« オリーブオイルワークショップのご案内。 | トップページ | コーヒーへの情熱。 »

魚の食べ方。

Blog191saldi

シチリアは島だけあって、魚をよく食べます。ピエモンテにいたときなんて、魚事情がメチャクチャ悪くて、生なんてもってのほか。ツナ缶、アンチョビ、干しダラぐらいしかなかったです。シチリアでは魚の種類だけでなく、料理のバリエーションも豊富です。

Blog192

青魚って少し匂うでしょ。しかし、この小さなイワシ、まったく青臭さがないのです。すごく不思議。目の前の海から揚がったばかり、2~3時間ぐらいかな。あまりに柔らかすぎて手開きすることもできません!そこでこんなふうにバッドに入れて、オイル、ニンニク、トマト、イタリアンパセリ、塩をさっと振ってオーブンで10分ぐらい焼いただけです。美味しかった~。

Blog194

これは何かの稚魚。うなぎじゃなくて、なんだっけ。辞書で調べても出てこないので、きっとこのあたりでだけ漁獲されるのではないかと。Ninoは1年に1度シーズンが来ると食べたくなり、そしてそれだけで十分だと言ってました(笑。

Blog193

塩茹でにして…

Blog195

オイルとレモンをかけていただきました。たしかに1年に1度でいいかも(笑。頭も内臓も骨もまるごと食べられます。シチリアはオリーブとレモンもたくさんあるので、基本的に魚は茹でたり焼いたり揚げたりしたあと、オイルとレモンをさっとかけて食べることが多いし、日本人の味覚にはそれがいちばん美味しいと思う。

Blog196cannocchi

Canocchiaカノッキァ=シャコ。こんなものまであるなんて、魚種の多さにびっくりです。日本のものに比べると色が薄いですね。ベージュのシャコ。これも湯がいてオイル&レモンかな。トマトソースで煮ても良い出汁が出そう。

|

« オリーブオイルワークショップのご案内。 | トップページ | コーヒーへの情熱。 »

コメント

イワシは、やっぱり新鮮じゃないとこういう食べ方は無理なのかしら?とっても美味しそう~。
何かの稚魚は・・・なんとなく、どじょうに似てる感じですか?

↓挽肉に具を巻き込んだお料理は、美味しそうだし見た目も面白く出来そうですね。
イカのお料理とパスタも美味しそうなので、ちょっと真似して作ってみたくなりました。
「シチリアの風」こちらの本屋さんでも探してみますね。

投稿: orchidgirl☆ | 2009/11/19 23:22

美味しそう!
とっても生き生きとしたレポート。素敵ですね。
うわ〜、シチリアにいるころまでには今ある仕事が片付いている(いなければならない)のだと考えるだけでクラ〜っとするけど、
その頃は幸せ気分だと信じてがんばります!
orchidgirlさんは、もしや、、、私のために???
かなりの軒数本屋さんあたりましたよ〜
でも、あったらぜひ教えて下さい!!

投稿: ようこ | 2009/11/20 00:46

Ciao orchidgirlさん!
シンガポールも新鮮な魚介が多そうですよね。ぜひイカのトマト煮込みなど試してみてね。「シチリアの風」海外進出してるかなぁ。

Ciaoようこさん!
そんなにたくさんの本屋さんをあたってくださったんですね。ありがとうございます。はやく見つかるといいなぁ。
お仕事タイヘンですね…実は私もつい3週間前までようこさんみたいな感じでした(笑。いつかは終わると思って頑張ってね~。

投稿: yumi | 2009/11/20 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/46798952

この記事へのトラックバック一覧です: 魚の食べ方。:

« オリーブオイルワークショップのご案内。 | トップページ | コーヒーへの情熱。 »