« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

”Sogni d'Oro黄金の眠り”を得るための9つのルール。

イタリア人って、不眠症とはほど遠いイメージですが、案外、眠れない~って人が多いように思います。
自分の体の感覚にデリケートだからですかねぇ。

「今日は4時まで結局、眠れなかったんだよ~」
と言われ、私は朝の4時かと思ったら、なんと夕方の4時のことでした。
そう、お昼寝の習慣があるイタリアでは、ランチのあとはベッドに入って寝るんです。
14~16時ぐらいですかねぇ。
イタリア人のお宅を訪ねるときは、この時間帯を外すというのが暗黙のルール。
私が住んでた家の大家さんは、17時まではうちに来ないでね~と、引っ越し当日に宣言してました。
1ragazzadorme619x400_182987

イタリア女性も不眠に悩む人は多いようです。
こちらのWebサイトの調査によると、協力者の38%が7時間以下の睡眠しか得られていない・・・って、7時間眠れればいいじゃんって思ったら、8時間は寝ないとダメっていうのが大方のご意見のようです。
その中で、5時間以下が16%、4時間以下が7%・・・これはさすがに少ないですね。

傷ついた細胞を修復する物質が出るのが22時~翌2時の4時間だそうだから、22時に寝て6時に起きる8時間睡眠が、アンチエイジングの秘訣かしらね。
では8時間の黄金の眠りを得るための9つのルールとは?

1.夜は食べ過ぎず、でも空腹ではベッドに入らないこと。空腹感もなく満腹感もなく・・・という感じでベッドへ。
2.夕食後すぐにベッドに入らないこと。黄金の眠りが悪夢の一夜と化すでしょう。
3.毎晩同じような時間にベッドに入ること。眠りのサイクルだけでなく、睡眠ホルモンも心地よい眠りを促してくれるでしょう。
4.シーツは清潔でパリッとしたものを使うこと。より落ち着いてリラックスした眠りへいざなってくれるでしょう。
5.ベッドでいつまでも寝がえりを打ちたくないなら、夜遅くに激しい運動をしないこと。アドレナリンは眠りの敵です。
6.ベッドルームはできるだけ眠りに入りやすい環境にしておくこと。もしできないなら、耳栓をして。静けさはあなたに眠りをもたらすでしょう。
7.頭痛で起きてしまいたくないなら、部屋の温度を20度以上にはしないこと。寒さを補うために、軽い寝具で体を覆いましょう。
8.ベッドからソファーに変えてしまわないこと。ゆがんだ姿勢は、リビングで眠ってしまった悲しさを回想させるでしょう。
9.体型にあったマットやクッションを選ぶこと。あなたのカラダにとって快適なことが良い睡眠を約束します。

9つのルール、たしかにどこかで聞いたことあるものばかりですね。
最後のIl vostro fisico vi ringraziera'.は、思いっきり意訳してみました。
あなたたちの体が、あなたたちに感謝するでしょう・・・じゃね(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stefyの本ができたそうです!

まえにご紹介したイタリアの主婦ブロガー、Stefyステフィの本の表紙ができたそうです!

『Vivere in 5 con 5 euro al giorno...1日5ユーロで5人が暮らす方法』
1copertina_mio_libro

彼女のブログで紹介されてるので、訳してみました。
・・・・
さてさて、すぐに役に立たない論争をしたがる人のために特に言っておきたいんだけど。
それを考えたのは私じゃありませんから。。。
Webでもっとも有名なローコスト・ブロガーだなんてうぬぼれもないし。。。
これは宣伝文句であって、私が書いたわけでも、それを了承したわけでもないんだけど。。。

興味を持ってくださった方のためにお知らせしますね。
私の本が6月中旬から書店に並びまーす!
・・・・

彼女が謙遜してるのは、本にあるキャッチコピーのことね。
黄色いギザギザ囲みの中の、
”Dalla Blogger low cost piu' famousa d'Italia”
”イタリアのもっとも有名なローコスト・ブロガーから”

まぁたしかにこのキャッチがあったほうが、手に取る人が増えますよね(笑。
彼女の場合、ローコストがまず先にあるのではなく、
ヒトと環境にやさしい生活をしたら、たまたまお金がかからなかった・・・ってことなんですが。

というわけで、すでに予約受付開始したそうなので、イタリア在住の方、ぜひ本屋さんへ~!

Stefyのブログです。
http://natural-mente-stefy.blogspot.jp/2012/05/il-mio-libro-la-copertinae-pronta-e-da.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

痩せるために必要な5つの食べ物。

世界最長の連休をとってたわけではなく、なんか忙しかった&PCの調子が悪くて。
ついに新しいPCを買ったものの、家の無線LANのパスワードが思いだせず・・・。

というわけで古いPCのままだけど、時間はできたので翻訳ものを。

「5 alimenti che ci aiutano a dimagrire」
直訳すると「痩せるのを助ける5つの食品」かな。
イタリア版Yahooニュースから。

【サーモン】
1salmone_082739
オメガ3が豊富なサーモンは、健康的な食べ物のひとつ。
「Public Health Nutrition」誌によれば、
35,000人の女性を対象としたいくつかの研究で、週に2~3回の頻度でサーモンを食べるとメタボ予防になるという。

【緑茶】
1teverde_082739
緑茶もまた、メタボに効果的。
消化を助けるだけでなく、抗酸化作用、利尿作用もある。
さらに緑茶は、脂肪分を燃やすための酸化プロセスを刺激するので、カロリーを日常的に消費させてくれる。

【りんご】
1mele_082739
食物繊維の宝庫。
りんごはカロリーを気にすることなく空腹を鎮める最高のおやつ。
一方、摂取カロリーを少なくするのにも役立つだろう。
「Penn State University」のある研究によれば、
昼食の15分前にりんごを1つ食べた人は、お腹を空かせたままテーブルについた人に比べ、摂取カロリーが190キロカロリー少なくて済んだ。

【キウイ】
1kiwi_082739
キウイはビタミンCが豊富でカロチンも含み、脂肪燃焼を助ける食べ物。
「Arizona State University」の研究によれば、
ビタミンC含有率の低いものは、脂肪を少ししか燃やさないという。
この理由からも、キウイは私たちのダイエットにとって最良な食べ物といえるだろう。

【いんげん豆、レンズ豆、大豆】
1fagioli_082739
いくつかの豆類は、よりよく脂肪を燃焼しダイエットを助ける。
たとえばレンズ豆は、プロテインや繊維質、ミネラルをたくさん含むほかに、アミノ酸も豊富で、カロリーを燃やすために体が酸化してしまうのを改善してくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最長の連休。

「ハッピーマンデー」って、連休システムが導入されてどれくらいになるのかな。
週の半ばに祝日が入ったら、それを月曜にスライドさせて土・日・月曜の3連休にするというものですね。
私的にはどうしても、「成人の日」は1月15日、「体育の日」は10月10日でしょうって思うけど。
でもまとまった休みが取りやすくなったのは、なかなか会社を休めない日本人にとって良いシステムなんでしょうね。

イタリアにも似たような連休システム「Ponteポンテ」があります。
ポンテ=橋、橋渡し、です。
こっちのほうが大胆ですよ。
日本みたいなスライド式じゃなくて、休みにはさまれた平日は休日にするというオセロ式なの。
休みの橋渡しだから「ポンテ」ね。

たとえば今日は火曜ですが、5月1日のメーデー。
イタリアでは労働者の日として祝日扱いとなり、お休みです。
したがって、4月29日の日曜との間にはさまれた月曜、4月30日はポンテでお休みとなり、今年のイタリアは4月28日(土)~5月1日(火)は4連休となってます。
日本みたいに前にずらさないの。
オセロみたいに、間にはさまれたら平日は休日にひっくり返ります。

1pontesullostretto11_2

ひっくり返った橋といえば、イタリア本土からシチリア島へ、メッシーナ海峡に橋を架けるという計画。
出来上がったら全長3300メートル、世界最長の吊り橋になるそう。
もう何十年も前から計画だけはあったけれど、なかなか実現されず、ついに2015年完成か、というところまでこぎつけたものの、ベルルスコーニからブロディに政権が移り、計画はひっくり返され中止の憂き目に。
お金がかかりすぎるからって。
で、またベルルスコーニが返り咲いて計画復活。
2009年12月23日にとりあえず着工、2010年12月20日に最終計画が提出され、2011年7月29日にそれが承認、本格的に施工業者に受託され、2016年の完成を目指しているようです。

私は2010年の秋にメッシーナ側の橋げたの工事現場を見たのだけれど、ただ土地が平らにならされているだけでなーんにもありませんでしたよ。
今はどうなってるんですかねぇ。
まぁ、日本のように計画的には何事も進まないうえ、
今度はスーパーマリオ率いる緊縮財政モードに突入しちゃいましたからねぇ。
メッシーナ海峡に本当に橋が架かるころには、世界最長どころか、橋の概念自体が変化しちゃってるかもね。

ところでこのイタリア式ポンテオセロ、基本ルールは中1日のみ。
はさまれた平日が2つあっても、ポンテ休みにはなりません。
でもね・・・。

イタリア人の気分としては、2日行ってまた休みなら、ポンテにしちゃえ!ってことで、自主休業。
土曜~水曜の5連休を勝手に作っちゃうんですね。

で、さらに残された木曜と金曜、2日だけ行ってまた休みなら、え~い!ついでにこっちもポンテだっ!となります。
週半ばのたった1日の祝日を橋渡しとして、気付けばりっぱな9連休の出来上がり。
世界のどこを探してもこんな理屈で9連休が構成される国はないでしょう?
メッシーナ海峡の橋よりも、このポンテ連休の橋のほうが世界を席捲するイタリアの「橋」になると思うな。


| | コメント (0) | トラックバック (18)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »