« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

スローフードとは何か。

Cover_web「複雑性や無秩序こそが、”おいしい、きれい、ただしい”食を実現するための原動力だ。」カルロ・ペトリーニ(スローフードインターナショナル会長)
って、何のことか分かります?
複雑性の反対を画一性、無秩序の反対を管理された、というふうに理解すると
「画一的で管理されたところから、おいしくて、環境にやさしく、生産者や消費者に公正な”食”は生まれない」
ということになりますね。スローフードの哲学です。
スローフードって何なの?とよく聞かれますが、読めばわかるスローフード本がついに発刊されました!
日本語版『スローフード大全』。
これは2008年春に、イタリアのスローフード出版から英語版&イタリア語版として同時刊行されたものを、写真などはまったく同じものを使い、文章だけ日本語に訳したものです。
この翻訳が、大変だったのです・・・って、私が翻訳したわけじゃないけどね。傍から見てて大変そうだったのです。

Taizen_mihiraki_web

世界中の産地を映した、美しい写真の数々。
カルロ・ペトリーニ(スローフードインターナショナル・会長)、
アリス・ウォータース(スローフード・インターナショナル・副会長)、
ヴァンダーナ・シヴァ(インドのNGOナブダニヤ主宰者で、スローフードインターナショナル・副会長)、
アルベルト・カパッティ(スローフードの食科学大学・元学長)など、
世界のスローフード関係者のみならず、
ジョン・アーヴィング(アメリカの作家)
フリッチョフ・カプラ(アメリカの物理学者)
ジョージ・リッツァ(アメリカの社会学者)
などなどそうそうたる人々がスローフードのために、原稿を寄せてくださってます。

見本はスローフードジャパン(仙台)、東京事務所(神田)に置いてありますので、ご興味のある方は事前に連絡のうえ、お気軽にお越しください。その場で販売もいたします。
また、遠くてムリ~というかたは、ネットで購入できます。配送料は無料です。
http://www.bk1.jp/product/03119538

Almanaccoslowfoodちなみにこちらはイタリア語版の表紙。「ALMANACCOアルマナッコ」=年鑑って感じかな。

全256ページ、オールカラー、A4変型判。
税込み定価@3,500円。
スローフード会員はもちろん割引価格で購入できます。
連絡先:スローフードジャパン東京事務所
千代田区内神田3-5-1、大蓄ビル2F
TEL:03-3251-6923 FAX:03-3253-6356

| | コメント (1) | トラックバック (0)

淡路島のウニ!!

Ricci2

すばらしいウニでしょう。淡路島の由良港でとれたものです。こんなふうにお尻をツンと立てて並べるのが、ここのウニの特徴なんだそうです。通常ミョウバンなどで加工するのだけど、こちらではまったくの無添加を新鮮なうちに出します。だからこそできる並べ方なんですって。このウニ、おしょう油よりも、ちょっと塩をかけていただくほうが何倍も美味しい・・・味が濃厚でクリーミー。お醤油の風味はもったいないです。シンプルに、塩味をちょっと足すぐらいでOKなんです。

Ricci

さっそくウニ丼に。オーガニック玄米ゴハンに合わせました。冷えた日本酒が、何とも言えない。こんなに相性の良い組み合わせってほかにはちょっとないんじゃないかな。

Uniこんなふうに、いくつか重なって包まれてクール宅急便でやってきました。ひとり、ひと枠いただいたんですのよ、オーホッホッ。軽い自慢です。夏休みもないし。それぐらいのゼイタク、いいよねshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマルフィの風景。

Dsc01550

昨年日本に戻る間際にはじめてアマルフィに行きました。写真は泊まったホテルの部屋の窓からの眺め。こうしてみると、タオルミーナと変わらないけど、やはり生活していた場所にくらべれば、アマルフィでの私はただの旅行者。だんぜん風景が開放的に、すばらしく感じられます。

Dsc01560

町の中心、サンタンドレア教会。聖アンドレア、ね。金ぴかですごいです。イギリス人の友人がここでの結婚式に参列したことがあるって言ってた。私はこの階段を登り切る気力がなく、中は見てないの。こんど行ったら見てみなくちゃね。

Dsc01569

夜明け前の海。このグラデーション、この色、すごいですよね。感動的。

Dsc01570

夜明け。だいぶ太陽が地表に近付いてきて、光度も増してきた感じ。夜明け前の色に、白を混ぜていくと、こんなふうに変わるのかな。

Dsc01572

日の出。太陽の光がぱーっと射して、あとは気温も急上昇。10月になるというのに、一向に秋の気配を感じさせないアマルフィの1日の始まりです。
アマルフィで撮影した映画やってますね。ずばり『アマルフィ』。来週、観に行く予定なの。サンタンドレアの中が観られるといいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ビデの使い方。

Beer

前から気になってたんだけど、右側のバーの下のほうに「検索フレーズランキング」が出てるでしょ? イタリア通信って、たいてい「ビデ関連」が上位なんだよね(汗。試しにページアクセス解析で、ページ別ランキングを見ると・・・530件の記事で堂々の第1位が、3年前に書いたこのページなんですよ。
イタリアノバスルーム・・・ビデの使い方

日本人にはナゾですよね。私も住んでみるまで存在意義が分かりませんでした。でも、ひとたび使い始めると、本当に便利。バスルームにないと、不便だと思う。「すごく不便」と言うより、空気のような存在かな。なくなったら、その便利さに気付くんじゃないかな。それぐらい、ちょっとした色んなことに使えるの。そういう点から言えば、3年前のわたしはまだビデを使いこなしてなかったね(汗。そこで、今回はまだまだ使えるビデの裏ワザ使いをご紹介しましょう。

1.足を洗う。
  夏は裸足にサンダルが多いので、足元が汚れやすい。家に帰ったとき、ビデの中でささっと洗えると便利。
2.シャワーのとき、着替えやタオルを置いておく。
  これはバスルームの配置にもよるけど、たいていシャワーブースの近くにあるので、シャワーのあと身につけたいものやタオルなんかを置いておくのに便利。
3.ちょっとした洗濯に。
  靴下やちょこっと汚れた下着など、ここにお湯を溜めてさっと下洗いするのに便利。子どものいる家庭は、泥汚れを落としたり、靴を洗ったりするのにも使うみたい。

こんな感じかな。言えることは、ビデは便器ではない=汚くないってこと。洗面用ってわけにはいかないけれど、洗いもの全般に利用できます。旅先でも、ビデを使いこなして、イタリアライフを満喫しましょう!

写真は意味もなく、ピエモンテ州Braの公園のBar。あ~~~~、イタリアでソトビールしたーい!!

↓ローマ最新情報はこちらからどうぞ↓

https://www.facebook.com/yumitomo.roma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Forse forse forse...

1か月に1度くらい、イタリアの友だちとチャットするんだけど、いつも仕事中にいきなりだから、けっこうとまどう。彼は日本語がまったくできないから、とうぜん会話はイタリア語になります。
わたしのイタリア語レベルでは、どうしても日本語で考えて、それをイタリア語にする脳内変換作業をすることになり、そのとき、正直に正確な情報を伝えようとするあまり、私は「Forseたぶん」って言葉を多用するらしいんだよね。こないだも私が「Forse ci vado a Novembreたぶん11月にそちらに行けるかな」と書いたら、「Forse forse forse」と書かれ、それきりしばらくチャットが切れたよsweat01 あ~、怒らせちゃったかなぁと思う。 

Bon

いま考えてたり計画したりしてることが、そのとき実際に実現できるわけじゃないから、私はかならず「たぶん」って前につけたくなるんだけど、イタリアではそういうのってNGなのかな。やっぱり、そのとき、その場の勢いで言いきってしまったほうがいいのかな。。。でも「Assolutamente ci vado私は絶対行くよ」なんて言いきっちゃった日には、それに縛られちゃうからなぁ・・・あ~、どうしようかなぁ・・・ときょうは完全な独り言でしたね。

音色が気に入って、ブログパーツで風鈴をぶる下げてみました。うるさい?

写真は昨日の、スローフードTokyoBay子供料理&味覚教室から。「お盆」のお話もカリキュラムに組み込まれていたので。キュウリは馬で、ナスは牛。馬ははやく走れるから、彼岸の彼方から来るときに乗ります。牛はゆっくりだから、現世から彼岸へ帰るときに乗ります。しかも牛だと荷物もいっぱい運べるからお土産をいろいろ持たせてあげられるしね。日本人のこういう考え方って好き。本当にしみじみやさしいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »