趣味

横浜の、小さな素敵な映画館とカフェ。

Cinema

京急の黄金町駅の近くに「ジャック&ベティ」という小さな名画座があります。先日スローフードの打ち合わせで行ったのですが、こじんまりして落ち着く空間に、ちょっと場末な雰囲気がなかなかよろしい。日比谷や銀座のババーンとしたところで観た映画と、こんな小さな素敵な映画館で観た映画と、どちらが心に残るのだろう。。。

Cinema2_2

打ち合わせのあとはもちろん映画鑑賞です。だってシートの感覚とかチェックしないとねbleah 『食客』という韓国映画を観たのだけど、料理シーンが満載で、笑いあり涙ありのなかなか面白い内容でした。これを観て韓国料理食べたくならなかったら、変だと思うわ。それぐらい、美味しそうな映画だったんです。こちらでは29日(金)までなので観たい方はお急ぎください。

Cinema_carry

映画のあとはカレーをいただく。。。このチキンカレーがまた忘れられない美味しさです。スパイス使いが絶妙なの。私好み。

Cinema_cafe

入ったカフェ「HappyGarage」の外観。「ジャック&ベティ」のオフィシャルカフェだそうで、チケットの半券を持っていくとちょっとしたサービスがあるそうです。休日にはこのキッチンカーが出動するそうです。そう、このカフェはこのキッチンカーのガレージというワケ。

Cinema_caffe1

キッチンカーから出てきたステキなエスプレッソ。この器、かなりかわいいですよねぇ。
久々に横浜って言うか、伊勢佐木町、黄金町エリアでのんびりしたけど、ふだんは夜しか行かないからねぇ。昼間はホノボノ健全で意外な発見でした。引っ越したい町、No.3ぐらいになりました。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

ついに完成!

816iosi_top

ヒマにまかせてアートショップ「Iosi」に通い、なんとなく作り始めた、料理教室「LaCucinaKAIGAN501」の看板。ついに完成しました! きれいでしょう? 額縁もお気に入り。自分で選んでみました。

816iosi_tateこちらが制作者のIosiヨージさんです。どんな人かなって、みんな気になっていたでしょう? こんなすてきな女性なんですよ。彼女は来年の桜が咲くころから3か月間、日本に滞在する予定です。日本でアート活動をしたいそうなので、興味のあるかたは私宛て、ぜひご連絡ください。アートコラボ、お教室、オリジナル作品制作、展示会など何でもやります! また、彼女はお料理もできるのでシチリア料理教室や、もちろんイタリア語レッスンなどもできますよ。ただいま絶賛売り込み中ですので、ぜひよろしくお願いしまっす☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あともう少し。

810iosi_top

いよいよ色を入れる段階まで来ました。

810iosi2

Vetroヴェトロ、ガラスって書いてあるから、塗料はガラス専用ですね。日本にも売ってるのかな。画材屋さんに行けば、きっとありますね。

810iosi3

はい、ほとんど出来上がり~。色の濃淡を表現するのが、難しそうでした。あとは微調整して、額装するだけ。もう少しで完成です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここまでできたよ。

807iosi_top

Iosiにお願いしている私のガラスアート。ここまでできました! 下書きのイラストに、ちゃんと貝殻が追加されてます。そう、このガラスアートはLaCucinaKAIGAN501の看板も兼ねてます。

807iosi_macchina

文字の部分は、こんなふうに歯医者さんみたいな工具を使って表面を削ります。

807iosi_macchina2

失敗したら取り返しのつかないこの作業。息をつめて、神経集中してやらないといけません。

807iosi_opera彼女の作品の数々。お店に来れば、直接買えます。もちろん通販もやってます。その場で名前や日付を入れてもらうこともできるので、旅の思い出にいかがですか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アートな生活。

805iosi_cartello

最近毎日訪れる、タオルミーナのあるお店。Iosiという女性がやっているガラスアートのショップ兼工房「Iosi」です。私はガラスものが大好きで、子供のころからいろいろ集めてるのだけど、ここはもう私にとって夢の世界のようなところ。

805iosi_studio

そしてここは、渡辺美里のデビュー20周年記念DVDのシューティング場所としても選ばれたようで、さらに彼女のアートを気に入ったディレクターのアイディアで、そのDVDパッケージのいろんなところにIosiのガラスアートが出てくるんだって。

805iosi_limone

そんなこともあり、彼女は3年ぐらい前から日本に興味を持ち始めたらしいです。さらについ最近、日本を旅したというあるカメラマンからその素晴らしさを力説され、ますますイマジネーションをかき立てられたようで、そこへちょうどいい具合に私が現れたというわけ。彼女が持ってるいろんな日本グッズの説明をしてあげてます。

805iosi_laf

そうこうしてるうち、なんだかウマがあっちゃって、なりゆきで、オリジナルのガラスアートを発注しちゃいました! サイズや形、モチーフ、色などについて、毎日打ち合わせしてます。いま、ここまで進行中。最初はラフを紙に書いて、そのあと本番、実際に絵付けをします。私はガラスではなく、鏡を使うことにしました。

805iosi_conchiglie_2

オレンジとレモンをモチーフとして発注したんだけど、寝るときにふと、貝殻も入れたいなぁと思ってお願いしたところです。明日はどこまで進むかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セレブな学びの空間、「森羅塾」。

Terrazza私が尊敬する3人の女性のうちのひとり、作家の桐島洋子さん。彼女とはなんだか縁が深いようで、いろいろなところでいろいろな方から紹介され、今では「会うたびに違うところで違うことをやってる変な女」というふうに認識されています(汗)。でもイタリアで和食をやりたいということに関しては、「イタリアにはろくな和食がないから、いいっ! あなた、おやりなさい」と太鼓判を押してくださってます。
約1年半ぶりの再会も、お嬢さんのノエルさんに用事があって訪ねてのことでした。ノエルさんに指定された場所が「森羅塾」だったのです。これは1年半前に洋子さんと会ったときに、彼女が自分の夢として語っていた、「大人が学ぶためのサロンのようなところを作りたい」という思いを実現させた場所。ちょうど3日後に、その「森羅塾」の最初の講座があるというので参加してみました。

Top

「マザーグースの部屋」と暫定的にネーミングされたこの講座は、洋子さんの人脈を生かして各界で活躍する方を招いてサロン形式でお話をうかがおうというもの。この日のゲストは韓国人の王秀英(わんすよん)さん。彼女は韓国詩で有名な方ですが、日本での著書もあり、『角が立つ韓国人、丸くおさめる日本人』は、メチャクチャ面白いです。この日もさまざまなエピソードを交え、記録しないからこそ話していただける話題にあふれた楽しい講座でした。

9

聡明な女は料理がうまい』を著した洋子さんのこと。お勉強でも料理ははずせません。この日はもちろん韓国料理がたくさん出てきて、愛情深い韓国女性の料理にまつわるお話もきくことができました。この「九折(節)板」(クジョルパン)は、韓国では縁起が良いとされている数字の「九」にちなんだ韓国宮廷料理。「十」は「完全」を意味するけど、そこからひとつだけ欠けた「九」が良い数字って、素敵な解釈ですよね。そこには可能性や未来、創造の余地が感じられます。日本だと苦しみの「九」なのに、国が違うと数字の意味までこんなに変わるんですね。

9192

真ん中にある小麦粉のクレープに8種の具を少しずつおいて、くるんで食べます。女性がかいがいしく包み相手の口の中に入れてあげるという、まさに「上げ膳据え膳」状態の料理です。お醤油とお酢をベースにしたタレにつけていただくのですが、モチモチの皮にいろんな具材の味が口中に広がり、何とも豪華な味わい。皮の上にのっている松の実は、重ねた皮がくっつかないように配慮されてのもの。韓国女性の細やかな気遣いを感じます。

Piatto_misto

このあとはさまざまな韓国家庭料理が出てきて、バイキングスタイルでいただきました。

Konb

「揚げた昆布にお砂糖を絡めたもの」。青山の韓国料理屋さんから、どなたかが差し入れされたもの。

Ciapcie

「チャプチェ」。春雨を使った炒めもの。こちらもどこからかお取り寄せされたもの。

Kimci

「キムチ」。いろんな種類のキムチを盛り合わせで。

Aemono

「海老とニンニクの芽の和えもの」。甘辛味です。食べるときに混ぜていただきます。

Aemono_kuri

「野菜と栗の和えもの」。なんと栗が生のまま入っています。そういえば韓国ではキムチにも生栗を入れますね。ほんのり渋くて、シャキシャキほくほくした歯触りがクセになりそう。

Cighe

「あんこうとお豆腐のチゲ」。王さん手作り。本場どおりの辛い味付けだそうだけど、私にはまったく問題なし。チゲってしみじみ美味しいですよね。ソウルで朝ごはんに食べたチゲを思い出しました。

Servisoしかし、1年半前に語り合った夢を、洋子さんはこんなにも早く実現させちゃってスゴイなぁ…ま、凡人の私と比べられても迷惑でしょうけど、でも洋子さんを見習って、私も「イタリアで和食屋さん」の夢を実現させないとね!と、あらためて気合いが入りました。「森羅塾」は35歳以上の「大人」でしたら、誰にでも門戸を開いています。ご興味ある方はこちらの「森羅塾」ページをまめにチェックしてみてください。次回予定が発表されます。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

夏のベランダ。La terrazza dell’estate.

Fiore_del_peperoncino

Questo e’il peperoncino.
Sto coltivando alla terrazza mia dove ci sono a Tokyo. Quindi l’aria e’molto male.
Pero’ finarmente un fiore fiorisce...E' carino,no?
Prima pensavo che il fiore del peperoncino e' piu'grande e particolare, anche il colore e' piu' forte, no e' bianco. Non pensavo che cosi piccorino e carino!!
Speriamo che lo coltiva bene(o^o^o)
海岸501のベランダで育てている唐辛子の花が咲きました! 実がなっているのを見たことはあるけれど、花を見たのは初めてです。こんなに小さくてかわいいとは思ってませんでした。こんなに清楚な花が、あんなに真っ赤で辛い唐辛子になるなんて!

Fiore_asagao

Questa pianta che non conosco come si chiama.
In Giappone si chiama “ASAGAO”. La sinifica “Il viso della mattina”. Perche questo fiore fiorisce in mattina.
Come si chiama in Italia?
こちらもやはりベランダの朝顔。くっきりブルーで涼しげ~。種から育てて、こんなに大きくなったのです。心と時間に余裕があると、植物にも手をかけてあげられるのでよく育ちますね・・・いつまで続くかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)