« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

最近のスパムメールって。。。

Hello!
Unfortunately we were not able to deliver the postal package you have sent on the 1st of January in time because the recipient’s address is inexact.
Please print out the invoice copy attached and collect the package at our department.
United Parcel Service of America.

去年のくそ忙しい夏ごろから1~2カ月に1度ぐらいずつ来てたこのメール。
あやしいことに、ZIPファイルを開けてプリントしなくちゃいけないようなので、無視しつづけてました。忙しくてそれどころじゃなかったし。

これがイタリアからの荷物なら、即開封しちゃってたけど、アメリカから荷物が届くわけないので放っておいたんだよね…あとでいいやと思って。

で、つい最近もきたので、ふと思いつき、UPSのホームページからタイトル周りに書いてあったNo.入れて貨物追跡してみたけど、何も出て来ない。

で、いよいよ怪しいと思い、スパムで検索してみたら・・・やっぱりスパムメールだった!!!

みなさん、気をつけましょう~。
顧客に「Hello!」なんて、いくらアメリカ人でもないよね(笑。
でも、「Dear customer」のときもあるので、本当に気をつけてね。

ちなみにFedexのときもあったよん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモのTrattoriaPrimaveraトラットリア・プリマヴェーラ。

パレルモのプロフェッショナルツアーガイド、Kuremiさんのご主人の家族が営んでいるトラットリア、Primaveraプリマヴェーラ。QuattroCantiのすぐ近くにあります。

Os1

このトラットリアはスローフードが毎年発行している『Osterie d’ Italiaオステリエ・ディ・イタリア』にも出ています。写真は証拠のステッカー。2年連続で掲載されたんですね。
スローフードがこのガイドブックに掲載を認めるお店の定義は、その地域の伝統的な食材や調理法で作った料理を提供していること、地元のお酒を飲めること、30ユーロ以内で食事ができることの3つで、もちろん良質であることは言うまでもありません。

Os4antipasti

店内のショーケースにはたくさんの種類のAntipasti前菜が並んでいて、それらはどれもシチリアの伝統的なものばかり。もちろんひとつずつ選ぶこともできますが、こんなふうにMistiミスティ(盛り合わせ)にしてもらうのがオススメ。

Os5primo

パレルモへ行ったらゼッタイ食べましょう。Primoプリモは、Palermitanaパレルミターナ。Kuremiさんのイチ押しです。Bucatiniブカティーニ(穴のあいたスパゲッティ)を使います。イワシ、パン粉、小さな干しブドウ、フィノッキオ(ういきょう)の葉などでソースを作っています。北イタリアではまず見かけることのないひと皿ですので、ぜひぜひ食べてみてください!

Os6sedondo

SecondoセコンドもMistiで(汗。だって色んなものが少しずつ食べられたほうがいいでしょう?

Os7secondo

Involtini di pescespadaインボルティーニ・ディ・ペッシェスパーダ。薄く切ったカジキマグロに、味付けパン粉を巻き込んで焼いたものです。このパン粉にも干しブドウが入ってますね。先ほどのパスタ料理にしても、魚料理に干しブドウなんて、変じゃない?と思うでしょうが、先入観を持たずにチャレンジしてほしいですね。新たな味覚ワールドが広がります。甘くてちょっと酸味の入ったシチリアの味です。

お店の基本情報はこちらからどうぞ。
http://www.hercole.it/trattoriaprimavera
月曜定休です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~Chiesa di Martoranaマルトラーナ教会。

Palermo18

シンプルで古ぼけた外観に反して、中はきらびやかなChiesa di Martoranaマルトラーナ教会。
1143年の建立でお隣にあるSanCataldo教会とはほぼ同時代なのに、中がこんなに違うのはなんでだろ。。。
モンレアーレの有名な黄金モザイクなみです。
パレルモからモンレアーレまで出かけるのが億劫だけど、キンキラモザイクが観たい!というかたは、ぜひ!
ちょっとのぞき見はこちらから。。。
http://www.palermoweb.com/cittadelsole/monumenti/chiesa_martorana.htm

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~Chiesa di San Cataldo教会.

Palermo17

Chiesa di San Cataldoサン・カタルド教会。
3つの赤い小さなクーポラのいかにもオリエントな感じの建物は12世紀の建立。
18世紀後期には郵便局のようにして使われていたこともあるそうです。
古いことは外観を見れば分かりますが、中を見たほうがもっとよく分かります。すごくシンプルでしたよ。小さいですし。ViaMaquedaマクエダ通り側には、ローマ時代の古い壁が残っていて見ることができます・・・って、いったいいつからこの場所に建っているのでしょう!!

入場料は1ユーロ。
月~土曜:9:00~14:00、15:30~19:00
日曜:9:00~14:00のみ

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~PiazzaPretoriaプレトリア広場。

Palermo16_2

S.Giuseppe dei Teatini教会の裏側になるのかな。プレトリア広場にある豪華な噴水。一見の価値あり。
KUREMIさんは私に、このPiazza広場には「Piazza delle Velgogne恥ずかしい広場」って別名もあるのよ、と教えてくれました。
16世紀にこの場所に設置された噴水の彫像たちはどれも「裸」です。
そのころバリバリのカトリック系だったパレルモでは、人前の「裸」なんてありえない状況だったそうな。
さらに当時ここには修道女の暮らす館があり、夜な夜な修道女たちは窓からこの噴水の裸像を眺めては「は~、恥ずかしい~」と思っていたとか。
さらにさらに!時代を経て現在、この広場に面した建物がパレルモ市庁舎になっています。さまざまな不祥事が露見するたびに、そしてその不祥事をひた隠しにしようとする市役所サイドの動きに、市民たちは「あ~、またしても恥ずかしいことやってるよ」と噂する・・・。
というわけで3つの「恥」が重なった広場なのでした。

シチリアを旅するなら。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~S,Giuseppe dei Teatini教会。

Palermo16top

QuattroCantiの隙間から見えるクーポラ(ドーム)のある建物。S.Giuseppe dei Teatiniサン・ジュゼッペ・デイ・テアティーニ教会です。
テアティーニ派という宗派の教会で、教会の公式サイトによると、1612年1月6日建設スタート、1645年完成、1667年5月23日にGiuseppeCicala僧侶を冠してTeatini派教会として正式認可されたそうです。
残念ながら急ぎ足のスケジュールだったので、この教会の中には入りませんでした。
でも教会のホームページを見てみたらすごかった!!
興味のある方、ぜひのぞき見を・・・。
http://www.sangiuseppeteatini.arcidiocesi.palermo.it/index.htm

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パレルモ1日観光~QuattroCantiクゥアットロ・カンティ

Palermo4_1

Massimo劇場のあとは、私が世界で一番美しいと思う四つ角、QuattroCantiへ。シチリアはさまざまな文化が交差する島だけれど、この四つ角ほどそのことを端的に分かりやすく表している場所はないでしょう・・・と思ったら、この四つ角の正式名称はPiazzaViglienaピアッツァ・ヴィリィエーナというそうです。

Palermo4_2

400年ほど前に作られたこの交差点、4つの建物それぞれに、4つのモチーフが、4種類入っています。
まず1番下の層にある泉は、昔パレルモに流れていた4つの川、Oreto, Kemonia, Pannaria, Papiretoを表しています。
泉にいるのは季節を表す4人のギリシャ神話の神々、 Eolo風の神, Venere愛と美の女神, Cerere農業の女神 e Bacco酒の神。ドリス様式で作られています。

Parelmo4fontana

次にイオニア様式で作られた4人のスペイン王、Carlo V、Filippo II、Filippo III 、 Filippo IV。当時のパレルモはスペインによって統治されていたので。

Palermo4_3

そして一番上にはパレルモの4聖人、Agata, Ninfa, Oliva, Cristinaが鎮座しているという、4×4×4のハーモニー。

Palermo4_4

Cantoには「角」だけでなく「声楽」という意味もあるので、YUMITOMOユニットのトモコさんは著書『シチリアの風』の中で、「四つ角の調べ」なんて、素敵な訳をつけてます。
KUREMIさんは、この四つ角の向こうに広がるそれぞれのエリアには人種ごとの居住区が定められていたのよ、と教えてくれました。それが何系だったのか・・・すっかり忘れました(汗。

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~TeatroMassimoマッシモ劇場

Massimo1

TeatroMassimoテアトロ・マッシモ、マッシモ劇場です。http://www.teatromassimo.it/
映画『ゴッドファーザー』の階段ですね。

Massimo2

こちらもやはり建物フェチには、たまらないつくりの良さです。シチリアの強い日差しに、こういう凹凸の激しい飾りはよく映えますね。しかしパレルモを誰より知り尽くしているツアーガイドのKuremiさんは、「トイレ休憩にぴったりなのよ~」と言ってここに連れてきてくれました(笑。
地下1階の、ちょっとしたサロンの奥にトイレがあります。

Massimo3

ここに飾られていたその年の「カルメン」のポスター。カルメンのあまりの可愛さにうっとり・・・。
そうそう、マッシモ劇場のチケットはオンライン決済で購入できるようです。
http://www.vivaticket.it/motore.php?cerca=1&ocode=222
3月18日~23日まで、バレエ「コッペリア」やってる!!「コッペリア」は、クラシックバレエ初心者にオススメです。ストーリー展開が分かりやすいし、衣装もかわいいんだよね。。。村の人形師ジュゼッペおじいさんが作った女の子お人形「コッペリア」に恋してしまう青年のお話です。コメディです。

Massimo4こちらは「ドンキホーテ」ですね。
トイレだけじゃなく、1度この劇場でバレエを観てみたいなぁ。

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレルモ1日観光~Cattedrale大聖堂。

Palermo1duomo

さて、Cuba城から市役所近くの遺跡へまわりモザイクを見たあと、パレルモ大聖堂(Cattedraleカッテドラーレ)へ。

Palermo2

大きい!広い!飾りがすごい!1枚の写真画面に収まりません(汗。少し左へ。

Palermo3_2


外観はパレルモらしく、さまざまな文化様式が取り入れられてます。アラブ、ビザンチン、ノルマン…ひとつひとつの装飾がほんとうに細かくてきれいです。見飽きない。この正面玄関から中に入ります。

Palermo4dentro

祭壇右に、ヨーロッパのあちこちにお城を建てまくったフェデリコ2世の眠る石棺が安置されています。フェデリコはパレルモ生まれなんですね。彼が誕生した1194年のパレルモは、キリスト教文化とイスラム教文化の混ざり合う混沌とした時代。生まれながらにして両方の文化に親しんだことが、その後の彼のセンスに生かされたことは想像に難くありませんね。

Palermo5

内部でいちばん私の目を惹いたのは、この聖母被昇天の壁画です。教会の天井にぽっかり穴があき、そこから空が見えるようなだまし絵みたいな趣向になってます。

Palermo6

建物フェチの私としては、やっぱりこういうデコラティブな柱とか飾りとかに目が行っちゃいます。この日はとーっても暑く、とにかく1日でパレルモのすべてを見る勢いだったのでゆっくりできなかったので、いつか再訪して1日中Cattedraleの細部を眺めていたいなぁ。。。

シチリアを旅するなら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シチリアの旅プランニングを始めました!

ピエモンテ州へのスローフード出張から始まった私のイタリア熱。
いろいろあってシチリアへ落ち着き、この先どうも浮気しそうもありません(笑。
まぁ、ピエモンテとシチリア以外ろくに知らないのですが、でも、シチリアは知れば知るほど面白く謎の多い場所。

そして東京から、物心ともにもっとも遠い場所だと思います。

空も海も食べ物も人も、とにかくまったく異なるこの2つの場所を行ったり来たりすることを、今後の私の生活スタイルにすることにしました。

まだまだシチリアへの旅は難しいことが多く、
「気にはなるけど行きにくくて」
「英語が通じないでしょ」
「直行便がなくて不便」
「とにかく情報が少なくて、話にならない」
「マフィアがいるんでしょ(!)」など、個人的にいろいろ相談されることも数限りなく(汗。

現地での人間関係(これ、シチリアでは重要なんです)も広がり、濃密になり、いよいよ現地で商売しても大丈夫かなぁという雰囲気になってきました。
5年通って培われたこのシチリアン・コネクションをぜひ仕事に!!
というわけで、タオルミーナ在住のトモコさんと一緒に、旅のプランニングをメインに、これまで通りシチリア料理教室、そして取材や撮影のお手伝いなどをすることにしました。

私はおもに東京にいます。出発前のさまざまなお手伝いをします。
現地での情報収集やみなさんが訪れたときのご案内は、タオルミーナ在住のトモコさんが担当。
もちろん私が現地にいるときは、直接私がご案内します。

旅のもろもろの情報は「イタリア通信」とは別に、サイトをつくりました。
「シチリアを旅するなら。。。」
「シチリアを旅するなら。。。」ブログ
ぜひご利用ください。
そしてシチリアに行ってみたいなぁというお知り合いにご案内いただけるとうれしいです。

これからも「イタリア通信」ともども、どうぞよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Cucina 海岸501ブログ。

シチリア料理教室「La Cucina 海岸501」のブログをはじめました。
アメブロです。。。
http://ameblo.jp/siciliano/theme-10020198554.html

マンツーマンじゃないコースの料金もUPしてあります。
ちょっとリーズナブルになりましたので、ぜひお友だちとどうぞ。
3月は、Pizzaコースをフューチャーしてます。
Dsc01514


| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »