« 7月のシチリア食堂☆メニュー | トップページ | 9月のシチリア食堂 »

謎の日本人、ケミ・サキコがB&Bを始めた!

今では「咲子ちゃん」と呼んでるけれど、
2008年当時の私にとって彼女は「謎の日本人、ケミ・サキコ」でした。
そのときの様子はこちらからどうぞ。
で、その後、アンドレアに引き合わされ、お屋敷に遊びに行った時の様子はこちらから。
謎の日本人、ケミ・サキコに会った!
2008年の夏、こんなふうに出会った私たち。
咲子が日本に留学したときは、うちにも泊まりに来たり、
ローマに住む彼女とローマでゴハン食べたり、
婚約者を紹介されたり・・・今でも友達付き合いをしてます。
そんな彼女が、なんとあのお屋敷をB&Bに改装したらしい!
825sakiko5
このお屋敷の詳細は前のブログで見ていただくとして、
Facebookに出てた彼女のB&B情報をここでも紹介しますね。
・・・・
情報
  ヴィッラ咲子は「ペールラ・デッロ・ヨーニョ」という所の中心から700メートルの所になります。こちらは「ギリシャ及びローマの劇場」を始め、ノルマンディーの建物や主要な公園など、伝統的な所がたくさん見られます。またはショッピングしたり、たくさんのレストランかお菓子店で食べたりして、夜にはタオルミーナ市の様々なナイトスポットで楽しめます。
私は、シチリア風と東洋風が混ざっている夢みたいな雰囲気の所でお客様を迎えたいと思っています。
様々のヴィッラ咲子のテラスで暖かい昼にも、涼しい夜にもリラックスしながら,タオルミーナ市のすばらしい景色にほれぼれと見とれます。

自己紹介
  私は日本で生まれてからすぐシチリア人に養子となって、シチリアに住むようになりました。義理の両親はシチリアに店が二つありました。一つの店は「パスチッチェリーア・エトナ」という有名なお菓子店でした。そして町の大通りに「バー...
とお菓子店」という店もありました。
私が生まれる前、父親のケミ・ジュセッペはシチリアの貴族の建物のデザインでヴィッラ咲子を作りました。
私はシチリアで成長をしてから、何年もこの場所から離れましたが、心はタオルミーナ市から離れられませんでした。だからお客様もこちらで忘られない経験をして、機会があったらシチリアに人気がある父親のお菓子も食べて欲しいんです。これは毎日食べられる可能性がありませんが、その代わりに美味しいイタリアの朝ご飯か、よろしかったらアメリカの朝ご飯も食べる事が出来ます。

部屋
  ヴィッラ咲子には部屋が三つあります。
*景観の良いダブル・スイート(よろしかったら3姪様でも泊まれます)/プライベートなトイレ及お風呂/水中マッサージ。
*ダブル・ルーム/プライベートなトイレ及景観の良いシャワールーム(バスタブ無し)。
*ダブル・ルーム/共通のトイレ及共通シャワールーム(バスタブ無し)

オプション
*一泊(朝食つき)
*海岸まで送迎
*カターニア空港まで送る迎
*観光ツアー付き
*多言語ガイド
*レンタカー、レンタスクーター
*レストラン、劇所、エクスカーションの予
*美容院の予約
・・・・
1泊5000円からだそうです。
興味のある方はこちらからどうぞ~!

|

« 7月のシチリア食堂☆メニュー | トップページ | 9月のシチリア食堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92540/55419272

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の日本人、ケミ・サキコがB&Bを始めた!:

« 7月のシチリア食堂☆メニュー | トップページ | 9月のシチリア食堂 »