« 12月のシチリア食堂。 | トップページ | 美人姉妹との再会。 »

イタリアの柿。

Kachi_top

イタリアでも「Kachiカキ」と呼ばれる日本の「柿」。
でも1個だと「Kacoカコ」・・・イタリア語勉強してる人には、よーく分かる文法ですね(笑。
もう1つ違うのは、食べ方、と言うか食べるタイミング。
こちらの柿は、日本じゃありえないぐらいじゅくじゅくに熟したものじゃないと、渋くて食べられないの。木の種類が「渋ガキ」しかないみたい。
この2つの柿、見た目からすると十分に美味しそうですが、イタリア人からすると右はまだまだ、左は試してみてもいいかも、って感じらしい。

Kachi_2

さっそくイタリアの食べ方にならってみました。
こんなふうにヘタを切って、あとは中身をスプーンですくって食べます。
すごく柔らかい…ひと口すくって口に入れたら、甘くトロ~ンとした味わいがして、あ、大丈夫だ…と思ったとたん、
「うっ、渋っ!!!」。
こんなに熟してるのに、まだ「渋」が残ってるの~!!!
あと2,3日かな。食べごろの見極めが難しい、イタリアの柿です。

|

« 12月のシチリア食堂。 | トップページ | 美人姉妹との再会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/50246607

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの柿。:

« 12月のシチリア食堂。 | トップページ | 美人姉妹との再会。 »