« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

シチリアに行ってまーす!

実は昨日の夜からタオルミーナ入りしてます!

ブログアップできるかな、どうかなって感じですが、

Facebookはマメに更新するので良かったら見てね。。。

https://www.facebook.com/yumitomo.roma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本もかわいいイタリア。

イタリアというと、洋服や靴、家具、クルマなどのデザイン性の高さを連想しますが、実は本もかわいいのがいっぱいあるんです。

Eataly0910_61

これ、なんだと思いますか。

袋とじになってます。

Eataly0910_71

そのまま外すと、ランチョンマットになるんです~!

子供が自分で好きな色を塗ったり、ホワイトスペースに絵を描き足して完成させます。

かわいいでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいぶ秋めいてきました。

ベッドルームを秋仕様にしてみました。

さいきん寒かったので。。。

13_21

オレンジ色のカバーはコットンで、中にブランケットを仕込んでます。

で、足元カラフルなのは、綿入りのベッドカバー。

さすがに全部覆うとまだ暑いかなと(汗。

東京は30度あるのだそうですね。

こちらは日中は25度ぐらい。夜は15度ぐらいかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリマドンナの食卓。

富司子さんに会うたび、プリマドンナってまさにこういう人のことを言うんだなぁと思う。

Fujikohirai

https://www.facebook.com/fujiko.hirai.soprano?fref=ts

タオルミーナのトモコさんが、

ローマできっといろいろ助けになってくれるわよ~、

ユミさんにご紹介するわ~と、紹介してくれたのが3週間ぐらい前かな。

音楽活動で忙しいのに、知り合いのいないローマで独りぼっちの私をいろいろ気遣ってくれます(涙。

13_11_2

先日はおうちに呼んでくださって、すてきな手料理までいただいてしまった。。。

そんな富司子さんが美の秘訣を惜しみなく公開するイベントを、東京で実施します!

詳細は近日公開。

日程は11月30日の午後です。スケジュール空けておいてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花でいっぱいスペイン階段。

昨日スペイン階段に行ったら、花でいっぱいになってました!

13_13

なにかのプロモーションかなと思ってネット検索したけどヒットせず。。。

この階段3つのパートに分かれてるのだけど、

階段は135段あって、12のランプがついている…なんて、

どうでもいい情報を得たのでとりあえず書いておこう(笑)。

13_12

あとね、今の季節、18時半ごろだとこんなふうに西日があたって、

いつもは白いトリニタ・デイ・モンティ教会がピンク色に染まります。

あれ?ピンクだったっけ?と錯覚するぐらいにきれい。

いつもはこんな感じです。

0907

Piazza di Spagnaスペイン広場の情報サイト

http://www.piazzadispagna.it/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなフルーツに夢中!

ローマのEatalyイータリーで開催中の写真展「Tutti pazzi per la Furttaみんなフルーツに夢中!」。

Eataly0910_51

イータリーはトリノでスローフーダーたちがつくったお店だけに、

一応スローフード的な観点で商品をそろえたり各種イベントを実施したりしています。

Eataly0910_32

この写真展は学校や家庭でフルーツをテーマに撮った写真を集めたもの。
どれもかわいくて、美しい~!

Eataly0910_41

学校や家庭でフルーツや野菜に焦点をあててコミュニケーションすることで、それらをもっと食べるようになってほしい、という食育活動の一環ね。

Fruttanellescuole150x150

11月7日までやってます。

もちろん入場無料。

http://www.tuttipazziperlafrutta.it/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェ・ピカで朝ゴハン。

前から気になっていた近所のカフェに、朝ゴハンにいってみました!

Caffe_pika_31_2

このタルトが激ウマだった~!
最初はカップッチーノとミニクロワッサンサンドだけにするつもりだったのだけど、

カウンターに置かれていたこれを見て追加オーダー。

Caffe_pika_11_3

道路に設置された外の席でいただきました。

まだまだ外ごはんが気持ちいいです。

Caffe Picaカフェ・ピカ

Viale Somaliaヴィアレ・ソマーリア117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマ市内の交通機関共通きっぷ。

これ、ローマ市内で使える乗り物きっぷです。

06_81

1枚1ユーロ50セント。新聞スタンドやメトロ乗り場で購入します。

バス、路面電車、メトロ、鉄道と、市内すべての公共交通機関に有効。

バスと路面電車は最初に乗ってから、100分まで何回でも乗り換え可能。

ただし、メトロと鉄道は1回乗車限りです。

カラフルな部分は広告スペース。

このきっぷを持って行けば、どちらも遊園地の入場料が5ユーロ割引になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fabioファビオくん、彼女募集中です!

私も直接会ったことはないのですけどね。

Fabio_bonsai_2

こちらのFabioファビオくん、ミラノ近郊の町、Bresciaブレーシャ在住なんですが、

どうしても日本人の彼女が欲しいのですって。

去年の夏、下訳してたステフィつながりで私は知り合いました。

36歳バツイチです。。。イタリアは簡単に離婚できないので、厳密には離婚に向けて別居中ってところね。

趣味は盆栽で、おうちにもいくつかあるし、盆栽教室に通ったりして楽しんでるのだそう。

日本語も勉強中です。

Bresciaでちゃんとした会社にお勤めしてるサラリーマンです。

工場の生産ラインの管理者をしてるんだって。

Fabio_bonsai_3

彼の希望は、35歳以下の日本女性。

これだけです(笑)。

まずはチャットのやりとり相手として、イタリア語の練習台にいかがでしょう?

語学の上達には古今東西、やっぱりこれがイチバンです!

私もずいぶん鍛えられました。あ、Fabioくんじゃないですよ。

Fabio_bonsai

つたないイタリア語でもぜんぜんOKなので、ぜひぜひどなたか名乗りをあげてください。

よろしくお願いしまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマの秋の味覚。

先日メルカートで、キノコ専門店に遭遇しました。

21

こちらでもやはり秋の味覚と言えば、キノコです。

日本でも伊勢丹イタリア展でポルチーニ茸、売ってたんですってね。

イタ友、マオちゃんがメールで、

「ユミさーん、ひとつ1500円らしいでーす」って教えてくれました。

こちらではこのカセット1箱で20ユーロです。

11

そして、これ!ふしぎなカタチでしょ?

41

Ovoloオーヴォロ、たまご茸です。

31

きれいなうすいオレンジ色の断面。

この色が大事なんだと、キノコ屋のおっちゃんが力説していました。

生のままスライスして、オリーブオイル、ビネガー、塩、イタリアンパセリで食べると絶品なんですって。

こっちは1ケース30ユーロだったかな。。。珍味はやはりお高いようです。

でも食べてみたいな~。

1個だけ売ってもらえないか、こんど交渉してみる~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマのゴミの分別方法。

イタリアで「ごみ」と言うと、ナポリのあの未回収ごみ問題が思い出されますが、ローマは分別もバッチリ。

少なくとも私の住む町ではきれいに管理されています。

公道に設置されているこの大きなのがごみの回収箱で、いつでもだれでも好きな時に捨てられます。

930bar61

一応3つに分別して捨てることになってるのですが、これがまたおおざっぱで(汗。

これでリサイクルされるの?と不思議なんだけど、まぁどこかでツジツマが合わされるのでしょう(笑)。

その1:リサイクルできないもの&生ごみ

930bar21

こんなふうにごみ回収箱に表示があるし、イラスト入りなので分かりやすいでしょ。

落ち葉や食べ物で汚れた紙類、リサイクルマークのついていないプラスティック、汚れた紙おむつなどはここに捨てます。

捨て方としては、なるべく水分を切って、袋に入れて口をキチンと閉じて捨ててね、とあります。

その2:リサイクルする紙

930bar41

新聞、雑誌、空き箱、段ボール、書き損じた紙、飲み物の紙パックなど。

捨て方としては、なるべくコンパクトにまとめる、紙パックはきれいに洗う、プラスティック類がついてたら外す、とあります。

とにかくここにプラスティック系のものをゼッタイ捨てないで!とひつこいぐらいに例を挙げて書かれています(笑)。

その3:ガラス、プラスティック、カン

930bar51

日本でもリサイクルするこれらの一般的な素材ですが、

なぜかここではひとつの回収箱に!

あとでどうにかして分けるのでしょうね。

捨てる側にとっては別々にしなくていいのでラクチン!

分別しようって気にもなりますね。

そうそう、缶は缶でもスプレー缶は日本同様、ここには捨てないようにお願いします!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ローマでタイ料理、「プーケット島」。

イタリア生活が長くなると、私の場合、和食じゃなくてエスニックが食べたくなるの。

20130913160243_photo1
昼間とおるたびに気になっていたこのお店に入ってみました!

その名も「プーケット島」。

21

夜はライトアップされてこんな怪しげな雰囲気に。

71

意外や意外!

テーブルセッティングも本格的!

このお皿の模様が懐かしい(涙。

ワインを頼んだら、一緒に出てきたキャベツとにんじんの甘酢漬け。

これすら美味しくて、良い予感。

51

ひとりだけなので、揚げ春巻きとパッタイだけ。

でも、本当に本格的で、美味しかったです!

パッタイにかかってるくだいたピーナッツ、東京じゃこんなにたっぷりかけてくれなーい。

ここでトムヤムクンとか、タイカレーとか食べたいなぁ。

そしてなんとお値段は東京の半分。

これで10ユーロぽっきりでしたよ。

住宅地だからかな。

地元の人たちもご愛用のようでテイクアウトも多かったです。

こんどはテイクアウトして、おうちでTV見ながらたべようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートとピスタチオのジェラート。

さいきんめっきり涼しくなりました。でもジェラートです。

17_51

涼しいと言っても日中は日差しが強いので、まだまだジェラートが美味しいです。

でもローマではグラニタってあまり見かけないですねぇ。

シチリアの定番朝ごはんと言えばグラニタに生クリーム載せて、ブリオッシュと一緒に食べるもの。

↓こんな感じ↓

http://acquacitta.cocolog-nifty.com/italia/2008/06/granita_fe88.html

さて、おうちの近くのこのジェラート屋さん、なかなか人気で夕方などお店の前は大勢の人でにぎわっています。

お店の広告看板。

17_11

素材はすべてナチュラルなものを使用、

毎日深夜2時まで営業!

こちらでは飲んだ後の〆は、ジェラートが定番だからでーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バールで朝ごはん。

イタリア人の朝ごはんって、こんなもんです。

Bar930

Un cappuccino e un pane con crema e marmerata per favore.

と、オーダーして出てきたのがこれです。

カップッチーノにデニッシュみたいな甘いパン。カスタードクリームとジャムバージョン。

人によってはカップッチーノのかわりに、

カッフェ(いわゆるエスプレッソコーヒー)

カッフェマッキャート(エスプレッソに泡立てミルクを少し)

カッフェエラッテ(エスプレッソに温めただけのミルク)

のバリエーションがあるぐらい。

Bar101

そしてこんなふうにカウンターで立ったままいただきます。

もちろん座ってもいいけど、場所によっては金額アップします。

うちの近所はカップッチーノが1ユーロ、パンが70~90セント。
200円ちょっとで美味しい朝ゴハンに、新聞読んだり、お店の人やお客さんとおしゃべりしたり。。。

旅行者でも暮らしてる感を味わえます。

バールで朝ごはん、ぜひ試してみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »