« 早起きして。 | トップページ | パニーニの定義。 »

Russo家の食卓2

Blog241

ほぼ毎日Russo家の食卓でご馳走になってるわたし。毎食ごとに写真を撮るので、秋冬Russo家のレシピ本ができるぐらい(笑。Russo家の食卓は、まず新鮮な食材を買い求めることから始まるので、お魚は魚屋さんへ、お肉は肉屋さんへ、野菜は八百屋さんへ、ということになります。さらにワインはワイナリーへ、オリーブオイルは搾油所へ、チーズは山で羊や牛を飼いチーズを作っている人のところへ直接買いに行くんですよ~。さすがにスローフード運動発祥の地、イタリアです。とくにシチリアは食材の宝庫なので、そんなお買い物がしやすいのだと思いますが、ここまで徹底している家を私はほかに知りません。Russo家はまさにスローフードを地で行く食いしん坊一家です(笑。

Blog242

魚屋さんの店先の手作り看板。本日のオススメが交通標識に張り付けてあった(汗。Caponeカポーネは「カサゴ」と出てくるけど、トゲもないし日本人がイメージする「カサゴ」とはちょっと違う気がする。大きな丸い頭を持つ魚です。CostardelleコスタルデッレはNino曰く「PesceSpadaカジキマグロの小さいのだよ」ですが、それは見た目のことで、魚類としてはサヨリとかダツみたいな感じかな。

Blog243capone

去年私がお寿司を作らせてもらっていたGiardiniNaxosジャルディーニ・ナクソスの魚屋さんMarottaマロッタ で買ったカポーネにチーズやパセリを混ぜたパン粉をまぶして、オーブン焼きにしたもの。オイルは上からかけるだけなので揚げるよりもかなりヘルシー。Contornoコントルノ、付け合わせはブロッコリー、フィノッキオ、インゲンを茹でてからチーズなどかけてオーブン焼きにしたもの。これもかなり美味しい!

Blog244nama

冒頭のLetojanniレトヤンニの魚屋さんで買ったGamberinasciガンベリナッシ(生まれたてのエビ=小エビかな、辞書に出てない(汗))は、生でいただきました!味は甘エビと同じ感じだったので、甘エビの小さいのなんじゃないかな。うちから見える海Mazzaroマッツァロや、レトヤンニ、ジャルディーニ・ナクソスなどの沖で小舟で網を使って漁師さんが漁獲したものだそうです。この時期このあたりで獲れる小エビ。本当に甘くてトローンとしてて味が濃くて美味しかった!そのままで、また、ワサビ醤油をつけていただきました。

Blog245

この日のプリモは、アーティチョークとグリーンピースを蒸し茹でしたものにパスタを和えて、カリカリにしたパンツェッタを添えたもの。ねっとりしたやさしい味の野菜ソースに、ちょっと塩気の効いたカリッと軽い食感のパンツェッタが絶妙なバランス。チーズをかけて、また絞りたてのオイルをかけて、ひと皿からたくさんの味のバリエーションが生まれます。
しかしここへ来て2週間、気付けば同じお皿が出てきたことが1度もない…恐るべしRusso家の食卓。

|

« 早起きして。 | トップページ | パニーニの定義。 »

コメント

Russo家の食卓のレシピ本shine
在ったら絶対に欲しいw
本当にどれも美味しそうなものばかり~
yumiさんこれを全部食べてるなんて羨ましい~w
新鮮な食材も豊富なんですね。
海老なんて透き通っていて綺麗heart02
食べてみたいです。

今日、イカのトマト煮込みと挽肉のフォイル巻きのお料理を真似て作ってみました。
ブログにupしてみたのですが・・・こんな感じで似てますか???(時間が在るときに見てみて下さいね)


投稿: orchidgirl☆ | 2009/11/25 00:17

美味しそ〜〜〜う
もう、がまんできない。
とうとう、どうしてもの時用オリーブオイルを開けてしまった!!
ちょっとでもイタリアテイストを味わいたく、サラダにもたっぷりかけていただきました。

投稿: ようこ | 2009/11/25 01:06

Ciao orchidgirlさん!
見に行きましたよ~。
おいしそうに出来てたわ!!お肉にパルミジャーノも混ぜるそうでーす。

Ciao ようこさん!
おいしいオイルはパンにも合いますよ~。

投稿: yumi | 2009/11/29 02:47

レトヤンニ・・・の魚屋さん・・・

懐かしい言葉です。レトヤンニには1970年代
末に欧州放浪中、イギリスの小さな英語学校で
知り合ったシチリア出身の知人がホテルを経営
しているはず。もう30年経ちます。

当時はまだ、パソコンも携帯もない時代、
イタリアはまだ未踏の地、美味しそうな魚介類
とともに、会いたくなりました。
私の田舎は甘エビの本場です。

投稿: takakenn | 2010/06/10 10:07

takakennさん、こんにちは!
レトヤンニ出身のお友達、しかも留学先でたまたま出会うなんて!滅多にある話ではありませんよね。
長い海外線が続くステキな漁師町です。
ぜひいらしてみてください。お友達を訪ねて…。

投稿: yumina | 2010/06/16 08:52

返信有難うございます。ますます行きたくなりました。

どうしているかなあ~。魚介類は大好きです。

レトヤンニの情報ありがとうございます。

今は、絵本の読み聞かせがライフワークです。

よかったらホームページ見てください。

一昨年の欧州遠征で、ドイツ、ハンガリーで、
読み聞かせしました。

投稿: takakenn | 2010/06/16 17:04

Ciao takakennさん!
絵本の読み聞かせ、すてきな活動ですね!
ドイツとハンガリー…やっぱり現地の言葉で読み聞かせ?これからホームページにお邪魔させていただきますね~。

投稿: yumina | 2010/06/20 08:11

欧州絵本放浪読み聞かせ吟遊詩人は、友人の
ホテルの位置をホームページで確認いたしました。

海辺に接しています。素敵な外観でした。

現地で暮らしている日本人の方々向けの読み聞かせ
は楽しいです。日本語は大事ですから・・

これからは、当時知り合った友人に会えれば良いなと
思っています。イタリアも、住所録によると、
北から南まで、小さな村から大都市まで多種多彩
です。ヴェネチア、パレルモ、レトヤンニ、
サンレモ、ローマ、ペスカラ、ミラノ、ソンダロ
その他です。何だか自筆のサインが郷愁を誘い
ますね・・・

投稿: takakenn | 2010/06/28 10:22

Ciao takakennさん!
ご友人のホテル、いまだ健在とは、すごい!
ぜひぜひ訪ねてみてください。

ホームページお邪魔させていただきましたよ。
読み聞かせの顛末もさることながら、オオカミくんもGoodJob!でした。。。

投稿: yumina | 2010/06/30 09:07

行きたいですが、遠い道のりになりそうです。

今年は無理かも・・・ 友人は欧州各地に点在、
ひとまとめで会おうとすると日程や距離を考える
と、大変です。移動は鉄道が好きなのですが、
飛行機の方が無難かな。

人生の時間からすると、もうそろそろかなと
感じています。

今、一番会いたいのは、ヨーロッパ連合(EU)で
働くスペインの友人、イギリスの小さな英語学校
で、知り合いました。とすればベルギー、スペイン、
イタリアで、半月で駆け足ですね・・

聖地であるドイツ、お世話になった、おばちゃん
の住んでいるイギリスと合わせて、一ヶ月か?

オオカミさん思案中zzz。

投稿: takakenn | 2010/07/04 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/46849025

この記事へのトラックバック一覧です: Russo家の食卓2:

« 早起きして。 | トップページ | パニーニの定義。 »