« Russo家の食卓3 | トップページ | Cozzeを食べにMessinaへ。 »

星占いと迷信。

2901

意外な感じがしますが、イタリアでは星占いや迷信、ジンクスを信じる人が多いです。おっさんですら自分の星座を知っているうえ星座同士の相性なんかを気にしたり、今日の運勢を気にしたりするの。テレビやラジオでは毎朝その日の運勢を放送するし、雑誌や新聞にも載ってます。1度路線バスに乗っていたら、自分の星座のところだけボリュームを上げていた運転手がいました。

2902

先日うちに遊びに来た友だちが、机の端っこに置いていた私の手鏡を大事そうにまん中のほうへ移動させたの。「鏡を割ったらその後7年間不幸が続くんだぞっ!」だって。33歳男子ですよ…その様子がありえないほど真剣でビックリ。Tomokoさんに聞いたら、とくに鏡系は迷信やジンクスが多いらしい。

2903

Portafortunaポルタフォルトゥーナ=幸せを運ぶもの、お守り・厄除け系の小物も大好き。トウガラシのキーホルダーやアクセサリーをよく見かけますよね。あれはお守りなんですよ。こないだ「商売繁盛」って書いてあるシールをあげてその内容を説明したら、お店や自分の部屋に貼り「これで大丈夫だ…」としみじみ安心したり、神頼み好きな人、多いと思う。

2904

Tomokoさんのお姑さん(御歳90歳越え!)は、窓の外側の桟に古いかぎを置いているそうです。厄除けだったかな。すると、そのかぎに気付いた人が置き忘れたのだろうと中に入れてくれるんだって。するとそのたびマンマは怒りながら「なんで中に入れるのよ~」と外に出す。またほかの人が中に入れる。マンマが外に出す…かれこれ50年以上繰り返されてるんじゃないでしょうか(汗。

2905

昨日パスポートを見てて気づいたんだけど、私が出張で初めてイタリアに来て、最初は興味なかったのに1週間の滞在を終えて、絶対にここに住んでみたい!と決意しトリノ空港を後にしたのが6年前の今日でした。人生ってどんなふうに進んでいくか、本当に分かりません。私も占い大好きなので、岐路に立ったりタイミングを知りたいと思った時には、必ず占ってもらいます。私には頼りにしている専属占い師がいるのです。

2906fine

彼女が2010年がどんな1年になるのか占いました。星の配置的にはすでにこの11月からもう、その流れは始まっているんだって。痛みを伴う何かを切り捨てることで、新しい何かを得ることができる、のだそうです。モノだったり人間関係だったり習慣だったり、切り捨てるものは人それぞれね。その決断が早ければ早いほど痛みは少なくて済むそうなので、ぜひ皆さんもこれまでの人生から何を切り捨てるのか考えてみてください。彼女の2010年占いはこちらからどうぞ。
http://lucedifaro.blog13.fc2.com/blog-entry-33.html
最近占いハウス(って言うのかな)にも籍を置いてるので、誰でも予約して占ってもらえます。よかったら行ってみてね。

|

« Russo家の食卓3 | トップページ | Cozzeを食べにMessinaへ。 »

コメント

イタリア人は、99%以上がカトリックでしたよね。神を敬う気持ちが強く、そういう視点をいつも大切にしているようで、その恩恵というか、実際に神様に強く守られている感じがします。神様に背くようなことはしないので、エコのような観点に通じるポリシーが根付いていて、めちゃくちゃな破壊行為をしない。便利を追求しすぎて、地球の声を無視しちゃう、みたいな方向に危険なくらい走ることがないように思えます。なんとなく感じることですが。私は、宗教を意識したことがなかったけど、太陽の光とかそういう恵みを目の当たりにした時、神様の存在をなんとなく感じ嬉しくなったりします。それが、イタリアにいるとそういうスピリチュアルな感覚がもりもり湧いてきます。お仕事頑張って下さいね!

投稿: ようこ | 2009/11/30 10:32

Ciao ようこさん!
そうですね、カトリック多いですね。自分では「そんなにヘビーな信者じゃないよ」なんて言いながらも、いろいろ気にするのは、そのせいね(笑。
12月のシチリアで、ようこさんもたくさん神様を感じられますように。こちらはクリスマスの飾りつけが始まりましたよ。

投稿: yumi | 2009/11/30 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/46895195

この記事へのトラックバック一覧です: 星占いと迷信。:

« Russo家の食卓3 | トップページ | Cozzeを食べにMessinaへ。 »