« Russo家の食卓4 | トップページ | Tindariティンダリまでドライブ。 »

1年ぶりに里帰り。

Blog031

去年の夏、ずっとお世話になってたアパートの大家さん、TinaとRaffaele夫婦に、息子のFrancesco。彼らは私を日本にいる家族だと思ってくれてます(涙。もうひとりお嫁に行って子供もいる娘さんがいて4人家族。長女としての私の位置付けは、日本のうちの家族構成と同じだわ。いま気付いた。

Blog032

窓からの景色も変わりません。エトナ山に雪が積もり始めました。

Blog033

去年は1つしか実をつけなかった「盆栽」オリーブ。今年は「実をつけなかったら枝を切るぞ!」と言って聞かせたので、いっぱい実ったそうです(笑。

Blog034primo

というわけで久々の里帰り。もちろんごはんは欠かせません。今年の夏もタオルミーナの4月9日広場にあるBarでコックとして働いたTinaが腕をふるってくれました。プリモはFinocchioSelvaticoフィノッキオ・セルバティコ(野生フェンネル)と、サルシッチャ、トマトのマカロニ。フィノッキオは下茹でしてから使うそうです。日本では香り高いFinocchioSelvatico、入手困難です。香りがまったく違うの(涙。シチリアに来たらぜひ食べてほしいです。

Blog035

セコンドのInvortini con Piselliインボルティーニ・コン・ピゼッリ。軽く小麦粉をふった薄切り牛肉をクルンと巻いて焼き付け、トマトソース、グリーンピースで煮込んであります。甘めの味付けで美味しかったです。

Blog036fegato

「昨日作ったんだけど、もし嫌いじゃなかったら味見する?」とTinaが出してくれたFegato di Maiale豚のレバー。好き嫌いのない私、もちろんいただきましたとも!最初にレバーをニンニクとオイルで焼いたら鍋から取り出し、タマネギ、トマト、白ワイン、水を加えてソースを作り、レバーを戻して軽く煮込んだら出来上がり。こんな味付けのレバーは初めて。日本に帰ったらゼッタイ試してみる。レバーは薄切りにしてパン粉をつけてグリル焼きもするって言ってた。

Blog037mikan

こちらに来て気付いたんだけど、この時期、テーブルにオレンジがのってる家が多いです。こたつにみかんみたい。残念ながらまだブラッドオレンジの時期ではありません。1月以降かな。

Blog038

右から「Arancioアランチョ」「Mandarancioマンダランチョ」「Mandarinoマンダリーノ」。オレンジ、みかんとオレンジの交配種、みかん、です。MandarancioとMandarinoの区別はちょっと難しいかな。Mandarinoのほうが日本のみかんのようにちょっとつぶれた形をしてます。

Blog039tazza

最後に、Tinaがおばあさんから受け継いだという、大事な器でコーヒーをいただきました。きゃしゃな作りで持つのが怖かった(汗。でも家族の一員、みたいな感じがすごくしてうれしかったです。

|

« Russo家の食卓4 | トップページ | Tindariティンダリまでドライブ。 »

コメント

あのアパートには今誰か住んでるのでしょうか?
Tinaさんちょっと若返りました?

冬のタオルミーナ、空気がクリスプで、また一味違うんでしょうね。
アァァ〜本場シチリア料理が食べた〜い〜。。。。

投稿: kikko | 2009/12/04 14:44

Ciao kikko!!
あはは、Tinaはいま休暇中でリラーックスだから若返ったかも?!あのアパートにはなんと息子のFrancescoが住んでます。Kikkoが泊った部屋は物置になってたよ(笑。

投稿: yumi | 2009/12/04 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/46930868

この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶりに里帰り。:

« Russo家の食卓4 | トップページ | Tindariティンダリまでドライブ。 »