« タオルミーナを満喫! | トップページ | Magmaマグマのフランク・コーネリッセン氏。 »

ツアー3日目のシェフランチ。

ツアー3日目のシェフランチ。午前中に行ったRipostoリポストで仕入れた魚介類や野菜、果物を使った料理に、Murgoムルゴーで買った地元のワインをいただきながらの豪華ランチタイム。少し肌寒かったので、海を見渡せるRusso家のダイニングにお邪魔しての会となりました。

アンティパスト1
Ripostoで買った鮮魚の盛り合わせ。GamberoRosso甘エビ、Seppieコウイカを生のままで、イカの肝のコンフィを添えて。
1

アンティパスト2
CozzePepateムール貝を、にんにく、イタリアンパセリと一緒にさっと火を通したものです。Pepateペパーテの由来、ペッパーは黒と白、両方を使ってあります。黒コショウは香りのために、白コショウは辛みのために。
2

プリモピアット
ズッキーニの花とその実の部分に、アンティパストでいただいたコウイカのゲソと耳も入れて。シチリアのメーカーのスパゲッティを使った、オイルベースのパスタ。
3_2

セコンドピアット
火を通したPesceSpadaカジキマグロとCaramariイカに、シチリア風パン粉のソースをかけて。カジキマグロはフライパンで焼いたあとオーブンで仕上げ、イカはボイルしてあります。Finocchioウイキョウ、Pinolli松の実、UvaSecca干しブドウなどと一緒にパン粉を炒って、カジキマグロのドリップを無駄なくギュッとしみ込ませたシチリア風パン粉ソースは堀江シェフの即興オリジナル。
4

コントルノ
トマトにツナやオレガノを入れてマリネしたものに、
5

インゲンをクタクタになるまで火を通してニンニクなどでマリネしたものを。
6

ドルチェ
シチリアのフルーツをいっぱい使って、Murugoの白ワインで仕上げたマチェドニア。スローフードのプレシディオに指定されているTabbacchiellaタバッキエッラ桃、フレッシュな杏、いちご、さくらんぼ。シチリアのフルーツって甘くて香りが強くて本当に美味しいのです。
7

8素敵な食材に囲まれて、歌うように流れるように楽しそうに料理してる堀江シェフが印象的でした。笑ってるよ~!めずらし~! 後ろにいるのは、実はシェフを仕切っていたトモコです(笑。堀江シェフにツッコミ入れてる日本人を、私は初めて見ました(爆。

Dsc05982_2
この日は肌寒かったのでRusso家のダイニングを使わせてもらいました。イタリアの一般家庭を見る機会なんて、普通のツアーではありえないので、皆さん面白がってました。

|

« タオルミーナを満喫! | トップページ | Magmaマグマのフランク・コーネリッセン氏。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/51950981

この記事へのトラックバック一覧です: ツアー3日目のシェフランチ。:

« タオルミーナを満喫! | トップページ | Magmaマグマのフランク・コーネリッセン氏。 »