感じることができなくなると言われています。 大人になってからでは遅い味覚教育・・・子供のうちに「苦」い体験をしておかないと、「苦」い味の美味しさが分からなくなり、大人になってから「苦」い思いをするってわけ。

ぜひこの機会に食育先進国で行なわれいる味覚の教室、体験してみませんか☆
参加者募集中ですので、ご興味ある方は下記詳細をご覧のうえ、お申し込みくださいね。当日はTokyoBayメンバーがスタッフとして会場運営してます。

詳細&お申し込みは下記のとおりです。。。

1.旬の野菜を使ってカレーライスづくり
市販のカレールーを使わずに、無添加で身近にある食材を使って
おいしいカレーをつくりましょう!
無農薬の有機農法で作られた夏野菜を使うので、
野菜の苦手なお子様でもきっとおいしく食べられます。
2.味覚の教室
カレーを煮込むあいだに味覚の教室も行ないます。
基本4味を、どんなふうに舌で感じるのが実際に体験することで、味の感覚をフルに使うレッスンをします。

日時:8月1日(土)15:00~17:00
場所:新宿「ラミュゼdeケヤキ」
参加費:3000円(親子2人分のカレーライスづくり、お子様の味覚教室参加費が含まれます)
募集人数:親子6組12名(小学1年生~6年生)
応募方法:下記メールアドレス宛て、保護者のお名前、お子様の学年、連絡先電話番
号、メールアドレスをお知らせください。
応募締め切り:7月30日23:00まで
当選:先着順。当選者にはこちらからご連絡いたします。
持参するもの
エプロン、三角巾、おてふき、マイ箸、マイスプーン、マイコップ
※保護者様の分もお持ちください。

アレルギーをお持ちのお子様はあらかじめご連絡ください。

お申し込み.お問い合わせはこちらまで
sabo☆slowfood-tokyobay.com

↑☆を@に変えてお送りください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

TokyoBayの7月定例会。

Tokyobay1

スローフードTokyoBayの定例会は、3か月ぶりに海岸501で。ワインショップ勤務のメンバーがセレクトしたワインと、瀬戸内海の豊島の「レモン」、事務局長がオリーブオイル講習会講師として赴いた、スローフード淡路島出張で仕入れてきた淡路島の「塩」、千葉県市原で畑をやってるメンバーの「オーガニック野菜」、スローフード宮崎・綾の会長から「チーズ」と焼酎「100年の孤独(!)」が、今回の材料でした。

Tokyobay_bolito

まずは先日の堀江シェフによる「肉食女子の会」で、キープしておいた「Bolitoボリート」、イタリアンパセリのサルサとトマトのサルサ。

Tokyobay_kawagoe

川越インゲンの「シチリア風マリネ」。このインゲン、激ウマでした。山盛りだったのに、あっという間になくなりました。

Tokyobay_sagami

相模半白キュウリに、淡路島の塩をつけて。

Tokyobay_parmigiana

賀茂大芹川丸ナスと自家採種のバジルを使った「パルミジャーナ」。

Tokyobay_limone

豊島のレモンで「レモンの葉っぱのハンバーグ」。レモンの香りがほんのりお肉に移って、美味しいのです。シチリアの典型的なレシピで。

13sirene_limone

レモンのパスタ。う~ん、まさに夏の味。

Tokyobay_formaggio

宮崎の酪農家の方が作っているチーズ。カチョカバッロまである~。トーマもあるし、本当に日本のチーズもここまで来たか~って感じ。すごい。

Tokyobay100「100年の孤独」は、こんなふうにワイングラスに氷を入れて、そこへ注いでいただきました。こうして飲むとふくよかな香りをめいっぱい楽しむことができて、本当に美味しかったです。ほんのり琥珀色に色づいていて、美しい。誰かが「グラッパみたい」と言ってましたが、そのとおり。食後酒としてチーズをつまみながらいただくにも、ピッタリな焼酎でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉食女子の会。

↑なんてタイトルつけると、またヘンな書き込みとか来るかなぁ(汗。でも、今回のスペシャルなゴハン会は、まさに「肉食」だったからなぁ。。。

Bollito

まずはピエモンテ名物Bollitoボッリート。牛肉を煮込んだものに、ソースをつけていただく郷土料理です。すね肉や背肉、内臓など、一般的には食べにくい部位を美味しくいただくために考案された庶民派レシピですね(笑。今回はこれもピエモンテ名物のSarsaVerdeサルサ・ヴェルデ…イタリアンパセリ入りの酸味のあるソースと、SarsaPomodoro、トマトソースの、2種類のサルサが用意されました。どちらも手の込んだレシピ。シェフの料理への執念に脱帽ものです。

Maiale_sale

豚肉の岩塩包み焼き。うすーくスライスして、山梨の素敵な農家からのグリーンサラダと一緒に。

Vitello

岩手県は二戸の短角牛ロースト。このブログに何回も登場してるから、知ってる方はよくご存じなはずの短角牛。イタリアの牛肉にもっとも近い肉質=刺しのない健康な赤身肉の牛さんです。

Carpaccio

生でもいただきました。そんなに薄くせず、しかも叩いてもいないので、焼き肉ぐらいの厚みがあります。そこへシチリアの塩、瀬戸内海の豊島からの有機レモンをかけて・・・う~ん、美味しい!

Porcini

実はこの日のゴハン会、あるミシュランシェフに海岸501に来ていただき、そして料理を作ってもらって食べるという、なんともゴージャスな企画だったのです。というわけで、この素晴らしい食材の数々なんです。ポルチーニも乾燥ではなく、生です!

Vitello_e_porcini

牛肉とポルチーニの炒めもの。この料理、私は去年ローマでいただきました。あの味に東京でまた出会えるなんて!!

Bottarga

うふふlovelyBottargaボッタルガ、からすみです。シェフはシチリアから帰ってきたばかりだったのです。こんな状態のカラスミを日本でいただくのは至難の業でしょう。

Pasta_siciliana

カラスミは、ナスとトマトを入れたシチリア風のパスタになりました。このパスタもシチリアから。Chitarraキタッラといいます。断面が丸ではなく四角になってる、おそらくシチリアのパスタのタイプとしてはもっとも古い部類に入るものでしょう。

Tajarin_yomoghi

2つめのプリモは、なんとヨモギを練り込んだタリアテッレです。ソースは内臓系。赤ワインでじっくり煮込んであります。例の生ポルチーニもふんだんに入り、ヨモギの風味と内臓のクセが、不思議とすてきなマリアージュを果たしたひと皿。

Pollo

セコンドは地鶏の丸焼き。飴色の光沢と芳ばしい香りを放ちながらも、さっぱりといただける本当に素晴らしい味わいでした。
アンティパストからセコンドまで、お肉を使ってないのはカラスミのプリモのひと皿のみ。潔いほどに「肉食」でしょう?そう、私はどちらかと言うと、魚より肉派なんですよね。それにしても、こんなに肉料理の得意なシェフを、私はほかに知りません。さて、この日のシェフが誰だか分かった人、いるかな???


| | コメント (2) | トラックバック (1)

クジラのアーチ。

Yoyoghi4

日曜日は夕方までアースデイマーケットで代々木公園にいました。カンカン照りではなく風もあったうえ、ケヤキ並木の木陰の下にいることができたので、そんなに日焼けしなかったかな。セミの鳴き声がすごかったのだけど、インターンのコートニーは、セミの鳴き声を知らなかったらしく、最初、自分の耳鳴りのせいだと思ったらしい。アメリカのセミは14~17年ごとの発生らしく、彼女はまだ1度も「セミの大合唱」を聞いたことがなかったのでした・・・。

Dsc03160今回のアースデイマーケットでは、「地球最高 平山商店」のお野菜も並べてみました。週末のスローフードTokyoBayワークショップ用に送ってくれたのを、ちょっととっておいたのです。丸くてかわいい「加茂大芹川丸ナス」、「越谷インゲン」、「相模半白キュウリ」。このキュウリ、今ではほとんど栽培されてません。黒いイボが特徴で、触るとイタイんですよ。ビックリ。キュウリ本来の味だそうで、食べてみるとウリっぽい感じで瑞々しく美味しかったです。そして自家採種した「スイートバジル」「ちりめん葉シソ」。おかげさまで完売しました。

木陰にいたとはいえ、かなり疲れてたので、即効で家に帰ってシャワーを浴びてさっぱりしたあと、近くの桟橋まで生ビールを飲みに行きました。海はやっぱりいいですね~。

200907191842001

夕方の東京湾を眺めながら冷えた生ビールを飲む至福のひと時・・・すると、空に虹がかかったのです!ホノルルの夕方のやさしいシャワーのような雨のあと、さっと西日が射したと思ったら、きれいな虹が現れたのです。

200907191843000虹のうえにもうひとつの虹がうっすらと見えます。ダブルの虹が出るなんて、よっぽどいいことが起こるんじゃないかなぁと、なんだかすごく幸せな気持ちになりました。実は私がダブル虹を見たのは、これで2回目。初めて見たのはタオルミーナで住んでいたアパートの窓からでした。あのときも海の上の虹だったと、写真を見て思い出しました。そのときの写真はコチラ。こうしてブログをつけてると、過去の出来事が写真付きですぐに出て来て、ホント、便利だなぁ。

思えば「にじ」ってきれいなのに、日本語では「虹」と書き、あんまりかわいくないですよね。どうやら蛇が空にいる様子を表してるようです。英語では「Rainbow」、「雨」と「弓」で雨上がりに描かれた弧をイメージしますね。なかなかよろしい。イタリア語では「Arcobaleno」、「クジラのアーチ」と言います。クジラが潮を吹いたとき太陽の光があたって虹ができる・・・というわけ。国によって虹のイメージが違うのって、面白いですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨の合間に。。。

Tokyo

六本木の森ビルから見た東京の町。梅雨の晴れ間でなかなか素敵な眺めだったので、打ち合わせ前に思わず1枚。
去年の今頃はタオルミーナにいたから、まったくの梅雨知らず。ところでドンピシャの今日って何してたんだろう…と思いブログをチェックしたら、こんなことしてました。
http://acquacitta.cocolog-nifty.com/italia/2008/07/tina_dde1.html

0711

ひたすら料理して、散歩してって感じだったなぁ。お寿司の仕事もそんなになくて。ちょーヒマだったんだ…あのときのヒマな時間を、いま使いたいよ、と思うweep 

Isola_bella

みなさんにも絶景のおすそ分け。私はこの写真をPCのスクリーンにしてます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に立石吞み。

Inatori

葛飾区立石は、最近では知る人ぞ知る「呑み」スポット。信じられない良質な「呑み」を体験することができます。ここで言う「良質な呑み」とは、おつまみが美味しくてリーズナブルってこと。そう、下町故、立石では、美味しいだけでは生き残っていけません。安くないとダメなんです!!
そんなわけで各店、しのぎを削っているわけですが、今回久々に行ったのは「いなとり」です。たしか、大学のとき父親に連れていかれて以来だから・・・あ~、数えたくないですね。クジラベーコン500円、クジラお刺身400円。ベーコンは、しょうゆ系のタレがかかっていて、からしをちょっぴり付けていただきます。下にひいてあるせん切りキャベツを巻いても美味しい。お刺身には臭みがまったくありません。ふんわり柔らかな食感で、激ウマ。
家に帰って母親に言ったら「海老しんじょは食べなかったの?」と突っ込まれました。父親も「そうだよ、いなとりに行ったらソレ食べなくちゃ」だってcryingあ~、すっかり忘れてた。近々リベンジします。一緒に行ってくれる人、募集します・・・ちょっと遠いけど(汗。
「いなとり」。もちろんホームページなんてあるわけもなく(笑。世界チャンピオン内藤大助のジムの真裏にあります。
http://www.katsushikaku-town.com/review/kt013442

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で飲むなら「夢うさぎ」。

スローフード福島では、福島の気候風土から生まれた酒米「五百万石」の自然発生種に「人気雫(にんきしずく)」と名付け、田植えから日本酒の仕込み体験、初呑み会まで、日本酒をじっくり知って楽しむためのイベントを数多く主催しています。

Dsc02969

生まれたお酒の名前は「スローフード福島 純米大吟醸 人気一 夢うさぎ」(左から2番目)と「スローフード福島 本格米焼酎 人気一 夢うさぎ」(右から、水割り、蕎麦湯割り、ひとつ飛んで蕎麦湯氷ロック!)。この写真では非常にわかりづらいけどcoldsweats01

どちらもただいま好評絶賛発売中!ネットショップから購入できるので、ぜひどうぞ。

「スローフード福島 純米大吟醸 人気一 夢うさぎ」。香りが華やかで素晴らしい!

http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=41

「スローフード福島 本格米焼酎 人気一 夢うさぎ」。しっかりコクがあるのに飲みやすい!

http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=40&

Dsc02964こちらはスローフード福島総会で講演のために駆け付けたスローフード宮崎・綾の濱田会長。「蕎麦湯氷ロック」を片手にご満悦。南日本のラテンなノリがステキな方です。

そして、グラスの中の丸いのが、気になる「蕎麦湯氷」。普通の氷より溶けにくく、ゆっくりゆっくり溶解していく感じ。氷には、分離することなく、まんべんなくそば粉部分が閉じ込められているので、お酒と蕎麦湯(水か?)の混ざり具合も最高の状態となります。

Dsc02957_1 今回の蕎麦会席をご提供くださった「福島 峰亀」の斎藤社長考案です。蕎麦湯をこんなふうに丸い氷にするなんて、かなり大変だと思うけど・・・と思いお尋ねしたら、「だって、普通の氷が溶けたらせっかくのお酒が薄くなっちゃうでしょう?」と、何とも飲兵衛な御答えが!!

お茶目な斎藤社長のお蕎麦屋さんは「福島 峰亀」。

http://www.minekame.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で蕎麦会席「二の膳」。

さて、昨日の続き。二の膳からスタート。今回の蕎麦会席、最大の趣向は「更科」と「藪」の食べ比べ。一般的にはこんなこと、とても難しいですよね。

揚物「茶蕎麦の鱚巻き 蕎麦包みアボガド鮪」。
Dsc02970

小鉢「蕎麦かき とろろ ジュンサイ おくら」。
Dsc02971

夏打ち藪「十割 手打ち 辛味大根汁」。
Dsc02972

水菓子「蕎麦の実クリーム メロン 蕎麦茶の寒天乗せ」。
Dsc02973

すごくないですか?ここまで何もかもに「蕎麦」を使えるなんて!!

さらに飲み物も、スローフード福島ならではの、素晴らしいものをいただきました。明日に続く。。。flair


| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で蕎麦会席「一の膳」。

今週末は、スローフード福島さんからのお誘いで、蕎麦会席と温泉の旅。こんな特別企画の旅を格安価格で楽しめるのも、スローフード会員ならではの特典ですね。今回はかるーい自慢と言うことでhappy02。料理の写真のみUPします。「夏打ち蕎麦会席」。一の膳、二の膳で全9品!一気に行きます。

お通し「ウニと蕎麦豆腐 汲み上げ湯葉 蕎麦の実あんかけ」。
Dsc02958

前菜「蛇篭れんこんトマト寄せ メロン三五八漬け 味噌漬け豆腐 沢蟹のから揚げ」。
Dsc02960

刺身「蕎麦かき刺身 白身魚薄造り ポン酢 妻一式」。
Dsc02959

焼物「アユ一夜干し 蕎麦おから射込み」。
Dsc02961

夏打ち更科「二八 手打ち 鰹だし辛汁 ねぎ わさび」。
Dsc02967

すごいでしょう?ここまでで、まだ一の膳なんです。二の膳は明日のお楽しみhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

最近の私。

ココログってログイン方法が変わったのね。告知はされていたけど、放っておいたらログインできなくなっちゃって(汗。きょう、やっと解決できました。。。忙しいからといって、やることやってないと、こんな目に合います。

Sfnmain

秋のスローフードイベント、中には日程発表できるものも出てきました。ここまで話をすすめるのに、ほぼ2か月かかりましたね。でも、すごく楽しそうな中身になってきて、忙しいし、ムカつくこともいっぱいあるけど、代理店時代のような妙なストレスはないですね(笑。イベントの内容は、ぜひサイトをチェックしてみてください。
http://www.slowfoodnippon.com/

Budou

週末はスローフードリーダー会議で栃木県足利市にある「ココ・ファーム・ワイナリー」に行ってきました。ここは足利の「ココロ」だね。素晴らしい理念のもとに、ワイナリーを運営しています。私はワイナリーツアーに参加してその話をうかがい、思わず涙しました。
しかし、ワインが本当に素晴らしい。スパークリングもすごく美味しかったです。日本でこんな本格的なものができるんだなぁと感心しました。

Budou_2

ランチはテラスで、ブドウ畑を眺めながら。。。行った日は今年イチバンの暑さで34度! いま、スローフードの東京オフィスには、イェール大学からのインターンシップ生が来てます。日本語がとっても上手だけど、それにつられてなぜか私の日本語があやしくなってきてます。英語って主語がないのはありえないけど、日本語とイタリア語は主語なしOKなのよね。言葉を話すときに主語を入れるって言うのは、わりと疲れるものだなぁと思う。いつも何が主体なのかを意識するということは、おのずと気持のあり方や考え方にも反映されてきますね。

Courtney

コートニーです。まだ18歳なんです・・・この年齢って、ほとんど自分の子供だよねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »