« 11月11日は、イタリアワイン解禁日。 | トップページ | オリーブオイルワークショップのご案内。 »

Russoルッソ家の食卓。

Blog181russo

『シチリアの風』著者であるTomokoさんのご主人Ninoは、生粋のタオルミーナっ子。代々この土地に暮らしているので、親せきや知り合いも多いし、何より土地の美味しいものや昔ながらの料理にも詳しいの。2歳になったばかりのMarcoの子育て真っ最中のTomokoさんですが、料理に手抜きはありません。毎日新鮮な食材を買い求め、代々Russo家に伝わるレシピを作ってNinoやMarcoに食べさせます。宮城県塩釜出身の彼女ですが、今では立派なシチリアのマンマです(笑。

Blog182farso

そんなわけで、私は料理学校に通うことなくシチリア郷土料理や食材について学ぶことのできる絶好の休暇を過ごしています。「FalsoMagroファルソマグロ」。ひき肉に茹で卵などの詰め物を巻き込んだ料理もそのひとつ。フランス統治時代にシチリアに伝わった料理だそうです。

Blog183farso

Tomokoさんはアルミホイルにひき肉を敷いて、そのうえに詰め物を置いて巻き込んじゃうって言ってました。青物野菜はインゲンでもホウレンソウでもOK。オーブンで40分ぐらい焼いて、この日はその後、トマトソースに入れて温めてくれました。

Blog184sarsa

その次の日、トマトソースにサルシッチャも入れてさっと煮込んでくれました。こうするとサルシッチャの旨みがソースに移って、Gustosoグストーゾ=味わい深いパスタソースになります。イカのトマトソースhttp://acquacitta.cocolog-nifty.com/italia/2009/11/post-9147.htmlのときもそうだったけど、ひとつの鍋からプリモとセコンドを生み出すのはイタリアの代表的な料理法のひとつですね。

Blog185lenticchie

Lenticchieレンティッキェ、小さなレンズ豆の料理です。イタリアではこのお豆、よく食べます。お豆を煮るときに、香りづけに野生のフィノッキオ=ウイキョウや、残しておいたサルシッチャも入れて煮込んでありました。前日同様、良い出汁が出るそうです。あまり煮込みすぎると、サルシッチャから旨みが抜けてしまうから要注意。茹でたパスティーナ(小さなパスタ)やお米も入れて、熱々のところへチーズやオリーブオイルをかけていただくの…まさに優しいマンマの味わいです。

Blog186blo

ブロッコリーのパスタ。まず最初にブロッコリーを入れて、5分後にパスタを入れます。日本と比べブロッコリーをグズグズに柔らかくしてしまうのがコツかな。驚くことに茹で汁を切ったら、あとはオイルと刻んだニンニク、唐辛子、チーズを入れて混ぜただけでした。私はいつもフライパンにオイルとニンニク、唐辛子を入れて香りを出してからパスタを入れて炒めてたんだけど、その必要ないのね。

|

« 11月11日は、イタリアワイン解禁日。 | トップページ | オリーブオイルワークショップのご案内。 »

コメント

Ciao! もう、釘付けで更新待ってますよ〜! シチリアの風、在庫ありません。入手困難極めてます。
東京のイベントも近い将来ぜひおじゃましたいと思っています。
http://yokoisfine.cocolog-nifty.com/blog/
最近引っ越ししたばかりのブログですが、
こんな感じで、イタリアを時々旅しています。

シチリア、楽しみになってきました!
感謝!

投稿: ようこ | 2009/11/19 00:21

Ciaoようこさん!
シチリアの風、在庫なかったんですか…残念(涙。
あとでブログに遊びに行きますね。

投稿: yumi | 2009/11/19 17:45

またシチリアに行ってるんですねー!
毎日美味しいもの三昧でうらやましい!
(けど危険な気も・・・笑)
下の記事のイカのお料理とパスタなんて、
PCの画面からイカのおいしい香りが伝わってきます。

マルコ君、かわいい♪

投稿: リコ | 2009/11/19 21:52

Ciao リコちゃん!
久しぶり~。そう、忙しかった東京の1年をデトックスするために来ました~。
マルコ、かわいいでしょう?片言の日本語がまたいいのよ~。おばさんはもう、マルコにメロメロなのよ。

投稿: yumi | 2009/11/20 17:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/46798821

この記事へのトラックバック一覧です: Russoルッソ家の食卓。:

» 2歳育児の案内サイト [2歳育児の案内サイト]
2歳育児について案内させていただきます [続きを読む]

受信: 2009/11/20 15:07

« 11月11日は、イタリアワイン解禁日。 | トップページ | オリーブオイルワークショップのご案内。 »